Macのデスクトップで動作する軽量Gmailアプリケーションを作ろう!

  1. 公開日:
  2. Mac
  3. , ,
  4. 0

先日、iPhoneやMacで送受信するメールをすべてGmailに集約する方法をご紹介しました。不要なインターネットアカウントをすべて削除し、Googleのみに集約でき、管理を一元化できるというメリットがあることをご紹介しました。

http://ottan.xyz/phone-gmail-push-inbox-4770/

ただし、Macの標準メーラーでは、冒頭でご紹介した方法では、メールの受信はできても、送信ができませんでした。では、MacでGmailで送受信するためにはどうすれば良いか。それは、SafariからGmailにアクセスすることです。ブックマークしておけば良いのです。ただ、それも少々面倒です。どうせならデスクトップで動作するネイティブのようなアプリケーションが欲しい。Mac App Storeからわざわざ購入するのもちょっと、という場合には作ってしまえばいいんです!

デスクトップで動作する軽量Gmailクライアント

実は、OS X Lionから、Webサービスをネイティブアプリケーションのように起動できるアプリケーションを簡単に作成することができる機能が、Macには備わっています。

Automatorを使ってGmailクライアントを作成する

「アプリケーション」→「Automator.app」を開きます。

「アプリケーション」を選択して、「選択」をクリックします。

左側ペインの検索ボックスに「Safari」と入力します。表示されるコンテンツの中から「指定されたURLを取得」を右側ペインにドラッグ&ドロップします。そして、既存のURLを「削除」し、「追加」をクリックし、https://mail.google.com/と編集します。

続いて、同じく左側ペインから「Webサイトポップアップ」を右側ペインにドラッグ&ドロップします。サイトサイズは「中」あたりにしておくと良いでしょう。その他は、デフォルトのままで構いません。この状態で、「ファイル」→「保存」(+S)をクリックします。

「Gmail.app」という名称で保存します。「アプリケーション」フォルダに保存しておくと良いでしょう。

アプリケーションのアイコンを変更する

Automatorで作成したアプリケーションのデフォルトのアイコンは、そのままでも構わないのですが、作成するWebサービスごとにアイコンを変更しておくと視認性が良くなります。

保存した「Gmail.app」を「右クリック」→「情報を見る」(+I)をクリックします。左上のアイコンを選択した状態にしておきます。背景が薄水色になります。

別途、個人利用無料のフリーのアイコン(PNGファイル)をダウンンロードします。Icon Archive – Search 590,918 free icons, desktop icons, download icons, social icons, xp icons, vista iconsあたりを良く利用しています。ダウンロードしたPNGファイルを「プレビュー.app」で開き、コピー(+C)します。

先ほど開いていた「Gmail.app」のアイコンを選択した状態で、貼り付け(+V)します。このように、アイコンは自由にカスタマイズできます。

アプリケーションをDockに追加する

作成した「Gmail.app」はDockに追加しておくと便利でしょう。

アプリケーションを起動する

作成したアプリケーションを起動すると、メニューバーに「歯車」アイコンがぐるぐる回り、このような画面が起動します。あとは、Safariと同様にGmailにログインすれば、まるでSafariからGmailを閲覧しているような感覚で使用することができます。終了するには、(El Capitanの場合、少々分かりづらいのですが)、右下の「キャンセル」をクリックします。

まとめ

「Webサイトをポップアップ」は、文字通り「ポップアップ」します。つまり、常に最前面に表示されます。画面サイズが大きすぎると、他の作業の邪魔になってしまうかもしれません。その場合は、ウインドウサイズを調整するか、このアプリ専用に仮想デスクトップを割り当ててしまうことをお勧めします。

この記事が気に入ったらいいねしよう!
関連記事
ご意見ボード
匿名で管理人に送信されます。※送信専用です。返信はできません。
ご指摘・ご意見
Top