Sublime TextでWordPressのコーディング規約に遵守したコーディングを効率的に行おう!

  1. 公開日:2016/05/21
  2. 更新日:
  3. WordPress
  4. , ,
  5. 0

Sublime Textはお気に入りのエディタです。プラグインを使用することで拡張することができ、様々な用途で使用することができるようになります。また、多数のテーマも開発されており、自分の好みにあった外観に仕上げることも可能です。今回は、このSublime Textを使用してWordPressのコーディング規約に沿ったコーディングが行われているか簡単に確認できるようにしてみます。

Sublime TextでPHP CodeSnifferを使用する

Sublime Textのパッケージに「SublimeLinter-phpcs」がありますが、そのためには事前の準備がいろいろと必要です。初回のみですので頑張りましょう。

Composerのインストール

PHP CodeSnifferを使用するには、PHPのパッケージ管理ソフトウェアである「Composer」をあらかじめインストールしておく必要があります。その他のPHPのパッケージ管理にも使用できますので、これを機に導入しておくと後々便利になります。

https://getcomposer.org/download/

インストールは上記のリンクから行います。具体的には、ターミナルを開いて以下のコマンドを実行します。

php -r "copy('https://getcomposer.org/installer', 'composer-setup.php');"
php -r "if (hash_file('SHA384', 'composer-setup.php') === '92102166af5abdb03f49ce52a40591073a7b859a86e8ff13338cf7db58a19f7844fbc0bb79b2773bf30791e935dbd938') { echo 'Installer verified'; } else { echo 'Installer corrupt'; unlink('composer-setup.php'); } echo PHP_EOL;"
php composer-setup.php
php -r "unlink('composer-setup.php');"

カレントディレクトリにcomposer.pharというファイルが生成されますので、以下のコマンドを実行して、この実行ファイルを移動します。

mv composer.phar /usr/local/bin/composer

ターミナルを閉じて、再度ターミナルを開き直します。以下のコマンドを実行して、Composerがインストールされていることを確認してください。

composer -V

PHP CodeSnifferのインストール

続いて、PHP CodeSnifferをインストールします。ターミナルを開いて以下のコマンドを実行します。

composer global require "squizlabs/php_codesniffer=*"

インストールが完了すると、~/.composer/vendor/bin配下にphpcsという実行ファイルがインストールされます。/usr/local/bin配下にシンボリックリンクを作成します。

ln -s ~/.composer/vendor/bin/phpcs /usr/local/bin

ターミナルを閉じて、再度ターミナルを開き直します。以下のコマンドを実行して、PHP CodeSnifferがインストールされたことを確認してください。

phpcs --version

WordPress Coding Standardのインストール

次に、PHP CodeSnifferでチェックするWordPress Coding Standardをインストールします。

https://github.com/WordPress-Coding-Standards/WordPress-Coding-Standards

具体的にはターミナルを開いて以下のコマンドを実行します。

git clone -b master https://github.com/WordPress-Coding-Standards/WordPress-Coding-Standards.git ~/.composer/vendor/squizlabs/php_codesniffer/CodeSniffer/Standards/WordPress

PHP CodeSnifferでダウンロードしたWordPress Coding Standardが使用できるように、PHP CodeSnifferに認識させます。

phpcs --config-set installed_paths ~/.composer/vendor/squizlabs/php_codesniffer/CodeSniffer/Standards/WordPress

以下のコマンドを実行して、「WordPress」が表示されることを確認してください。

phpcs -i

SublimeLinter-phpcsのインストール

事前準備は完了です。続いて、Sublime Textを開き、PHP CodeSnifferが使用できるようにします。Package Controlを開き、「SublimeLinter-phpcs」パッケージをインストールしてください。なお、「Package Control」の使い方については、以下のリンクを参照してください。また、「SublimeLinter-phpcs」を使用するためには、事前に「SublimeLinter」パッケージをインストールしておく必要があります。

http://ottan.xyz/sublime-text-plugin-321/

次に、Sublime Textのメニューから「Sublime Text」→「Preferences」→「Package Settings」→「SublimeLinter」→「Settings – User」を開きます。(一部内容を省略しています)

{
    "user": {
        "debug": false,
        "delay": 0.25,
        "error_color": "D02000",
        "gutter_theme": "Packages/SublimeLinter/gutter-themes/Default/Default.gutter-theme",
        "gutter_theme_excludes": [],
        "lint_mode": "background",
        "linters": {
            "phpcs": {
                "@disable": false,
                "args": [],
                "excludes": [],
                "standard": "WordPress-Core"
            }
        },
        "mark_style": "outline",
        "no_column_highlights_line": false,
        "passive_warnings": false
    }
}

「user」→「linters」→「phpcs」→「standard」の内容を「WordPress-Core」に書き換えてください。書き換えたらSublime Textを再起動します。

SublimeLinter-phpcsを使用してコーディング規約を確認する

このようにWordPressコーディング規約に違反する箇所に「赤い丸」が表示されるようになります。また、該当行にカーソルを合わせると、ステータスバーに具体的なエラーメッセージが表示されるようになります。

https://make.wordpress.org/core/handbook/best-practices/coding-standards/php/

WordPressのコーディング規約に従い、可読性のあるコーディングを心がけましょう!

おまけ

PHP CodeSnifferはコマンドラインからも使用できます。ターミナルを開いて以下のコマンドを実行すると、一括でPHPファイルの内容を確認できます。

phpcs -p -s -v --standard=WordPress-Core ./*.php
この記事が気に入ったらいいねしよう!
関連記事
ご意見ボード
匿名で管理人に送信されます。※送信専用です。返信はできません。
ご指摘・ご意見
Top