Windows 10で使えなくなってしまった「Google Chrome」の「タスクバーに追加」の代替手段

  1. 公開日:2015/09/27
  2. 更新日:
  3. Windows
  4. 0
7
SHARES
B!

Windows 10でMicrosoftの新ブラウザ「Edge」が披露されましたが、旧来「Google Chrome」を使っていた私としては、「Google Chrome」をそのまま使用し続けたいものです。しかし、私の愛用していた「Google Chrome」のある機能がWindows 10で使用できなくなってしまいました。ここではその機能と代替手段をご紹介します。

Google Chromeをタスクバーに常駐させる

Windows 10にアップデートして、Google Chromeをインストールして気がついた点の1つとして「設定」→「その他のツール」→「タスクバーに追加」が使用できなくなってしまったこと。これはWindows 10のスタートメニューやタスクバーの考え方が従来のOSと異なるためと考えられますが、常駐できないと不便でしょうがありません。

しかし、ご安心ください。代替手段があります。「スタートメニュー」を開き、「すべてのアプリ」、またはインストール直後の状態であれば、「最近追加されたもの」に「Google Chrome」があるはずです。「Google Chrome」を右クリックして「タスクバーにピン留めする」をクリックします。

すると、タスクバーに「Google Chrome」が常駐するようになります。

まとめ

Google ChromeをWindows 10で頻繁に使用する人にとっては、タスクバーへの常駐は必須の機能です。もし、お困りの方がいらっしゃいましたら、ぜひお試しください。

この記事が気に入ったらいいねしよう!
こちらの記事も読まれています
ご意見ボード
匿名で管理人に送信されます。※送信専用です。返信はできません。
ご指摘・ご意見
Top