Macを購入したら最初に導入しておきたいQuick Lookのプラグイン

  1. 公開日:2014/09/08
  2. 更新日:
  3. Mac
  4. ,
  5. 0

@おったんです。Quick Lookは、OS Xを代表する便利な機能です。フォルダやファイルを選択した状態で(スペースキー)を押すと、アプリケーションを起動することなく内容を表示してくれます。また、プラグインを導入することで、さらにQuick Lookの機能を拡張することができます。今回は、オススメのプラグインを紹介します。

プラグインのインストール方法

プラグインの中には、後述のHomebrew Caskを使用したCUIからのインストールが可能なものと、直接公式サイトからダウンロードして手動で導入するものの2種類があります。Homebrew Caskについては後述しますので、手動でインストールする場合の方法をご紹介します。

手動でインストールする場合

ダウンロードしたプラグイン( .qlgenerator という拡張子のファイル)を、以下のどちらかにコピーしてください。

  • ~/Library/QuickLook
    →「~」(チルダ)は現在のユーザーのホームディレクトリを表しています。プラグインは現在のユーザーにのみ適用されます
  • /Library/QuickLook
    →そのMacを使用する全てのユーザーに適用されます

また、コピー後は以下のコマンドを実行してください。なお、後述のHomebrew Caskによるインストールの場合は、インストール時に自動的に以下のコマンドが実行されます。

$ qlmanage -r

Homebrewのインストール

Homebrewは、Macのパッケージ管理ソフトです。ターミナル(CUI)でパッケージの管理ができるため、GUI操作と比較して素早くミスなく、そして何よりコピー&ペーストでインストールできます。Homebrewのインストールについては、下記リンクで詳しくご紹介していますのでご参照ください。

http://ottan.xyz/mac-latex-presentation-92/ http://brew.sh/

Homebrew Caskのインストール

著名なQuick Lookプラグインについては、Homebrew Caskでインストールできるようになりました。

Homebrew Caskは、Homebrewの拡張機能です。Homebrewによるパッケージ管理の他、Google ChromeなどGUIアプリケーションも同機能で管理できるようになります。Homebrew Caskをインストールするためには、以下のコマンドを実行します。

$ brew install caskroom/cask/brew-cask

Homebrew Caskでインストールできるアプリケーションは、公式サイトで確認することができます。ますますHomebrewが手放せなくなること間違いなしです。

http://caskroom.io/ http://nanapi.co.jp/blog/2014/03/05/homebrew-cask/

Quick Lookプラグインのインストール

では、実際にインストールしていきましょう。実行時に管理者ユーザーのパスワードを求められる場合があります。

QuicklookStephen

QuicklookStephenは、拡張子のないファイルをQuick Lookで表示してくれるプラグインです。「README」「Vagrantfile」など、テキストファイルであれば何でも開けてしまう便利な拡張機能です。ぜひ導入しておきましょう。

インストール(Homebrew)

$ brew cask install qlstephen

インストール(手動)

https://github.com/whomwah/qlstephen

QLMarkdown

QLMarkdownは、文字通りMarkdown形式のテキストファイルをQuick Lookでプレビューできるプラグインです。GitHubをはじめとして、README.mdファイルなどMarkdown形式が当たり前のように登場するようになっています。このプラグインを導入しておくと便利ですよ。

インストール(Homebrew)

$ brew cask install qlmarkdown

インストール(手動)

https://github.com/toland/qlmarkdown

QuickLookJSON

QuickLookJSONは、JSON形式のテキストファイルをQuick Lookでプレビューできるプラグインです。展開や折りたたみもできるため、必要な箇所だけを確認するといった使い方もできます。内容を整形して表示してくれるので、テキストエディタで開くよりもQuick Lookのほうが便利だったりします。

インストール(Homebrew)

$ brew cask install quicklook-json

インストール(手動)

http://www.sagtau.com/quicklookjson.html

QuickLookCSV

QuickLookCSVは、私のお気に入りの「かゆいところに手が届く」プラグインです。カンマ、タブ、スペース、パイプ(|)文字で区切られたテキストファイルを整形して表示してくれるQuick Lookの拡張機能です。わざわざテキストエディタやNumbersを起動する必要もなくなります!表示用のデータは以下からお借りしました。

https://github.com/openmundi/world.csv

インストール(Homebrew)

