macOS Sierraをクリーンインストールするための2つの方法

  1. 公開日:
  2. Mac
  3. ,
  4. 0

macOS Sierraへのアップデート後に不具合に見舞われた、macOS Sierraへのアップデート後に動作が遅くなった、macOS Sierraを綺麗な状態でインストールし直したい、という場合には、macOS Sierraのクリーンインストールを試しましょう。今回は、クリーンインストールする2つの方法をご紹介します。

macOS Sierraをクリーンインストールする

macOS Sierraをクリーンインストールするためには、既にアップデートを完了した人向け(リカバリーモード)と、これからアップデートする人向け(USBメモリを使用)があります。まずは、前者からご紹介します。

リカバリーモードからクリーンインストールする

例えば、OS X El CapitanからmacOS Sierraにインストールすると、Sierraに不具合が発生した場合に備えて、自動的にリカバリーパーティション(Apple_Boot Recovery HD)が作成されます。このリカバリーパーティションを用いてクリーンインストールする方法です。この方法の利点は、手元にUSBメモリがなくても可能ですが、いったんmacOS Sierraにアップデートしなくてはなりません。

/dev/disk0 (internal, physical):
   #:                       TYPE NAME                    SIZE       IDENTIFIER
   0:      GUID_partition_scheme                        *251.0 GB   disk0
   1:                        EFI EFI                     209.7 MB   disk0s1
   2:          Apple_CoreStorage Macintosh HD            250.1 GB   disk0s2
   3:                 Apple_Boot Recovery HD             650.0 MB   disk0s3

macOS Sierraをリカバリーモードで起動するためには、電源をオフにした状態で、(command)+Rを押しながら、電源をオンにします。

しばらくすると、「macOSユーティリティ」が起動します。この状態で、「ディスクユーティリティ」を選択して、「続ける」をクリックします。

左側の内蔵ストレージから、既にmacOS Sierraがインストールされているディスクを選択します。ここでは、「Macintosh HD」がmacOS Sierraがインストールされているディスクです。このディスクを選択した状態で、「消去」をクリックします。

フォーマットを「Mac OS Extended (Journaled)」を選択して、「消去」をクリックします(※環境によっては「Mac OS拡張 (ジャーナル)」と表示されます)。消去が完了したら「ディスクユーティリティ」を終了します。

「macOSユーティリティ」に戻ったら、「macOSインストール」を選択して、「続ける」をクリックします。

macOS Sierraのインストーラが起動します。「続ける」をクリックします。

「同意する」を選択します。

先ほど消去した「Macintosh HD」を選択して「インストール」をクリックします。

後はインストーラウィザードの内容に従ってセットアップを進めてください。インストール中に1回自動的に再起動されます。

macOS Sierraの起動可能なインストールディスクを使用する

さて、リカバリーモードを使用する場合、一度macOS Sierraにアップデートする必要がありました。わざわざmacOS Sierraにアップデート後に再びインストールするのも手間がかかります。そこで、手元に8GB以上のUSBメモリがあれば、Mac App StoreからmacOS Sierraをダウンロードして、起動可能なインストールディスクを作成することができます。下記のリンクを参照してください。

http://ottan.xyz/macos-sierra-bootable-disk-5007/

インストールディスクを使用して、macOS Sierraをクリーンインストールするためには、いったんMacをシャットダウンします。電源をオフにした状態で、(option)を押したままMacを起動します。起動ディスクの選択画面が表示されるため、「Install macOS Sierra」と書かれた黄色いディスクを選択して起動してください。

その後、「macOSユーティリティ」が起動した後のインストール手順については、前述のリカバリーモードで起動した場合と同様です。

まとめ

macOS Sierraのクリーンインストール手順についてまとめておきましょう。

リカバリーモードを使用する

リカバリーモードを使用してクリーンインストールする手順は以下の通りです。

  1. macOS Sierraにアップデートする
  2. いったんMacの電源をオフにし、+Rを押しながらリカバリーモードで起動する
  3. ディスクユーティリティでディスクの内容を消去する
  4. macOS Sierraをインストールする

USBメモリを使用する

  1. いったんMacの電源をオフにし、を押しながら起動し、「Install macOS Sierra」を選択する
  2. ディスクユーティリティでディスクの内容を消去する
  3. macOS Sierraをインストールする

クリーンインストールしてスッキリした状態で、アプリケーションを断捨離していくのも、OSアップデート作業の醍醐味ですね!

この記事が気に入ったらいいねしよう!
関連記事
ご意見ボード
匿名で管理人に送信されます。※送信専用です。返信はできません。
ご指摘・ご意見
Top