Windows 10(Anniversary Update)で、Cortanaを恒久的に無効化する方法

  1. 公開日:
  2. Windows
  3. 0

Windows 10からMicrosoftのパーソナルアシスタントである「Cortana」が標準で搭載されるようになりました。Windows 10の大型アップデートである「Anniversary Update」以前は、「Cortana」を使用したくない場合は、「設定」から簡単にオフにすることができたのですが、同アップデート後はその項目は削除されてしまいました。今回は、「Anniversary Update」後に「Cortana」を恒久的にオフにする方法をご紹介します。(Microsoftに余計な情報収集されたくないしね!)

Windows 10でCortanaをオフにする

タスクバーに表示されている検索ボックスをクリックすると、このように「Cortana」が語りかけてきます。ただ、ファイルやアプリケーションを検索したいだけなのに…。ちょっと、冗談を聞いてみたい気もしますが、ここでは心を鬼にして無効化してしまいます。

「ローカルグループポリシーエディタ」を使用できる場合

「ローカルグループポリシーエディタ」が使用できるかどうかで、無効化する方法が異なります。「Windows 10 Professional」以上のエディションには、標準でインストールされていると思います。「ローカルグループポリシーエディタ」を使用しない方法は後述します。

「ファイル名を指定して実行」を開き、「gpedit.msc」と入力します。

「ローカルグループポリシーエディタ」が起動したら、「コンピュータの構成」→「管理用テンプレート」→「Windowsコンポーネント」→「検索」と進み、「Cortanaを許可する」をダブルクリックします。デフォルトでは「未構成」となっています。

「無効」にして、「OK」をクリックします。Windows 10を再起動します。

「Cortana」の面影が無くなりました。

レジストリエディタで編集する場合

「ローカルグループポリシーエディタ」が使用できない場合は、レジストリを直接編集します。「ローカルグループポリシーエディタ」も、結果的にはレジストリを編集しています。レジストリを誤って編集すると、最悪の場合OSが起動できなくなる可能性があります。事前にバックアップを取得するなど、十分注意して作業を行ってください。

「ファイル名を指定して実行」で「regedit」と入力します。

「HKEY_LOCAL_MACHINE」→「SOFTWARE」→「Policies」→「Microsoft」→「Windows」と進みます。「Windows」キーの配下に「Windows Search」というキーがあるかどうか確認します。キーが存在しない場合は、「Windows」キーを「右クリック」→「新規」→「キー」で「Windows Search」というキーを新規作成してください。

「Windows Search」というキーが作成できました。デフォルトでは何も設定されていません。

「Windows Search」キー内で「右クリック」→「新規」→「DWORD(32ビット)値」をクリックします。

「値の名前」を「AllowCortana」とし、「値のデータ」を「0」にします(デフォルトで、「値のデータ」は「0」になっています)。「OK」をクリックしたら、Windowsを再起動します。

「設定」からも、何事もなかったかのように「Cortana」が消え失せました。

この記事が気に入ったらいいねしよう!
関連記事
ご意見ボード
匿名で管理人に送信されます。※送信専用です。返信はできません。
ご指摘・ご意見
Top