iPhone標準のメールアプリをもっと快適に使用する方法

  1. 公開日:2014/10/09
  2. 更新日:
  3. iPhone
  4. 0

iPhone標準のメールアプリ、あなたは使いこなせていますか?使いこなすためのTipsを今回はご紹介します。

スマートメールボックスを活用する

メールアプリを開いたら「編集」ボタンをタップします。

すると、標準のメールボックス以外にも様々な用途で使うことのできそうなスマートメールボックスがたくさんあることがわかると思います。オススメは「全受信」「未開封」「添付ファイル」です

全受信」ボックスはすべてのメールボックスを統括したものです。Gmail、Outlook、iCloudなど、全てのメールボックスの内容を「全受信」を開けば確認できるようになります。過去のメールを検索するのにも便利です。

未開封」ボックスは、文字通り既読になっていないメールを全てのメールボックスから集めてきたものです。まだ自分が読んでいないメールだけを効率的に読むことができるためオススメです。

最後に「添付ファイル」ボックスは、添付ファイルが添付されているメールのみを全てのメールボックスから集めてきたものです。「あのときの添付ファイルをもう一度見たい」というような状況に陥った場合、「添付ファイル」ボックスは大活躍してくれます。

Macでは任意のメールボックスを作成できることはMac標準のメールアプリをもっと快適に使用する方法でご紹介した通りですが、iPhoneにも快適にメールを閲覧できるような様々な工夫が施されています。ぜひ使ってみてくださいね。

下書き一覧を活用する

スマートメールボックスの中に「すべての下書き」がありましたが、下書きにはもっと簡単にアクセスできる方法があります。右下のペンアイコンを長押ししましょう。

すると、下書きのまま保存されているメール一覧を確認することができます。

メールアプリをもっと便利にするTipsをご紹介しました。ご存知ではなかった方は、これを機会にぜひ使ってみてくださいね。

この記事が気に入ったらいいねしよう!
関連記事
ご意見ボード
匿名で管理人に送信されます。※送信専用です。返信はできません。
ご指摘・ご意見
Top