OS X 10.11 El Capitan(β版)の起動ディスク(USBメモリ)を作成する方法

  1. 公開日:2015/06/12
  2. 更新日:
  3. Mac
  4. 0

WWDCにて、新しいOS X、El Capitanが公開されました。特に、日本語入力については、全くもって新しい革新的なエンジンが搭載されているなど、Macユーザにとっては眉唾ものです。いつでもインストールできるように、起動ディスクを作成する準備をしておきましょう。

OS X 10.11 El Capitanの起動ディスクを作成する方法

今回は、USBメモリを使用してEl Capitanの起動ディスクを作成する方法をご紹介します。なお、USBメモリには、8GB以上の空き容量が必要です。

Developer Centerに登録する

OS X 10.11 El Capitanは、まだβテストの段階であるため、通常のユーザーはダウンロードすることができません。開発者登録を行う必要があります。年間、$99必要です。

https://developer.apple.com/programs/enroll/

ウィザードの内容に従って、開発者登録を行ってください。

OS X 10.11 El Capitanをダウンロードする

以下のリンクから、OS X 10.11 El Capitanをダウンロードしてください。

https://developer.apple.com/osx/download/

USBドライブを初期化する

次に、「アプリケーション」→「ユーティリティ」フォルダの「ディスクユーティリティ」を起動します。8GB以上のUSBメモリを指定したら、フォーマットは「Mac OS 拡張(ジャーナリング)」、名前は任意(後で使用します)で入力したら、「消去」ボタンをクリックしてください。これで準備完了です。

起動ディスクを作成する

次に、「アプリケーション」→「ユーティリティ」フォルダの「ターミナルを起動して、以下のコマンドを実行してください。XXXXXには、ディスクユーティリティで指定したUSBメモリの名前を指定します。

sudo /Applications/Install\ OS\ X\ 10.11\ Developer\ Beta.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/XXXXX --applicationpath /Applications/Install\ OS\ X\ 10.11\ Developer\ Beta.app --nointeraction

成功すると以下のように表示されます。

Erasing Disk: 0%... 10%... 20%... 30%...100%...
Copying installer files to disk...
Copy complete.
Making disk bootable...
Copying boot files...
Copy complete.
Done.

以上で起動ディスクの作成は完了です。クリーンインストールしたい場合は、この起動ディスクを使用するようにしましょう。

この記事が気に入ったらいいねしよう!
関連記事
ご意見ボード
匿名で管理人に送信されます。※送信専用です。返信はできません。
ご指摘・ご意見
Top