iOS10でホームボタンを押さずにTouch IDのみでロック解除する方法

  1. 公開日:2016/09/14
  2. 更新日:
  3. iPhone
  4. 0

日本時間2016年9月14日午前2時に、次期大型アップデートであるiOS10がリリースされました。iOS10での変更点は追ってお知らせするとして、今回はiOS9からの最も重要な変更点であると言っても過言ではない、ロック解除の方法について解説します。

従来のスライドしてロック解除からホームボタンを押してロック解除へ

ここではiOSの歴史は省略しましょう。前バージョンであるiOS9とiOS10を比較する事にします。ホーム画面のロック解除といえば、「スライドでロック解除」(Touch IDを使用している場合は、ホームボタンに指を当ててロックを解除)でした。しかし、iOS10ではロック解除機構が大幅に変更されました。「スライドでロック解除」が廃止され、代わりに「ホームボタンを押して開く」となりました。これは何を意味するのでしょうか?

iOS10では、ロックを解除するために「ホームボタンを押す」必要があります。「ホームボタンを押す」と、必要に応じて「パスコード」の入力画面が表示されます。Touch IDを使用している場合はどうでしょうか。Touch IDを使用している場合は、「ホームボタン」に指を当てると「ロックが解除」された状態になります。ホーム画面に遷移するわけではありません。ホーム画面に遷移するためには、一度ホームボタンを押す必要があります。

また、ロック画面でのスライド操作は「カメラ」の起動、「ウィジェット」の参照に変更されました。ホーム画面を表示させるためには 、ホームボタンを押す必要があるのです。なぜこのような操作に変更されたのでしょうか。

それは、iOS10ではホーム画面を開かずにロック画面で操作することを前提としている設計に変更されたからではないでしょうか。3D Touchが使用できる端末を保持していないのでわかりませんが、ロック画面で3D Touchを活用して様々なことができるようになっているようです(このあたりは、iPhone 7を入手次第詳細なレポートを書く予定です)。

手元の端末(iPhone 6)で確認できた点を1つだけ例に挙げます。ロック画面で左にスワイプすると「カメラ」が起動します。iOS9の場合は上にスワイプでしたね。さて、そこからカメラロールの写真にアクセスしようとします。ロックが解除されていない通常の状態で「カメラ」からカメラロールにアクセスすると、その場で撮影した写真しか見ることができません。iOS9以前の場合は、カメラロールの全ての写真にアクセスすることはできませんでした。それに対して、iOS10ではホームボタンに指をあてTouch IDでロックを解除した状態で、「カメラ」を起動するとカメラロールの全ての写真にアクセスすることができます。

以上の例でもおわかりの通り、ロック解除機構の変化は、ロック画面の使い方に様々な変化をもたらすものと思われます。Touch IDを使用している場合は、「ホームボタンを押しながら指を当てる」ことでロックを解除できる(ロック解除とホーム画面の表示操作を一度に行える)ため、そこまで違和感はありませんね。

iOS9以前の挙動に戻す方法

とはいえ、iOS10のこの変化は、これまでiOS9に親しんできたユーザー(特に、Touch IDを使用しているユーザー)にとっては大きなものです。従来、ホームボタンに指を当てるだけでホーム画面を表示できていた操作に、「ホームボタンを押す」という操作が加わるからです。若干、操作が煩わしく感じるかもしれません。このように感じた場合には、iOS9以前の操作方法に戻すことができます。

「設定」→「一般」を開きます。

「アクセシビリティ」を開きます。

「ホームボタン」を開きます。

「指を当てて開く」をオンにします。これで、iOS9以前と同様にTouch IDを使用して、ホームボタンに指を当てるだけでホーム画面を開くことができます。

まとめ

ご意見、ご感想はコメント欄、@ottanxyzでお待ちしています。

この記事が気に入ったらいいねしよう!
関連記事
ご意見ボード
匿名で管理人に送信されます。※送信専用です。返信はできません。
ご指摘・ご意見
Top