Twitter Bootstrap 3を用いてWordPressテーマを作成しよう④

  1. 公開日:2015/05/23
  2. 更新日:
  3. WordPress
  4. 3

投稿ページの作成

Twitter Bootstrap 3を用いてWordPressテーマを作成しよう③まででメインとなる「index.php」では投稿一覧の表示まで行いました。今回は、投稿の個別ページを表示する「single.php」を作成します。「index.php」からリンクされたページは、WordPressにより「single.php」に誘導されるため、「index.php」に手を入れる必要は全くありません。

single.php

投稿個別ページと聞くと、何から手を付けなければいけないかわからない、という方もいらっしゃるかもしれませんが、個別ページの作成方法は投稿一覧とよく似ています。まず、前回までの「index.php」を見てください。

<div class="container">
    <!-- Example row of columns -->
    <div class="row">
        <div class="col-sm-8">
            <?php if ( have_posts() ) : ?>
            <?php while ( have_posts() ) : the_post() ?>
            <div class="row">
                <div class="col-sm-4">
                    <a href="<?php the_permalink(); ?>">
                        <?php the_post_thumbnail( array( 180, 9999 ) ); ?>
                    </a>
                </div>
                <div class="col-sm-8">
                    <h3><a href="<?php the_permalink(); ?>"><?php the_title(); ?></a></h3>
                    <div>
                        <?php the_excerpt(); ?>
                    </div>
                </div>
            </div>
            <?php endwhile; ?>
            <?php else : ?>
            <div>記事が見つかりませんでした。</div>
            <?php endif; ?> </div>
        <div class="col-sm-4">
            <?php get_sidebar(); ?> </div>
    </div>
</div>

これが前回までに作成した投稿一覧を表示する「index.php」です。続いて今回作成する、「single.php」の全容です。

<?php get_header(); ?>
<div class="container">
    <div class="row">
        <div class="col-sm-8">
            <?php if ( have_posts() ) : ?>
            <?php while ( have_posts() ) : the_post() ?>
            <h3><?php the_title(); ?></h3>
            <div>
                <?php the_content(); ?>
            </div>
        </div>
    </div>
    <?php endwhile; ?>
    <?php else : ?>
    <div>記事が見つかりませんでした。</div>
    <?php endif; ?>
    <div class="col-sm-4">
        <?php get_sidebar(); ?> </div>
</div>
<?php get_footer(); ?>

差異は当然あるにしても、「index.php」と作りが似ていることに気が付くと思います。投稿一覧を作成する際に使用した、have_posts() 関数や、the_post() 関数も登場します。これらの関数について詳細に知りたい場合は、Twitter Bootstrap 3を用いてWordPressテーマを作成しよう②で詳しくご紹介していますので是非参考にしてみてください。

投稿一覧と投稿個別ページで、唯一大きく異なるのがthe_excerpt() 関数ではなく、the_content() 関数を呼び出しているところです。前者は本文の抜粋でしたが、後者は本文の内容を全て表示します。これで投稿の内容を個別ページに出力することができました。

「index.php」と「single.php」には共通点が多い

ソースコードを参照すると、両者にあまり差異がないことに気付くかもしれません。複数のソースに同一の内容のコードを書いておくと、修正が発生した場合に、漏れなく全ての箇所を洗い出す必要があることから、共通化できるものは共通化しておいたほうがよいでしょう。

