Safariで広告を非表示にするコンテンツブロッカーを使用する方法

  1. 公開日:2015/09/17
  2. 更新日:
  3. iPhone
  4. 0
5
SHARES
B!

iOS9でSafariの拡張機能が有効になり、その代表的な機能として広告非表示できるアプリケーションが早速登場しました。ここでは、Safariで広告を非表示にするための方法をご紹介します。

Safariで広告を非表示にする方法

Safari単体では広告を非表示にできません。Safariに対応した拡張機能が必要です。

Safariの拡張機能をダウンロードする

iOS9のSafari単体で広告を非表示にすることはできません。あくまで、iOS9でSafariの拡張機能が使用できるようになっただけで、広告を非表示にする拡張機能をダウンロードする必要があります。ここでは、広告を非表示にすることに特化した「Crystal」をご紹介します。

Safariの拡張機能を有効にする

「設定」→「Safari」に「コンテンツブロッカー」が追加されているため、それをタップします。

「Crystal」を有効にします。

以上で、コンテンツブロッカーが有効になります。

まとめ

iOS9のSafariの拡張により、より快適にウェブブラウジングが可能になりました。導入しておいて損はないアプリケーションですので、iOS9にアップデートしたら是非ダウンロードしておきましょう。

この記事が気に入ったらいいねしよう!
こちらの記事も読まれています
ご意見ボード
匿名で管理人に送信されます。※送信専用です。返信はできません。
ご指摘・ご意見
Top