iOS 10パブリックベータからiOS 9にダウングレードする方法

  1. 公開日:
  2. iPhone
  3. ,
  4. 0

iOS 10のパブリックベータ版からiOS 9にダウングレードする方法をご紹介します。元の環境に戻すためには、iOS 10パブリックベータをインストールする方法 – OTTAN.XYZでご紹介したように、事前にiTunesでのバックアップが必要です。OSアップデートの際は、事前にバックアップする習慣をつけておくと良いでしょう。

iOS 10パブリックベータからiOS 9にダウングレードする

iOS 9にダウングレードするためには、リカバリーモードでiOSデバイスを起動する必要があります。リカバリーモードでは、MacないしPC(以下、Mac)のiTunesを利用しての復元になります。復元完了後は、事前に取得したバックアップから復元することができます。

リカバリーモードでiOSデバイスを起動する

リカバリーモードでiOSデバイスを起動する方法は以下の通りです。

  1. iOSデバイスの電源をオフにする
  2. MacにLightning-USBケーブルを接続する
  3. iOSデバイスでホームボタンを押し続けます
  4. LightningケーブルをiOSデバイスに接続します
  5. iTunesのアイコンが表示されるまでホームボタンを押し続けます

iTunesを起動する

iOSデバイスの画面に、iTunesのアイコンが表示されたら、MacでiTunesを起動します。このようなダイアログが表示されるため、「復元」をクリックします。

「復元とアップデート」をクリックします。iOSデバイスの状態が工場出荷時の状態に戻りますのでご注意ください。後で、事前に取得したバックアップから復元できます。

「次へ」をクリックします。

「同意します」をクリックします。後は、自動的にiOSデバイスの復元が始まります。一旦、iTunesでiOSのファームウェアをダウンロードしてからの復元になるため、多少時間がかかります。Lightning-USBケーブルは、そのまま接続しておきます。

iOSデバイスをバックアップから復元する

iOSデバイスの復元が完了したら、次に事前に取得したバックアップから復元します。

アクティベーションロックがかかったまま(「iPhoneを探す」がオンの状態)アップデートしている状態の場合、復元する前に再度アクティベーションする必要があります。iPhoneでサインインしていたApple IDを使用してアクティベートします。

「このバックアップから復元」で、最新のバックアップを選択して、「続ける」をクリックします。

バックアップする際に指定したパスワードを入力します。入力したら、「OK」をクリックします。ここから復元が始まります。容量にもよりますが、復元には時間を要しますので注意してください。

自動的にiOSデバイスが再起動されます。再起動が完了すると復元完了です。初期設定を行ったら、今まで通りにiOSデバイスを使用することができます。

この記事が気に入ったらいいねしよう!
関連記事
ご意見ボード
匿名で管理人に送信されます。※送信専用です。返信はできません。
ご指摘・ご意見
Top