【要注意】iOS 11パブリックベータをインストールする方法、iOS 10にダウングレードする方法

  1. 公開日:
  2. iPhone
  3. 0
8
SHARES
B!

日本時間6月27日未明に、iOS 11のパブリックベータが公開されました。今回は、iOS 11パブリックベータをお使いのiPhoneにインストールする方法をご紹介します。また、iOS 11パブリックベータから、記事執筆時点の最新版であるiOS 10.3.2にダウングレードする方法についてもご紹介します(現在、ダウングレード可能なバージョンはiOS 10.3.2のみです、iOS 9以前にはダウングレードできませんのでご注意ください)。

iOS 10.3.2へダウングレードできない事象について

記事執筆時点で、iOS 11パブリックベータからiOS 10.3.2へ直接ダウングレードできません。一旦、iOS 10.3.3(ベータ版)へダウングレード後、iOS 10.3.2にダウングレードする必要があります。

なお、iOS 11に対応しているデバイスは以下の通りです。

  • iPhone 5s以降(iPhone 5、iPhone 5cは対象外)
  • iPad(第5世代、第4世代より前は対象外)、iPad Air、iPad Pro、iPad mini 2以降(iPad miniは対象外)
  • iPod Touch(第6世代)

iOS 11パブリックベータをインストールする

iOS 11は、まだまだベータ版です。アップデート後にアプリケーションが正常に動作しない、など不具合が出る可能性があります。特に、iOS 11では32bitアプリケーションは動作しません。もし、日常的に32bitアプリケーションを使用している場合は、デベロッパーが対応するまで待つのが懸命です。なお、iOS 11からiOS 10.3.2にダウングレードするためにも、事前に必ずiTunesでバックアップを取得しておきましょう。

iTunesでiOSデバイスをバックアップする

iOSデバイスをMacに接続し、iTunesを起動します。iOSデバイスを選択して、「バックアップ」のメニューから、「このコンピュータ」にチェック、「iPhoneのバックアップを暗号化」をチェック(このチェックボックスをオンにすることで、iPhoneの内容がすべてバックアップされます)し、「今すぐバックアップ」をクリックします。

iOS 11パブリックベータをインストールする

iOS 11パブリックベータをインストールするためには、事前にパブリックベータプログラムに登録が必要です。登録については、iOS 11のパブリックベータに参加する方法、脱退する方法 – OTTAN.XYZをご参照ください。なお、既にプロファイルをインストール済みで、iOS 11パブリックベータがダウンロードできない場合は、プロファイルを一旦削除し、再度インストールしてみてください。

プロファイルをインストールし、再起動後、「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」から「iOS 11 Public Beta」をインストール(OTA)することができます。

iOS 11パブリックベータからiOS 10にダウングレードする方法

iOS 11のパブリックベータからiOS 10にダウングレードする方法をご紹介します。元の環境に戻すためには、前述のように、事前にiTunesでのバックアップが必要です。OSアップデートの際は、事前にバックアップする習慣をつけておくと良いでしょう。

iOS 11にダウングレードするためには、リカバリーモードでiOSデバイスを起動する必要があります。リカバリーモードでは、MacないしPC(以下、Mac)のiTunesを利用しての復元になります。復元完了後は、事前に取得したバックアップから復元することができます。

また、冒頭のようにiOS 11から、現在の最新版であるiOS 10.3.2へダウングレードすることができません。事前にiOS 10.3.3のファームウェアをダウンロードした上で、さらにiOS 10.3.2ヘダウングレードする必要があります。iOS 10.3.3のファームウェアは、下記のパブリックベータの登録ページからダウンロードすることができます(サインインが必要です)。なお、記事執筆時点で「iPhone 7」用のファームウェアが「iPhone 6」など誤記が目立つため、リンク先を確認するようにしてください。

https://beta.apple.com/sp/ja/betaprogram/iosimagerestore?locale=ja

リカバリーモードでiOSデバイスを起動する

リカバリーモードでiOSデバイスを起動する方法は以下の通りです。

  1. iOSデバイスとMacをLightning-USBケーブル経由で接続します
  2. MacでiTunesを起動している場合は終了します
  3. iOSデバイスでスリープ/スリープ解除ボタンと音量を下げるボタン(iPhone 6s以前のデバイスの場合は、スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタン)を同時に押し続けデバイスを再起動します
  4. iTunesのアイコンが表示されるまでスリープ/スリープ解除ボタンと音量を下げるボタン(iPhone 6s以前のデバイスの場合は、スリープ/スリープ解除ボタンとホームボタン)を押し続けます

iTunesを起動する

iOSデバイスの画面に、iTunesのアイコンが表示されたら、MacでiTunesを起動します。このようなダイアログが表示されます。通常であればそのまま「復元」で復元することができますが、iOS 11から現在の最新版であるiOS 10.3.2への復元はできないため、キーを押しながら「復元」をクリックします。

事前にダウンロードした「iOS 10.3.3」のファームウェアを選択して復元を実行します。ただし、このままでは事前に取得した「iOS 10.3.2」のバックアップから復元することができない(古いiOSバージョンから新しいiOSバージョンへ復元できない仕様)ため、さらにiOS 10.3.2へダウングレードします。そのために、iOS 10.3.3へのダウングレード完了後、iPhoneのセットアップ画面が表示されたら、再度リカバリーモードで起動します。

再度、同様のダイアログが表示されるため、「復元」をクリックします。(を押す必要はありません)

「復元とアップデート」をクリックします。iOSデバイスの状態が工場出荷時の状態に戻りますのでご注意ください。後で、事前に取得したバックアップから復元できます。

「次へ」をクリックします。

「同意します」をクリックします。後は、自動的にiOSデバイスの復元が始まります。一旦、iTunesでiOSのファームウェアをダウンロードしてからの復元になるため、多少時間がかかります。Lightning-USBケーブルは、そのまま接続しておきます。

iOSデバイスをバックアップから復元する

iOSデバイスの復元が完了したら、次に事前に取得したバックアップから復元します。

アクティベーションロックがかかったまま(「iPhoneを探す」がオンの状態)アップデートしている状態の場合、復元する前に再度アクティベーションする必要があります。iPhoneでサインインしていたApple IDを使用してアクティベートします。

「このバックアップから復元」で、最新のバックアップを選択して、「続ける」をクリックします。

バックアップする際に指定したパスワードを入力します。入力したら、「OK」をクリックします。ここから復元が始まります。容量にもよりますが、復元には時間を要しますので注意してください。

自動的にiOSデバイスが再起動されます。再起動が完了すると復元完了です。初期設定を行ったら、今まで通りにiOSデバイスを使用することができます。

この記事が気に入ったらいいねしよう!
こちらの記事も読まれています
ご意見ボード
匿名で管理人に送信されます。※送信専用です。返信はできません。
ご指摘・ご意見
Top