iPhoneに隠された便利な18の機能、あなたはいくつ知ってますか?

  1. 公開日:
  2. iPhone
  3. 0

iPhoneを長年使用している場合には当たり前の機能であっても、iPhone 7で初めてiPhoneを購入した、久しぶりにAndroidから乗り換えたという方にとっては、便利なのに意外と知らない機能があるかもしれません。今回はそのような機能を厳選してご紹介します。

iPhoneで使えるこんな機能、あんな機能

簡易アクセス

iPhone 6 Plus、iPhone 7 Plusなど、画面サイズの大きなiPhoneを使用していると、ホーム画面の上部を片手で操作できないことがあります。そのような場合には、軽くホームボタンをダブルタップします。すると、画面上部の半分が画面下部に下がり、手が届くようになります。もし、この機能を無効にしたい場合には、「一般」→「アクセシビリティ」→「簡易アクセス」をオフにします。

iMessageで楽しいエフェクトを送ろう

iOS 10からiMessageでエフェクト付きのメッセージを送れるようになりました。例えば、誕生日や祝い事など、相手にちょっとした驚きを与えるために、エフェクトを活用したメッセージを送ってみてはどうでしょうか。このエフェクトは、iMessageのみで使用可能であり、SMS/MMSでは使用できません。

http://ottan.xyz/ios10-imessage-enjoy-4939/

Appアイコンのバッジを非表示

ホーム画面のアイコン上に表示される、①などの赤丸の数値。例えば、リマインダーで期限を過ぎたタスクの数を表示、メールの未読件数のみを表示など、アプリによって様々な用途で使用されることがありますが、時にこのような通知は必要ないと感じることもあるでしょう。そのような時は、「設定」→「通知」から各種アプリケーションのアイコンを選択し、「Appアイコンにバッジを表示」をオフにしましょう。

Safariでデスクトップ用サイトを表示

最近は、iPhoneに最適化されたWebページも増えてきましたが、時にはPCなどのデスクトップ環境のブラウザで閲覧した場合のWebページを閲覧したい場合があります。これは、デスクトップ用サイトの場合のみ利用できる機能を使用したい場合などに有効です。このような場合には、Safariの再読み込みボタンを長押しし、「デスクトップ用サイトを表示」をタップします。ただし、レスポンシブデザインなどデバイスの幅を判断して表示する画面を制御するCSSなどを使用しているWebページでは意味がありません。

ホーム画面から電話アプリのお気に入りに簡単アクセス

例えば、家族などよく連絡する相手は、連絡先アプリでお気に入りに追加しておくと便利です。一度、お気に入りに登録してしまえば、もう電話アプリやFaceTimeアプリを起動する必要はありません。ホーム画面で電話やFaceTimeのアイコンを長押し(3D Touch)します。すると、ウィジェットにお気に入りに登録した相手の連絡先が表示されるため、タップするだけで簡単に通話することができます。電話でもFaceTimeでも、音声通話やFaceTimeを分けて登録できるので、通話料がかかるしなあという場合には、FaceTimeオーディオをお気に入りに登録しましょう。

ホームボタンの感度を調節

iPhone 7では物理ホームボタンが廃止され、疑似ホームボタンが採用されました。そのため、電源がオフになっている場合は、ホームボタンを押しても反応することがありません。ホームボタンの感度は人それぞれで、デフォルトではホームボタンを押した感覚がなく使いづらい、逆に感度が良すぎる、といったこともあるでしょう。そのような場合には、「設定」→「一般」→「ホームボタン」からホームボタンの感度を調節できます。あなたにあったホームボタンの感度を見つけましょう。

3D Touchで簡単カーソル移動

iPhoneの文字入力はフリック入力が基本ですが、欠点は文字移動のしづらさです。一昔前のiPhoneやiOSと比較すると、比べ物にならないくらい進化していますが、それでもなおカーソル移動が使いづらいと感じている方は多いのではないでしょうか。そのような場合には、文字入力中に「改行」ボタンを長押し(3D Touch)します。すると、カーソル移動モードに変更されるため、キーボード上を指を滑らせることで、簡単に任意の場所にカーソルを移動させることができます。

ベッドタイムを有効活用

iOS 10の時計アプリには、ベッドタイム機能が搭載されています。起床時間、睡眠時間を設定するだけで、毎日の睡眠時間をiPhoneがあなたに代わり管理してくれます。また、就寝時間の15分前になると通知されるようになり、就寝時間に気をつけるようにもなるでしょう。また、ベッドタイム特有のアラーム音を使用することで、優雅な目覚めを経験することもできます。

録画中に写真を撮る

もはやiPhoneはデジタルカメラの画質をも凌駕し、最高のカメラとして生まれ変わったと実感することも多いことでしょう。家族との素敵な思い出をビデオに残すとことも多いと思いますが、iPhoneであればビデオの撮影中も写真を残すことができます。録画中に左下の白い丸いアイコンをタップすると、録画中の画面の静止画を撮影することができます。

