iOS 9.3(パブリックベータ)の導入方法とダウングレード方法

  1. 公開日:2016/03/06
  2. 更新日:
  3. iPhone
  4. 0
0
SHARES
B!

今回は、Night Shiftモードなど、様々な新機能の追加が見込まれる、iOSの最新版を手持ちのiOSデバイス(iPhoneやiPadなど)に適用する方法をご紹介します。また、最新版で不具合等が発生した場合に備えて、元に戻す方法も合わせてご紹介します。

iOS 9.3(パブリックベータ)の導入方法

iOS 9.3(パブリックベータ)を導入する前に、事前にiTunesによるiOSデバイスの完全なバックアップの取得をしておくと、スムーズにダウングレードを行うことができます。ベータ版を導入する場合は、事前に必ずバックアップを取得しておきましょう。

iTunesによるiOSデバイスのバックアップ

iOS 9.3(パブリックベータ)導入後に、不具合等により元のバージョンにダウングレードしたい場合を考慮し、iTunesで事前に必ずバックアップを作成してください。

iOSデバイス(ここでは、iPhone 6を使用します)をUSBケーブル経由でPCまたはMacと接続し、iTunesでバックアップを取得します。「バックアップ」の「このコンピュータ」及び「iPhoneのバックアップを暗号化」をチェックし、「今すぐバックアップ」をクリックします。「iPhoneのバックアップを暗号化」をチェックした際に入力するパスワードは、復元(ダウングレード)時に必要となりますので忘れないようにしましょう。

iTunesの環境設定(Macの場合、+,)から、「デバイス」タブを選択すると、バックアップが正常に取得されていることがわかります。

iOS 9.3(パブリックベータ)導入後に、誤って最新のバックアップを上書きしてしまわないように(上書きするとダウングレードできなくなります)、バックアップをアーカイブしておきます。最新のバックアップを右クリックして、「アーカイブ」をクリックします。

アーカイブされると、デバイス名の横にアーカイブした日時が表示されます。ここまでで事前の準備は完了です。

アーカイブについては、Appleのサポートサイトも参照してください。

https://support.apple.com/ja-jp/HT204215

iOS 9.3(パブリックベータ)の導入

以下は、iOSデバイス上で操作します。まずは、下記のリンクにアクセスします。

https://beta.apple.com/sp/ja/betaprogram/

画面最上部のメニューから「サインイン」をタップします。

サインインが完了したら、画面最上部のメニューから「デバイスを登録」をタップします。

画面中ほどの「プロファイルをダウンロード」をタップします。

プロファイルのインストール画面に遷移するため、内容を確認して「インストール」をクリックします。

iPhoneのロック解除に必要なパスコードを入力します。

「インストール」をタップします。

「インストール」をタップします。

「再起動」をタップします。

iPhoneの再起動が完了したら、「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」をタップします。プロファイルのインストールが正常に完了していれば、現在入手可能な最新のパブリックベータが表示されます。「ダウンロードとインストール」をタップします。

iPhoneのロック解除に必要なパスコードを入力します。

「同意する」をタップします。

「同意する」をタップします。インストールが始まります。インストールは自動的に行われます。以上で、パブリックベータの導入は完了です。

iOS 9.2.1へのダウングレード

iPhoneをダウングレードするためには、リカバリモードによるiTunesからの復元が必要になります。iTunesからの復元を行うためには、事前に「iPhoneを探す」を解除しておく必要があります。「設定」→「iCloud」→「iPhoneを探す」から、「iPhoneを探す」をオフにします。

次に、iPhoneをリカバリモードで起動します。iPhoneをリカバリモードで起動するための手順は以下の通りです。

  1. iPhoneと、PCまたはMacをUSBケーブル経由で接続する。
  2. iPhoneの電源ボタンを長押しし、iPhoneを終了する。
  3. iPhoneの電源ボタンを押し、iPhoneを起動する。その後、電源ボタンとホームボタンを同時に押し続ける。
  4. iPhoneの画面にiTunesのアイコンが表示されたら、電源ボタンとホームボタンを指から離す。

iPhoneが正常にリカバリモードで起動すると、自動的にiTunesに復元が必要なデバイスとして自動的に認識されます。iTunesが起動したら、「復元」をクリックします。

「復元とアップデート」をクリックします。

「次へ」をクリックします。

「同意します」をクリックします。

最新版のiOSソフトウェアのダウンロードが始まります。ダウンロードには時間を要するため、しばらく待ちましょう。

無事にダウンロードが完了すると、下記の画面が表示されます。「このバックアップから復元」を選択し、最新のバックアップであることを確認したら、「続ける」をクリックします。

iTunesによるバックアップ時(「iPhoneのバックアップを暗号化」をチェック時)に入力したパスワードを入力します。以上で、復元作業は完了です。自動的に復元作業が始まります。復元には時間を要しますので、十分な空き時間がある場合、およびアプリケーションの再ダウンロードのために、Wi-Fi接続時に行うと安全です。

まとめ

iOSのパブリックベータの導入方法と、ダウングレードする方法をご紹介しました。今回、ご紹介した方法は、今後のiOSのアップデートにより、手順が変わる可能性があるため、その点に留意してご覧いただけると幸いです。

この記事が気に入ったらいいねしよう!
こちらの記事も読まれています
ご意見ボード
匿名で管理人に送信されます。※送信専用です。返信はできません。
ご指摘・ご意見
Top