疑問を徹底解消!Apple IDの2要素認証でiPhone1台しか持ってない場合はどうするの?

  1. 公開日:
  2. iPhone
  3. ,
  4. 0
6
SHARES
B!

以前、Apple IDの認証で、まだ2ステップ確認を使用しているの?2ファクタ認証に切り替えると、セキュリティが強化される上さらに便利に! – OTTAN.XYZで、Apple IDのセキュリティを強化するAppleの提供する2要素認証(2ファクタ認証)についてご紹介しました。2要素認証とは、複数のiOSデバイス、macOSデバイスを使用して、セキュリティを強化するとともに、利便性を向上させるとても便利な仕組みです。詳細については上記の記事をご覧いただければと思います。

冒頭の記事においては、複数のiOSデバイス、またはmacOSデバイスを用いて、Apple IDの認証に相互のデバイスを利用する方法をご紹介しましたが、疑問に思った方もいらっしゃるかもしれません。iPhoneを1台しか持っていない場合は、2要素認証は利用できないのではないか、ということです。複数のデバイスを利用して認証するということは、例えば、「iPhone1台、Windows PCのみ持っている」場合は、iPhoneのアップデート時、またはiCloudの認証において、2要素認証が使用できないのではないか、という疑問が湧きます。ここではそんな疑問にお答えします。

iPhone 1台のみでも2要素認証は有効です

結論から言うと、iPhoneを1台のみ保有している(通常は、このパターンが多いと思います)場合においても、2要素認証は有効です。ただし、「2要素」認証ですから、iPhone以外の「もう1つの要素」が必要です。この要素はiOSでもmacOSでもtvOSでもwatchOSでもある必要はありません。電話番号を持つ媒体であれば何でも構わないのです。具体的に見ていきましょう。

https://appleid.apple.com/

まず、Apple IDの管理ページにサインインします。既に、Apple IDの2要素認証を有効にされている方はダイアログ等が表示される事でしょう。既に2要素認証についてご理解されていると思われますので、本記事の後半については読み飛ばしていただいて構わないかもしれません。

では、iPhone 1台のみで2要素認証を有効にする方法をご紹介します。それは、「信頼できる電話番号」です。SMSを受信できる携帯電話(ガラケーでも可能)、もしくはSMSを受信できなくても音声通話を受信できる固定電話の電話番号でも構いません。

上記のページにサインインし、2ファクタ認証を有効にした状態で(有効にする方法は、こちらの記事を参照)、「セキュリティ」の「編集」リンクをクリックします。

「信頼できる電話番号を追加」をクリックします。この「信頼できる電話番号」に2要素認証に必要なコードがSMS、もしくは音声通話で送信されます(音声通話の場合は、英語のメッセージで実際に電話がかかってきます、通話料は無料です)。よって、iPhone 1台においても2要素認証は有効なセキュリティ向上機能なのです。

SMSを受信できないデバイス(固定電話等)の場合は「音声通話」を選択します。SMSを受信できる場合はSMSの方が簡単です。この後、有効な電話番号を登録すると、実際にその電話番号に対してSMSもしくは音声通話による発信があり、ウィザードに沿って画面にセキュリティコードを入力すると登録完了です。

このように、iPhone 1台においても2要素認証は有効です。iPhoneアップデート時や機種交換時にApple IDにサインインできなくなるのではないか、と言う疑問をお持ちのあなたもぜひ、Apple IDのセキュリティ向上のために2要素認証を有効にしてみてください。

この記事が気に入ったらいいねしよう!
こちらの記事も読まれています
ご意見ボード
匿名で管理人に送信されます。※送信専用です。返信はできません。
ご指摘・ご意見
Top