iPhoneのバッテリーを節約するための必要最小限の4つのTips(iOS8対応)

  1. 公開日:2014/11/21
  2. 更新日:
  3. Mac
  4. 0

今回はiPhoneのバッテリーを節約するための施策として、10 Tips to Save iPhone 6 and 6 Plus Battery and Extend Battery Life | Blazevideo Blog | Blazevideo Blogで紹介されていたものの中から実用的に使用できそうなもの、および弊サイト独自に考案した施策を合わせてご紹介します。

下記の施策以外に「使用していない場合はWi-Fiをオフにする」「Bluetoothをオフにする」「機内モードにする」など、一般的によく言われる項目がありますが、あまり実用的ではないと考えられることからTipsとしては割愛しています。もちろんオフにしたほうが多少バッテリーの節約になると思いますので、コントロールセンターからオン、オフを行ってください。

iPhoneのバッテリーを節約するための4つのTips

画面の輝度を適切にする

画面の輝度を適切に保つことはバッテリーを節約する上で非常に重要なファクターとなります。画面の輝度は「設定」アプリの「画面表示と明るさ」から変更することができます。

最大限輝度を小さくする(スライダーを左端にする)ことでバッテリーへの影響を最小限に抑えることができますが、周囲が明るい環境下(外出時の太陽光の下など)では画面が見づらくなってしまい実用的ではありません。

そこで、うまく使いたいのが「明るさの自動調節」です。おすすめの方法は灯りの消えた暗い部屋に入った状態で「明るさ」を示すバーを左方向にスライドし、視認性が損なわれない程度の明るさに調節してみることです。また、その状態で周囲が明るい環境下でも問題ないかを確認します。少し暗すぎるなと思えばスライダーを右に動かしましょう。

最初のステップが完了すれば、後はiPhoneが輝度を自動的に調節してくれます。輝度を最小限に抑えることだけがバッテリー節約に繋がるとは限りません。ぜひ「明るさの自動調節」を有効活用してください。

使い終わったら電源ボタンを押してスリープさせる

2 fs8

iOS8からバッテリーの使用状況をより詳しく見ることができるようになりました。「設定」アプリの「一般」→「使用状況」→「バッテリーの使用状況」と進みます。ここでどのアプリケーションが最もバッテリーを使用しているかを確認することができます。

通常の使用方法をしている限り、常に上位を占めるのは「ホーム/ロック画面」です。ホーム画面、ロック画面を開いている状態が一番バッテリーを使用している状況ということになります。

そこで実践したいのが、使用後は電源ボタンを押してスリープさせるということです。使い終わったら片付ける、普段の習慣と全く同じです。スリープしている状態のほうがバッテリー消費を抑えることができます。

アプリごとの通知方法を見直す

3 fs8

前述の「ホーム/ロック画面」のバッテリーにも関わってきます。「設定」アプリの「通知」を開くと、アプリごとの通知方法について確認することができます。

例えば、上図はFacebookの設定画面です。この中に「ロック画面に表示」という項目があります。Facebookから通知があった場合は、スリープ中のiPhoneを起こしてロック画面に表示するということです。

本当にこの通知は必要でしょうか?わざわざスリープ状態から復帰させてまで通知が必要なものでしょうか?ロック画面に表示させるということは、「ロック画面」がバッテリーを使用するということです。ポケットの中で知らず知らずのうちにロック画面に表示されているかもしれません。ロック画面を表示するだけでiPhoneのバッテリーは消費されてしまいます。

そこで、メールやメッセージなど重要な項目を除き、「ロック画面に表示」する項目を最小限に抑えることでiPhoneのバッテリーを節約することができます。無駄な通知がないかどうか改めて見直してみてはいかがでしょうか。

アプリ毎のバックグラウンド更新可否を見直す

iPhone、iPad、または iPod touch のマルチタスク機能とバックグラウンド処理について理解する – Apple サポートにある通り、バックグラウンド更新は「バッテリーを節約するために、App のバックグラウンド更新は、Wi-Fi や電源に接続されているとき、App の使用中など、特定の時間帯に行われます」。

そのためバックグラウンド更新がオンの場合においても極端にバッテリーへの影響を与える可能性は低そうですが、バックグラウンド更新の恩恵を受けることのできるアプリケーションは限られています。本当に必要なアプリケーションのみに絞ることをおすすめします。全てのアプリケーションがバックグラウンドを必須としているわけではありません。

まとめ

私が実践している4つのTipsをご紹介しました。その他、冒頭のサイトによると「Siri」をオフにすることでも、一定の効果が得られるそうです。「バッテリー節約」ばかりが気になると、iPhoneの機能を十分に満喫することができません。節約するときは節約する、くらいの軽い気持ちで上記のTIpsを実践してみてください。

この記事が気に入ったらいいねしよう!
関連記事
ご意見ボード
匿名で管理人に送信されます。※送信専用です。返信はできません。
ご指摘・ご意見
Top