$ brew cask install quicklook-csv

インストール(手動)

https://github.com/p2/quicklook-csv

BetterZip Quick Look

BetterZip Quick Lookは、アーカイブファイルの中身をQuick Lookでプレビュー表示してくれる拡張機能です。Macで展開可能なアーカイブファイルであれば、何でもプレビューしてくれます。また、表示が非常に美しいため、プレビュー表示していて気持ちいい(?)プラグインでもあります。

インストール(Homebrew)

$ brew cask install betterzipql

インストール(手動)

http://macitbetter.com/BetterZip-Quick-Look-Generator/

Suspicious Package

Suspicious Packageは、何とインストーラパッケージ(.pkgファイル)の内容をQuick Lookでプレビューしてしまう素晴らしい拡張機能です。ややマニアックな拡張機能ですが、私には欠かせないプラグインです。

例えば、アプリケーションのインストールやアップデート時に、インストーラが何を行っているのか気になったことはありませんか?ブラックボックスのインストーラパッケージを丸裸にしてくれるのがこのプラグインの特徴です。

  • パッケージのインストールに管理者権限を要するかどうか
  • パッケージに含まれるインストール前後に起動されるスクリプトの有無

プレビューだけでこんなことまで確認できちゃいます。パッケージファイルを何気なくのぞいてみると、OS Xの仕組みや隠された機構が段々と見えてきたりして面白いですよ。ぜひ導入してみてください。

インストール(手動)

インストール先の変更により、現在Homebrew Caskではインストールできなくなっています。下記のリンク先から直接ダウンロードしてください。

http://www.mothersruin.com/software/SuspiciousPackage/download.html

QLColorCode

QLColorCodeは、Quick Lookでソースコードをハイライト表示してくれる便利なプラグインです。エディタでファイルを開く手間を省いてくれるため、ちょっとしたソースコードの確認に有用です。日本語が正常に表示されない、などの問題が一時期ありましたが最新版では解消されているようです。

インストール(Homebrew)

$ brew cask install qlcolorcode

インストール(手動)

https://code.google.com/p/qlcolorcode/

カスタマイズ

本プラグインは、今回ご紹介するプラグインの中で唯一カスタマイズ可能なプラグインです。例えば、以下のコマンドを実行すると、ハイライト表示とともに行番号を表示するようになります。

$ defaults write org.n8gray.QLColorCode extraHLFlags '-l'

また、フォントサイズを調整したい場合は、以下のコマンドで変更できます。

$ defaults write org.n8gray.QLColorCode fontSizePoints 10

さらに、以下のコマンドを実行することでハイライト表示のテーマを変更することができます。ぜひお気に入りのテーマを見つけてみてください。

$ defaults write org.n8gray.QLColorCode hlTheme <テーマ名>
acid
bipolar
blacknblue
bright
contrast
darkblue
darkness
desert
easter
emacs
golden
greenlcd
ide-anjuta
ide-codewarrior
ide-eclipse
ide-kdev
ide-xcode
kwrite
lucretia
matlab
moe
navy
nedit
neon
night
orion
pablo
peachpuff
print
rand01
seashell
slateGreen
the
typical
vampire
vim-dark
vim
whitengrey
zellner

番外編

Quick Lookをもっと便利にする小技をご紹介します。

Quick Lookは、デフォルトの状態ではプレビューした内容を選択することができません。(本当にプレビューのみ)しかし、以下のコマンドを実行することで、Quick Lookにおいてもテキストを選択することができるようになります。今回ご紹介するプラグインを活用する上で必須ですので、ぜひ実行しておいてください。

$ defaults write com.apple.finder QLEnableTextSelection -bool true && killall Finder

まとめ

今回ご紹介したプラグインは、以下のコマンドを実行するだけで全て導入可能です。1つずつインストールするのが面倒だ、という方はこのコマンドを使用してください。

$ brew cask install qlcolorcode qlstephen qlmarkdown quicklook-json quicklook-csv betterzipql 

また、Homebrew Caskでは、以下のコマンドを実行することで、インストール可能なパッケージやアプリケーションを検索することができます。面白いものが見つかったら、ぜひ@ottanxyzまたはコメント欄で教えてくださいね。

$ brew cask search
この記事が気に入ったらいいねしよう!
関連記事
ご意見ボード
匿名で管理人に送信されます。※送信専用です。返信はできません。
ご指摘・ご意見
Top