外出先からメールを送って自宅のMacをスリープさせる方法

  1. 公開日:2015/06/26
  2. 更新日:
  3. Mac
  4. 0
6
SHARES
B!

例えば、朝の忙しい時間帯、Macを使用していて、ふと急用を思い出してそのまま外出してしまい、外出先で「あ、Mac…」とか思い出すのは日常茶飯事。そんな時に外出先から自宅のMacにアクセスできれば便利ですね。外出先からリモートで自宅のMacを操作する方法はいろいろ用意されていますが、ここでは誰でも簡単にできるメールを送ることで自宅のMacを操作することができる、一風変わった需要無視の方法を紹介します。

メール受信時にAppleScriptを実行する方法

①下準備:AppleScriptを用意する

AppleScriptエディタでも任意のテキストエディタでも構いません。以下のスクリプトを「Sleep.scpt」という名前で保存してください。名称は何でも構いませんが、拡張子は".scpt"(AppleScript)としてください。このAppleScriptは、MacをスリープさせるためのScriptです。

tell application "System Events" to sleep

メールアプリを開き、環境設定を開きます。用意したAppleScriptを、~/Library/Application Scripts/com.apple.mail に移動してください。メールアプリからAppleScriptを実行したい場合は、下記のフォルダにあらかじめ置いておく必要があります。

以上で、AppleScriptの準備は完了です。

②下準備:メールアプリでルールを新規作成する

次に、メールアプリを開いて、 + ,をクリック、または、メニューの「メール」→「環境設定」から環境設定を開きます。

次に、[ルール]タブをクリックして、ルールを新規作成します。「特定のメールを受信した場合に、特定のフォルダに移動する」など、予めルールを作成しておくことにより、メールを受信した場合に、そのルールに従ってメールを処理することができます。この方法を応用して、SoftBankのiPhone専用メール(@i.softbank.jp)でメールの振り分けを行うこともできます。

ここでは、特定のメールを受信した場合に、AppleScriptを実行するルールを新規作成します。以下のように設定してみてください。

項目内容
説明任意の名前
条件いずれかの条件に一致した場合
条件①件名にsleepを含む
操作AppleScriptを実行:Sleep

AppleScriptについては、手順①で作成したAppleScriptを選択します。前もってメールアプリで使用できるAppleScriptフォルダに保存しておくことによって、ルールを作成する際に、そのAppleScriptを使用できるようになります。

③外出先から自宅のMacにメールを送信する

このルールを適用することによって、条件①で設定したメールアドレスから"sleep"という件名のメールを受信すると、Sleep.scptが実行されます。これで、外出先から自宅のMacにメールを送信することによって、Macをスリープさせることができるようになりました!

ただし、あくまでメールを受信した場合に実行されるAppleScriptであるため、メールアプリは予め起動しておく必要があります。

この方法を応用すれば、メールを送るだけでMacを自由自在に操作することができるようになると思いませんか?

この記事が気に入ったらいいねしよう!
こちらの記事も読まれています
ご意見ボード
匿名で管理人に送信されます。※送信専用です。返信はできません。
ご指摘・ご意見
Top