OS X Yosemite 10.10.3、iOS8.3でGoogleアカウントの2段階認証に対応!

  1. 公開日:2015/04/09
  2. 更新日:
  3. iPhone,Mac
  4. 0
7
SHARES
B!

Googleアカウントの2段階認証を有効にする方法でご紹介したように、MacやiPhoneのメールアプリケーションは、Googleの2段階認証プロセスに対応していなかったため、アプリケーション固有のパスワードを生成し、管理する必要がありました。しかし、OS X 10.10.3、iOS 8.3へのバージョンアップにより、メールアプリケーションが2段階認証プロセスに対応しました。

Googleアカウントを設定する

iPhoneでGoogleアカウントを設定する

「設定」→「メール/連絡先/カレンダー」で、「アカウントを追加」をタップします。

「Google」をタップします。

従来とは異なり、Googleアカウントの認証画面が表示されます。Googleアカウントのメールアドレス、パスワードを入力します。

2段階認証を有効にしている場合には、ワンタイムパスワードを入力します。

「承認する」ボタンをクリックします。

最後に同期する項目を選択したら、設定は完了です。お疲れ様でした。

MacでGoogleアカウントを設定する

「システム環境設定」から「インターネットアカウント」をクリックします。

「Google」をクリックします。

iOS同様にGoogleアカウントのログイン画面が表示されるため、Googleアカウントのメールアドレスとパスワードを入力します。

2段階認証を有効にしている場合には、ワンタイムパスワードを入力します。

「承認する」ボタンをクリックします。

最後に同期する項目を選択したら、設定は完了です。お疲れ様でした。

まとめ

従来は、Googleアカウントの2段階認証プロセスを有効化している場合、わざわざGoogleアカウントのアプリケーション固有のパスワードを設定する必要がありました。アプリケーション固有のパスワードについては、Googleアカウントの2段階認証を有効にする方法を参照してください。

OS X 10.10.3、iOS 8.3へのアップデートにより、アプリケーション固有のパスワードを入力する手間をようやく省くことができるようになりました。これで、Googleアカウントの管理も一段と楽になるはずです。

この記事が気に入ったらいいねしよう!
こちらの記事も読まれています
ご意見ボード
匿名で管理人に送信されます。※送信専用です。返信はできません。
ご指摘・ご意見
Top