Twitterから気になるキーワードを含むツイートをEvernoteに収集する方法

  1. 公開日:2015/08/23
  2. 更新日:
  3. Web
  4. ,
  5. 0

Twitterは、もはや情報収集ツールとしては欠かせないものになっていますが、Twitterから気になるキーワードを常にチェックしておくのは大変です。そこで、キーワードを自動収集し、Evernoteに自動的に保存するIFTTTのレシピをご紹介します。

Twitterのキーワードを自動収集する

まず、以下のリンクにアクセスします。

https://twitter.com/search-advanced?lang=ja

収集したいキーワードを入力します。例えば、「iPhone」に関連する情報を収集したい場合は、「これらのすべての単語」に「iPhone」と入力します。「iPad」の情報も収集したい場合は、「これらの単語のどれか」に「iPhone iPad」と半角スペースを空けて入力します。入力し終えたら、「検索」ボタンをクリックします。

次に、以下のリンクにアクセスします。

http://page2rss.com/

「Page2RSS」は、RSSに対応していないページをRSSへ変換してくれるサービスです。「Page URL」に先ほど検索したページのURLを入力します。

画面右側にフィードのURLが表示されます。「RSS」のリンクをコピーしておきましょう。

IFTTTでレシピを作成する

ここからはConnect the apps you love – IFTTTでレシピを作成していきます。IFTTTについては、iPhoneでGmailを公式アプリを使わずにプッシュ通知で受け取る方法でも詳しくご紹介していますので、そちらも参照してください。

トリガーとして、「Feed」を選択します。

「Choose a Trigger」から「New feed item」を選択します。

「Feed URL」に先ほど「Page2RSS」で生成したRSSフィードのURLを入力します。

次にアクションとして「Evernote」を選択します。

「Chose a Action」から「Create a note」を選択します。

必要に応じて内容を修正します。

「Notebook」の名前は、デフォルトで「IFTTT Feed」となっていますが、必要であれば修正してください。最後に、「Create Action」をクリックします。

最後に、「Create a Recipe」ボタンをクリックすれば完了です。

まとめ

Twitterは、情報収集ツールとして欠かせないものです。Twitterから最新情報が手に入ることも珍しくありません。気になるキーワードがあれば、ぜひこのレシピを有効活用してくださいね。

この記事が気に入ったらいいねしよう!
関連記事
ご意見ボード
匿名で管理人に送信されます。※送信専用です。返信はできません。
ご指摘・ご意見
Top