MacでInternet Explorer 11を使用する簡単な方法

  1. 公開日:2015/10/21
  2. 更新日:
  3. Mac,Windows
  4. 0
17
SHARES
B!

MacでInternet Explorerを使用するためには、仮想環境を利用する、Boot Camp環境を利用するなど、Windows環境を構築する必要がありましたが、今回ご紹介する方法を使用すれば、MicrosoftアカウントとMac App Storeで配布されているアプリケーションを利用するだけで使用することができるようになります。

2016/10/16現在、この方法は使用することができません。下記の方法をご参照ください。

http://ottan.xyz/mac-windows-internet-explorer-5113/

MacでInternet Explorer 11を使用する方法

Internet Explorer 11を使用するためには下準備が必要です。必要なのはMicrosoftアカウントとMac App Storeで配布されている「Microsoft Remote Desktop」だけです。準備が整ったら実際にIE11を起動する方法をご紹介します。

下準備

MacでInternet Explorer 11を使用するためには、下準備が必要です。

  1. ホーム|Microsoft アカウントでMicrosoftアカウントを登録する
  2. Mac App StoreからMicrosoft Remote Desktopをダウンロードする
Microsoft Remote Desktop
Microsoft Remote Desktop
Developer: デベロッパ:Microsoft Corporation
Price: Free

MacでInternet Explorer 11を使用する

Remote Test IE Technical Preview on Mac OS X, iOS, Android, Windows 7 and Phoneにアクセスします。Microsoftアカウントの入力を求められるため、下準備で登録したMicrosoftアカウントを入力します。

「Remote.IEが、次の操作を行う許可を求めています」という画面が表示されますので、「はい」ボタンをクリックします。

ログインしたらサービスを利用したいリージョンを選択して、「Submit」ボタンをクリックします。現時点では「ヨーロッパ」か「アメリカ合衆国」しか選択できないため、どちらを選択しても大差はありません。

続いて、ダウンロードした「Microsoft Remote Desktop」を起動し、「Azure RemoteApp」をクリックします。

「Get Started」をクリックします。

Microsoftアカウントに使用しているメールアドレスまたは電話番号を入力し、「続行」ボタンをクリックします。

Microsoftアカウントのパスワードを入力し、「サインイン」ボタンをクリックします。

「Internet Explorer」ボタンをチェックします。

「Microsoft Remote Desktop」に「XXXX IE with EdgeHTML」をダブルクリックします。「XXXX」は選択したリージョンによって異なります。

すると、Internet Explorerを起動することができました。弊サイトもInternet Explorer 11で無事閲覧できることがわかりました。

使用できるバージョンは、Internet Explorer 11のみです。

まとめ

従来は、Internet Explorer 11を使用する場合は、例えばVirtualBoxを利用してWindowsの仮想マシンを作成する、Boot Camp環境にWindowsを導入するなど、やや複雑な手順を踏む必要がありました。今回ご紹介した方法を使用すれば、簡単にInternet Explorer 11が使用できるのでオススメです。

Via:How to Use Internet Explorer 11 in Mac OS X the Easy Way

この記事が気に入ったらいいねしよう!
こちらの記事も読まれています
ご意見ボード
匿名で管理人に送信されます。※送信専用です。返信はできません。
ご指摘・ご意見
Top