Twitter Bootstrap 3を用いてWordPressテーマを作成しよう③

  1. 公開日:2015/05/23
  2. 更新日:
  3. WordPress
  4. 0

Twitter Bootstrap 3を用いてWordPressテーマを作成しよう②は、Twitter Bootstrapの根幹となるグリッドシステムのご紹介から、メインコンテンツにアイキャッチ画像、タイトル、投稿の内容を表示させる、など盛りだくさんの内容でした

また、その中で、the_XXXX() 関数とget_the_XXXXX() 関数の違い、the_post() 関数についても詳しくご紹介しましていますので、まだの方はぜひご覧いただければと思います。前回までの完成図は以下の通りです。

前回の補足

the_post_thumbnail() 関数でアイキャッチ(サムネイル)画像を表示しましたが、WordPressでアイキャッチ画像を使用するためには、事前に使用することを「functions.php」で宣言する必要があります。「functions.php」を新規作成し、以下の宣言を追加してください。

add_action('after_setup_theme', function() {
    add_theme_support('post-thumbnails');
});

以下のような記述方法もあります。前者後者に内容に違いはありませんので、どちらか好きなスタイルを選択してください。前者の無名関数(関数の定義をしない)の方が若干スマートになります。(スマートになるだけで可読性が向上するかどうかは別のお話ですが)

function custom_theme_thumbnails() {
    add_theme_support('post-thumbnails');
}
add_action('after_setup_theme', 'custom_theme_thumbnails');

サイドバーコンテンツにウィジェットを表示する

では、本題に戻りましょう。今回は、メインコンテンツの右側、サイドバーコンテンツにウィジェットを表示します。ウィジェットを表示するためには、アイキャッチ画像と同様に、ウィジェットを使用する旨を「functions.php」であらかじめ宣言する必要があります。以下のコードを同ファイルに追加してください。

add_action('widgets_init', function() {
    register_sidebar(array('id' => 'sidebar-1', 'name' => 'Main Sidebar', 'description' => 'Main Sidebar', 'before_widget' => '<aside id="%1$s" class="widget %2$s">', 'after_widget' => '</aside>', 'before_title' => '<div class="widgettitle">', 'after_title' => '</div>'));
});

register_sidebar() 関数によりサイドバーの登録を行います。ここで登録したサイドバーはdynamic_sidebar() 関数で呼び出すことができます。register_sidebar() 関数の引数は、最低限「id」「name」「description」があれば構いません。

メインコンテンツとサイドバーコンテンツを独立させる

現在、メインコンテンツとサイドバーコンテンツは同一の「index.php」ファイルに書かれていますが、これをメインとサイドバーでファイルを分割することにします。分割したサイドバーは、メインからget_sidebar() 関数で呼び出すことができます。

まず、メインコンテンツ(index.php)は以下の通りです。get_sidebar() 関数を追加し、サイドバーを呼び出すようにしています。

<?php get_header(); ?>
<div class="container">
    <!-- Example row of columns -->
    <div class="row">
        <div class="col-sm-8">
            <?php if ( have_posts() ) : ?> // do stuff
            <?php endwhile; ?>
            <div>記事が見つかりませんでした。</div>
            <?php endif; ?> </div>
        <div class="col-sm-4">
            <?php get_sidebar(); ?> </div>
    </div>
</div>
<?php get_footer(); ?>

また、サイドバーコンテンツは、「sidebar.php」という名前で作成してください。「sidebar.php」の内容は以下の通りです。

<?php
if (is_active_sidebar('sidebar-1')) {
    dynamic_sidebar('sidebar-1');
}
?>

is_active_sidebar は、「functions.php」にサイドバーが定義されているかどうかを判定し、定義されていればtrue を、定義されていなければfalse を返します。また、dynamic_sidebar() 関数で、指定したサイドバーを呼び出します。たった、この3行でサイドバーは完成です!

「sidebar」とは銘打っていますが、任意の場所からdynamic_sidebar() 関数を呼び出すことができます。例えば、広告表示専用のサイドバーを定義し、それを投稿の本文中に追加するといった使い方もできます。

まとめ

ここまででだいぶブログらしくなってきました。長くなりましたので、今回はこの辺で。

この記事が気に入ったらいいねしよう!
関連記事
ご意見ボード
匿名で管理人に送信されます。※送信専用です。返信はできません。
ご指摘・ご意見
Top