controlキーを使ってMacの作業効率は倍増!絶対に覚えるべきショートカット5つ

  1. 公開日:2015/06/05
  2. 更新日:
  3. Mac
  4. 0

今回は、一見地味で使用頻度の低そうな(control)キーを使ったショートカットをご紹介します。これを覚えておくかおかないかだけで、作業スピードにかなりの差が出ます。数も多くありませんので必ず覚えて帰ってください!

修飾キーの役割を変更する

(control)キーは便利なのですが、JIS配列のキーボードの場合、やや押しづらい位置にあります。そのため、キーを使いやすくするために、(Caps Lock)キーに同キーの役割を割り当てます。「システム環境設定」→「キーボード」の「キーボード」タブを開きます。

「修飾キー」ボタンをクリックします。

キーをキーに変更しましょう。

controlキーを使ってMacを効率的に使いこなす

キーを使用すれば、Macの作業効率は倍増します。覚えておきたいショートカットを、エディタとターミナルに分けて厳選してお届けします。これだけ覚えれば明日からMacの作業効率倍増は間違いなしです!

エディタ

エディタ(ターミナル含む)で覚えたいショートカットは以下の3つだけです。兎にも角にもこの3つを必ず覚えてください。

ショートカット内容
+ A現在の行または段落の先頭に移動
+ E行または段落の末尾に移動
+ Kカーソルの右側の文字から行または段落の末尾までを削除

例えば、誤って書いた文章をまるごと消したい場合は、 + Aで行の先頭に移動し、 + Kで行をまるごと削除できます。このコンビ、最強です!

使用例

https://www.youtube.com/watch?v=GPk7VpnGOD8

ターミナル

ターミナルで覚えたいショートカットは以下の2つだけです。エディタのショートカットと合わせれば、さらに作業効率は倍増します。ログインシェルが/bin/bash/bin/zshの場合に使用可能です。

ショートカット内容
+ R過去に実行したコマンドを検索する
+ Wカーソルの左側の文字を文節で削除する

+ R は、該当のコマンドが見つかるまで、繰り返しキーを押すことで、目的のコマンドにたどり着くことができます。 + Eを併用すると、より早くコマンドの再実行が可能になりますよ。

使用例

https://www.youtube.com/watch?v=VtD03GdaaiQ

まとめ

以上、絶対に覚えるべきショートカットを厳選してご紹介しました。特に、 + A + Kの最強コンボと、ターミナルの、 + R は必ず覚えて帰ってくださいね。最後までお読みいただきありがとうございました。

この記事が気に入ったらいいねしよう!
関連記事
ご意見ボード
匿名で管理人に送信されます。※送信専用です。返信はできません。
ご指摘・ご意見
Top