1Passwordで複数フィールドにまたがるユーザ情報を保存する方法と注意点

  1. 公開日:2016/02/07
  2. 更新日:
  3. Mac
  4. 0

最もよく使われている危険なパスワードトップ25リスト、年度ごとにパスワードにも流行があることも明らかに – GIGAZINEでも特集されているように、未だに脆弱なパスワードを使用している人が多く見受けられますが、パスワードの使い回しや脆弱なパスワードを使用している場合、アカウントが乗っ取られる可能性があります。

1Passwordに複数にまたがるユーザ情報を保存する

そこで、お勧めしたいのが1Passwordです。1Passwordについては、iOS版の1Passwordでウェブページの登録からワンタイムパスワードの使い方まで徹底解説!で詳しくご紹介していますので、そちらを参照してください。

今回は、「ゆうちょダイレクト」や「じぶん銀行」のように、保存したいアカウント情報(お客様情報、ユーザ名)が、複数フィールドにまたがる場合に、1Passwordに保存する方法をご紹介します。複数フィールドにまたがる場合は注意が必要です。後半では失敗談をご紹介しますので、最後までご覧いただければと思います。

1Passwordにログイン情報を新規保存する

ゆうちょダイレクト | ログインや、じぶん銀行のように、ログイン時にお客様番号やユーザIDに複数にまたがる情報を1Passwordには注意が必要です。方法はとても簡単なので、以下の方法をぜひ試してみてください。また、SafariやGoogle Chromeに1Passwordの拡張機能がインストールされていることが前提です。ここではSafariで使用方法を説明しますが、Google Chromeでもやり方は同様です。

ログインに必要なお客様番号やユーザID、パスワードを入力した状態で、右クリックし「1Password」を選択します。右上の歯車のアイコンをクリックし「新規ログインの保存」をクリックします。

「1Password – Save Login」ダイアログが表示されるため、「ログインを保存」をクリックします。以上で、1Passwordへの登録は完成です。

試しに1Passwordを開き、先ほど保存した「じぶん銀行」を検索します。「じぶん銀行」が見つかったら「編集」をクリックします。

「Web フォームの詳細を表示」をクリックします。

「Web フォームの詳細」にログイン情報が保存されていることがわかります。ここに記載されている名称は、じぶん銀行のログイン画面に設置されているフォーム画面の「<input>」タグの「name属性」に登録されている情報と同様です。

Safariで要素の詳細を開いてみると、1Passwordに保存されている名称と同様の「name属性」が「<input>」タグと同様になっていることが確認できます。

なお、Safariでソース情報を表示するためには、あらかじめSafariの拡張機能で「詳細」→「メニューバーに”開発”メニューを表示」をチェックしておく必要があります。

複数のフィールドにまたがる情報を1Passwordに保存する場合の注意点

この方法が通用するのは、あくまで「新規ログインの保存」を選択した場合のみです。例えば、じぶん銀行に対して事前にパスワードだけ、あらかじめ保存されている状態とします。後からお客様番号のみ入力して、1Passwordの情報を更新したいと思います。

ところが、「新規ログインの保存」と同様の方法で1Passwordを更新した場合、複数フィールドにまたがって表示されている「お客様番号」や「ユーザ名」が正しく保存されず、今回の場合は、「お客様番号」の後半部分しか保存されませんでした。

試しに全ての情報を入力した状態で、右クリックし「1Password」を選択します。同様に「新規ログインの保存」で「既存のものをアップデート」を選択して、「Update Existing」をクリックします。

1Passwordの詳細情報を確かめるために、1Passwordを開き「じぶん銀行」を選択します。同様の手順で「Web フォームの詳細を表示」をクリックします。

すると、先ほどとは違い、Webフォームに「<input>」タグの「name」属性ではなく「username」「password」という情報が保存されていると思います。お客様番号の前半部分がうまく登録されていなかった原因はここにあります。

まとめ

お客様情報やユーザIDが複数のフィールドにまたがる情報を保存するためには、既存のログイン情報をアップデートするのではなく、新規ログインを保存することが重要です。複数フィールドにまたがる情報がうまく保存されなくて困っている方がいらっしゃいましたら、ぜひこの方法をお試しください。

Developer: AgileBits Inc.
Price: 無料
Developer: AgileBits Inc.
Price: 無料
この記事が気に入ったらいいねしよう!
関連記事
ご意見ボード
匿名で管理人に送信されます。※送信専用です。返信はできません。
ご指摘・ご意見
Top