システム環境設定をターミナル(defaultsコマンド)から設定する方法(Dock)

  1. 公開日:2016/07/11
  2. 更新日:
  3. Mac
  4. 0
3
SHARES
B!

システム環境設定をターミナル(defaultsコマンド)から設定する方法(一般) – OTTAN.XYZに引き続き、「システム環境設定」をdefaultsコマンドでなんとか使用シリーズです。defaultsコマンドの設定値の調べ方は上記記事を御覧ください。

今回は、「デスクトップとスクリーンセーバ」は割愛して、「Dock」編です。

システム環境設定をターミナルから設定する(Dock編)

Dockは、全てdefaultsコマンドで管理できます。

サイズ

Dockに表示するアプリケーションのアイコンのサイズを整数値(16〜128)で指定します。最小値を設定する場合は、以下のコマンドを実行します。

$ defaults write com.apple.dock tilesize -int 16

最大値を設定する場合は、以下のコマンドを実行します。

$ defaults write com.apple.dock tilesize -int 128

デフォルトの設定に戻すためには、以下のコマンドを実行します。

$ defaults delete com.apple.dock tilesize

拡大

まず、チェックボックスです。Dockのアイコンを拡大するかどうかを指定します。チェックボックスをオンにする場合は、以下のコマンドを実行します。

$ defaults write com.apple.dock magnification -bool true

チェックボックスをオフにする場合は、以下のコマンドを実行します。

defaults delete com.apple.dock magnification

続いて、拡大する場合のサイズを整数値(16〜128)で指定します。最小値を設定する場合は、以下のコマンドを実行します。

$ defaults write com.apple.dock largesize -int 16

最大値を設定する場合は、以下のコマンドを実行します。

$ defaults write com.apple.dock largesize -int 128

デフォルトの設定に戻すためには、以下のコマンドを実行します。

$ defaults delete com.apple.dock largesize

画面上の位置

Dockの位置を指定します。左に指定する場合は、以下のコマンドを実行します。

$ defaults write com.apple.dock orientation -string "left"

右に指定する場合は、以下のコマンドを実行します。

$ defaults write com.apple.dock orientation -string "right"

デフォルトの設定(下)に戻すためには、以下のコマンドを実行します。

$ defaults delete com.apple.dock orientation

ウインドウをしまうときのエフェクト

ウインドウをDockにしまうときのエフェクトを指定します。「スケールエフェクト」を指定する場合は、以下のコマンドを実行します。

$ defaults write com.apple.dock mineffect -string "scale"

デフォルトの設定(ジニーエフェクト)に戻すためには、以下のコマンドを実行します。

$ defaults delete com.apple.dock mineffect

ウインドウタイトルバーのダブルクリックで

まず、チェックボックスです。チェックボックスをオフにする場合は、以下のコマンドを実行します。

$ defaults write -g AppleActionOnDoubleClick -string "None"

チェックボックスをオンにし、「しまう」を指定する場合は、以下のコマンドを実行します。

$ defaults write -g AppleActionOnDoubleClick -string "Minimize"

デフォルトの設定(拡大/縮小)に戻すためには、以下のコマンドを実行します。

$ defaults delete -g AppleActionOnDoubleClick

ウインドウをアプリケーションアイコンにしまう

アプリケーションで開いているウインドウを、Dockの個別のアイコンに格納するのではなく、その開いているアプリケーションのアイコンにしまうかどうかを選択します。チェックボックスをオンにする場合は、以下のコマンドを実行します。

$ defaults write com.apple.dock minimize-to-application -bool true

チェックボックスをオフにする場合は、以下のコマンドを実行します。

$ defaults delete com.apple.dock minimize-to-application

起動中のアプリケーションをアニメションで表示

チェックボックスをオフにするためには、以下のコマンドを実行します。

$ defaults write com.apple.dock launchanim -bool false

チェックボックスをオンにするためには、以下のコマンドを実行します。

$ defaults delete com.apple.dock launchanim

Dockを自動的に隠す/表示

MacBookなどの解像度の低い端末では有効です。チェックボックスをオンにするためには、以下のコマンドを実行します。

$ defaults write com.apple.dock autohide -bool true

チェックボックスをオフにするためには、以下のコマンドを実行します。

$ defaults delete com.apple.dock autohide

起動済みのアプリケーションにインジケータを表示

チェックボックスがオンの状態では、起動済みアプリケーションのDockのアイコンの下に点が表示されます。デフォルトではオンです。チェックボックスをオフにするためには、以下のコマンドを実行します。

$ defaults write com.apple.dock show-process-indicators -bool false

チェックボックスをオフにするためには、以下のコマンドを実行します。

$ defaults delete com.apple.dock show-process-indicators

まとめ

com.apple.dockを変更した場合は、以下のコマンドを実行して、Dockを再起動してください。Dockの再起動により設定値が反映されます。それ以外の設定値については、再ログイン、もしくは端末を再起動してください(再起動が確実)。

$ killall Dock
この記事が気に入ったらいいねしよう!
こちらの記事も読まれています
ご意見ボード
匿名で管理人に送信されます。※送信専用です。返信はできません。
ご指摘・ご意見
Top