そこで、「index.php」に「single.php」の内容をマージし、必要な時だけ「single.php」の個別部分を呼び出すように、両者のソースコードを修正します。ただし、「single.php」という名前のファイルが存在すると、WordPressは投稿個別ページの呼び出し時にこのファイルを使用してしまうため、この時点で「single.php」は「content-single.php」に名称を変更します。

index.php

<?php get_header(); ?>
<div class="container">
    <!-- Example row of columns -->
    <div class="row">
        <div class="col-sm-8">
            <?php if ( have_posts() ) : ?>
            <?php while ( have_posts() ) : the_post() ?>
            <?php if ( is_single() ) { get_template_part( 'content-single' ); } else { ?>
            <div class="row">
                <div class="col-sm-4">
                    <a href="<?php the_permalink(); ?>">
                        <?php the_post_thumbnail( array( 180, 9999 ) ); ?>
                    </a>
                </div>
                <div class="col-sm-8">
                    <h3><a href="<?php the_permalink(); ?>"><?php the_title(); ?></a></h3>
                    <div>
                        <?php the_excerpt(); ?>
                    </div>
                </div>
            </div>
            <?php } ?>
            <?php endwhile; ?>
            <?php else : ?>
            <div>記事が見つかりませんでした。</div>
            <?php endif; ?> </div>
        <div class="col-sm-4">
            <?php get_sidebar(); ?> </div>
    </div>
</div>
<?php get_footer(); ?>

content-single.php

<?php the_title(); ?>
</h3>
<div>
    <?php the_content(); ?>
</div>

注目すべきは、「index.php」の分岐点です。is_single() 関数を使って、投稿個別ページかどうかを判定し、もしそうなら投稿個別ページのテンプレートを呼び出しています。テンプレートの呼び出しには、get_template_part() 関数を使います。

また、「content-single.php」については、「index.php」との共通部分を取り除いたところ、たった2行のソースコードにおさまりました。

投稿一覧ページも別ファイルとして作成する

WordPressには、投稿一覧、投稿個別ページのみならず、アーカイブページ、検索結果、カテゴリーページ、著者ページと多数のページが存在します。今後、このようなページについて、全て部品化していくことを考えると、投稿一覧ページについても、ファイルを分割した方がメンテナンス性がよさそうです。

というわけで、「index.php」から投稿一覧部分を切り出し、「content-index.php」という名前でファイルを保存します。

index.php

<?php get_header(); ?>
<div class="container">
    <!-- Example row of columns -->
    <div class="row">
        <div class="col-sm-8">
            <?php if ( have_posts() ) : ?>
            <?php while ( have_posts() ) : the_post() ?>
            <?php if ( is_single() ) { get_template_part( 'content-single' ); } else { get_template_part( 'content-index' ); } ?>
            <?php endwhile; ?>
            <?php else : ?>
            <div>記事が見つかりませんでした。</div>
            <?php endif; ?> </div>
        <div class="col-sm-4">
            <?php get_sidebar(); ?> </div>
    </div>
</div>
<?php get_footer(); ?>

content-index.php

<div class="row">
    <div class="col-sm-4">
        <a href="<?php the_permalink(); ?>">
            <?php the_post_thumbnail( array( 180, 9999 ) ); ?>
        </a>
    </div>
    <div class="col-sm-8">
        <h3><a href="<?php the_permalink(); ?>"><?php the_title(); ?></a></h3>
        <div>
            <?php the_excerpt(); ?>
        </div>
    </div>
</div>

これでだいぶ見通しがよくなりました。

まとめ

第4回までで、WordPressのテーマ開発に必要な知識の基本的な部分については全て揃いました。ページネーションやページャー、関連記事の表示など、細かな部分についてはまだまだ残っていますが、Twitter Bootstrap 3を使ったサイト構築の流れについては、一通り掴んでいただけたのではないでしょうか。連載としては今回が最後になります。最後までご愛読いただきましてありがとうございました。

本連載に対するご意見、ご要望、叱咤激励、何でもお待ちしております。コメント欄、または @おったんまでお願いします。

この記事が気に入ったらいいねしよう!
関連記事
ご意見ボード
匿名で管理人に送信されます。※送信専用です。返信はできません。
ご指摘・ご意見
  • TM

    大変参考になりました!
    ありがとうございます。

    • お役に立てたようで何よりです!

  • ottan

    お役に立てたようで何よりです!

Top