EarPods(iPhone付属のイヤホン)で写真撮影

iPhone付属のイヤホン(通称、EarPods)は使いづらい?そんなことはありません。確かに、音質や煩わしいコードが気になる人は多いかもしれませんが、iPhone付属の標準のイヤホンならではの便利な機能があります。iPhoneの画面に触れて、イヤホンの音量調節ボタンを軽く押すだけで写真撮影することができます。ぜひ試してみてください。

Safariでページ内の単語を検索

SafariでWebページを閲覧中に特定の単語を検索したくなることがあります。そのような場合には、閲覧中にアドレスバーに任意の単語を入力すると、そのページ内を簡単に検索することができます。検索結果はハイライトされるため、探している単語をすぐに見つけることができます。

モバイルデータ通信をオフにして通信量を節約

例えば、YouTubeやAmazonビデオなど、iPhoneで簡単に映画や動画を閲覧できる時代になりましたが、閲覧するためにはストリーミング(もしくは、ダウンロード)する必要があります。ストリーミングやダウンロードには、画質によっては多くの通信量を消費します。特に、格安SIMなどを使用している場合は、通信量が気になることも多いことでしょう。そのような場合には、誤って外出先などWi-Fiが使用できない状況で、そのアプリで通信ができないように制限することができます。「設定」から各アプリのアイコンをタップして、「モバイルデータ通信」をオフにします。これで誤って起動しても大丈夫です。

カメラでフォーカス、露出を再調節する

日常で意識することはほとんどありませんが、iPhoneはあなたに代わり、カメラアプリで最適な写真を収めるために、自動的にフォーカス、露出を調節してくれます。しかし、手動でフォーカスと露出を調節したい時があります。そのような場合には、カメラアプリ起動中に任意の場所を長押しします。すると、その場所に合わせて自動的にフォーカス、露出を自動調節してくれます。画面上に「AE/AFロック」と表示されます。

睡眠を邪魔しないおやすみモード

就寝中に着信やiPhoneによる通知を受けたくない時があります。お気に入りのベッドの上にいるときくらい、全てを忘れて横になりたいですよね。そのような場合には、おやすみモードをオンにしましょう。「設定」→「おやすみモード」をオンにし、「時間指定」でスケジュールを指定しておけば、その時間帯だけ完全にiPhoneを無音化することができます。ただし、緊急の電話などをう受けたい場合には、「着信を許可」からそのような人たちを登録することもできます。家族くらいは追加しておきましょうね。

バッテリー節約のためにバックグラウンド更新をオフ

Appのバックグラウンド更新は便利です。アプリを起動していなくても、iPhoneの限られた権限の範囲内の中でアプリを動作させることができます。例えば、バックグラウンドでニュースが更新できると、アプリを開いた時から、すぐに最新のニュースを読むことができますよね。しかし、そのバックグラウンド更新は本当に必要なものでしょうか。アプリを開いた時に更新ではダメでしょうか。緊急性が求められる、そもそもバックグラウンド動作が前提のアプリでなければ、「設定」→「一般」→「Appのバックグラウンド更新」から個別にアプリをオフにしましょう。バッテリーの節約にもつながりますよ。

Night Shiftで快適な睡眠を

iPhoneのスクリーンを見続けることは、ブルーライトと呼ばれる脳の働きを活発にしてしまう作用を持つ光が含まれるため、就寝前にiPhoneをついつい見続けてしまうと、なかなか寝られなくなる可能性があります。そのような場合には、ブルーライトの発光を抑える「Night Shift」が便利です。「設定」→「画面表示と明るさ」→「Night Shift」を開き、「時間指定」をオンにして「日の入から日の出まで」を選択しておけば、太陽が沈むと同時にiPhoneのスクリーンの発光が穏やかな色に変わり、目への刺激を抑えることができます。

メッセージのプレビューをロックされているときはオフにする

iPhoneのロック画面は、持ち主でなくても、そのiPhoneを手に取りさえすれば誰でも閲覧することができてしまいます。例えば、ロックしている最中に、誰かに勝手にロック画面を見られてしまい、大切な人とのメッセージの内容を見られてしまって困った、という経験へありませんか。そのような場合には、「設定」→「通知」→「メッセージ」から、「プレビューを表示」を「ロックされていないときのみ」に変更しておきましょう。ロックされている間は、メッセージ(SMS/MMS/iMessage)の本文は表示されなくなります。

メッセージアプリでメッセージの送受信時刻を確認する

メッセージアプリでは、デフォルトでは送受信した時刻は表示されません。送信した直後のメッセージは、帯で送受信時刻が表示されるのですが、常には表示されません。もし、過去のメッセージの送受信時刻を確認したい場合には、画面を左にスワイプします。すると、画面右側でメッセージの送受信時刻を確認することができます。

この記事が気に入ったらいいねしよう!
関連記事
ご意見ボード
匿名で管理人に送信されます。※送信専用です。返信はできません。
ご指摘・ご意見
Top