VirtualBoxにUbuntu 14.04.2 LTSをインストールする方法

  1. 公開日:2015/09/06
  2. 更新日:
  3. Mac
  4. ,
  5. 0
6
SHARES
B!

Ubuntuのインストールについては、OS X YosemiteとUbuntu 14.04.2 LTSのデュアルブート環境を構築するで1回ご紹介していますが、デュアルブート環境を構築するのはやや敷居が高いため、より手軽な手段が欲しいという場合には、OracleのVirtualBoxを使用する方法があります。今回は、VirtualBoxにUbuntuをインストールするまでの流れをご紹介したいと思います。

photo credit: Ubuntu 11.10 Oneiric Ocelot 2 via photopin (license)

VirtualBoxにUbuntuをインストールする

以下の手順でUbuntuをVirtualBoxにインストールします。

  1. Ubuntuのダウンロード
  2. 仮想マシンの作成
  3. Ubuntuのインストール

Ubuntuのダウンロード

Ubuntuのダウンロードは、以下のリンクから行います。

http://www.ubuntu.com/desktop

「Download Ubuntu」をクリックします。

「Download」をクリックします。

画面最下部の「Not now, take me to the download」をクリックします。

仮想マシンの作成

VirtualBoxを起動したら、「新規」をクリックします。

「タイプ」は「Linux」、「バージョン」は「Ubuntu (64bit)」を選択します。名前は任意の名称で構いません。「続ける」をクリックします。

「メモリーサイズ」は、デフォルトの「512MB」では心許ないので、「1024MB」に変更します。「続ける」をクリックします。

そのまま「続ける」をクリックします。

そのまま「続ける」をクリックします。

そのまま「続ける」をクリックします。

「作成」をクリックします。

仮想マシンの作成が完了したら、作成した仮想マシンを選択した状態で「起動」をクリックします。

Ubuntuのインストール

ダウンロードした「ubuntu-14.04.3-desktop-amd64.iso」を選択し、「Start」をクリックします。

言語は「日本語」を選択し、「Ubuntuをインストール」をクリックします。

「インストール中にアップデートをダウンロードする」、「サードパーティーのソフトウェアをインストールする」をチェックし、「続ける」をクリックします。

そのまま「インストール」をクリックします。

警告ダイアログが表示されますが、そのまま「続ける」をクリックします。

そのまま「続ける」をクリックします。

そのまま「続ける」をクリックします。

項目を全て入力して「続ける」をクリックします。「あなたの名前」は、ログイン後に表示される名前です。「ユーザー名」とは異なりますので注意してください。

Ubuntuのインストールが始まります。しばらく時間がかかります。

「今すぐ再起動する」をクリックします。

デフォルトでは解像度が低すぎるので拡張パックをインストールします。Ubuntuを起動した状態で、メニューの「Devices」→「Insert Guest Additions CD Image」をクリックします。

「実行する」ボタンをクリックします。この状態では解像度が低く、「実行する」が隠れてしまっていることに気が付くと思います。

最後に作成したアカウントのパスワードを入力して、「認証する」をクリックします。

再起動してUbuntuのインストールは完了です。

まとめ

VirtualBoxを使用すれば簡単にUbuntuの環境を構築することができます。手軽なLinuxの検証環境が欲しい場合は、ぜひお試しください。

この記事が気に入ったらいいねしよう!
こちらの記事も読まれています
ご意見ボード
匿名で管理人に送信されます。※送信専用です。返信はできません。
ご指摘・ご意見
Top