WordPressのテーマやプラグイン開発のためにAtomに導入したパッケージ(2016年版)

  1. 公開日:2016/05/28
  2. 更新日:
  3. WordPress
  4. 0

Sublime Textはお気に入りのエディタですが、有償のソフトウェアです。無期限で試用することはできますが、永続的に使用するためにはライセンス料を支払う必要があります。高機能なエディタで非常に便利ですが、ライセンス料がやや高く、初心者にとっては敷居が高いかもしれません。

http://ottan.xyz/atom-plugin-8-2207/

そこで、今回は無償で、かつWindows、Macの両方で使用できる「Atom」を紹介します。「Atom」については以前も1回まとめていますので、こちらもご参照ください。

WordPress開発のためのAtomの設定

何はともあれ、Atomをダウンロードしましょう。

https://atom.io/

下準備

次に、初期設定、パッケージのインストールを進めていきます。

ターミナルから簡単にパッケージをインストールすることのできるコマンドをインストールしておくと便利です。Atomを起動し、「Atom」→「Install Shell Commands」を選択します。これで「apm」「atom」コマンドが使用できるようになります。

インデント及びガイドラインの表示

初期設定では「インデント」のガイドラインやタブ文字が表示されません。

そこで、+,を押し、「Settings」を開きます。「Show Indent Guide」「Show Invisibles」をチェックします。

これで、インデントのガイドライン、タブ文字が表示されるようになるため、コードが見やすくなります。

インデントにタブを強制

WordPressのコーディング規約では、インデントは半角スペースではなくタブ文字を使用するように決められています。そこで、インデントを強制的にタブ文字で行うように設定を変更します。「Settings」の「Tab Type」を「hard」に設定しておきましょう。

https://make.wordpress.org/core/handbook/best-practices/coding-standards/php/

WordPress開発のためにAtomに導入したいパッケージ

次に、Atomの見栄えを整えたり、より便利に使用するためのパッケージを紹介します。パッケージはGUIからもインストールできますが、ターミナルを使用すれば一括でインストールできるので便利です。

file-icons

無機質なファイルのアイコンが少しオシャレになります。ファイルの拡張子によってアイコンが変更されるので、ファイルの見分けがしやすくなります。

apm install file-icons

linter-phpcs

「linter-phpcs」を使用すれば、簡単にWordPressのコーディング規約に沿ったコーディングをすることができます。規約に沿っていない場合は警告を表示してくれます。

事前に、Sublime TextでWordPressのコーディング規約に遵守したコーディングを効率的に行おう!でもご紹介した、「phpcs」をインストールします。「phpcs」のインストールについては、上記リンクをご参照ください。

また、「linter-phpcs」をインストールするためには、あらかじめ「linter」と呼ばれるパッケージをインストールしておく必要があります。

apm install linter
apm install linter-phpcs

「linter-phpcs」をインストールしたら、パッケージの設定を変更しておきましょう。

+,を押して「Settings」を開いたら、「Package」から「linter-phpcs」の「Settings」をクリックします。

「Code Standard Or Config File」を「WordPress-Core」に変更します。

これで、WordPressのコーディング規約に違反する箇所があれば自動的に指摘してくれるようになります。

color-picker

CSS、SCSS、SASSの編集に便利なパッケージです。++Cでカラーパレットを表示します。

apm install color-picker

wordpress-api

WordPressで使用する関数をオートコンプリートの候補に追加できるパッケージです。WordPress開発でAtomを使用するなら必須のパッケージです。

apm install wordpress-api

aligner-php

配列や変数の位置を簡単に揃えるためのパッケージです。事前に「aligner」と呼ばれるパッケージをインストールしておく必要があります。

apm install aligner
apm install aligner-php

例えば、上記のように変数の後の「=」の位置を統一したいことがあります。この時、位置を統一したい行を選択した状態で、++/を押すと、

このように位置が揃います。連想配列などで活躍します。

project-manager

Atomにはプロジェクトいう概念が存在しますが、プロジェクトを簡単に管理できるようにするパッケージが「project-manager」です。

apm install project-manager

メニューの「File」→「Add Project Folder」から、1つのプロジェクトにまとめたいフォルダを追加します。この状態で、メニューの「Packages」→「Project Manager」→「Save Project」でプロジェクトを保存します。

次回以降は、++Pで保存したプロジェクトの一覧が表示されるため簡単に編集できるようになります。

tag

HTMLを編集するならば是非導入しておきたいパッケージです。

apm install tag

タグを閉じる際に自動的に補完してくれるようになります。

例えば、上記のように<p>を閉じる際に、</まで入力すると、

自動的にタグを閉じてくれます。

trailing-spaces

ソースコードの不要なスペースを抹殺してくれる素敵なパッケージです。

apm install trailing-spaces

例えば、上記のように末尾に半角スペースが入っている場合、この状態で上書き保存すると、

末尾の不要な半角スペースを自動的に削除してくれます。

autocomplete-paths

include()require()などでライブラリを読み込みたい場合に、パスを補完してくれるパッケージです。

apm install autocomplete-paths

例えば、上記のように途中まで入力すれば自動的にパスを補完してくれるようになります。

highlight-selected

選択している単語をソースコード全体でハイライトしてくれるパッケージです。

apm install highlight-selected

上記のように選択した単語が全てハイライト表示されるため、ある変数がどこでどのように使用されているのか簡単に追うことができるようになります。

docblockr

関数やクラスのコメントを自動的に補完してくれるパッケージです。

apm install docblockr

関数やクラスの手前で、/**を入力して、を押すと、自動的にコメントが補完されます。

この記事が気に入ったらいいねしよう!
関連記事
ご意見ボード
匿名で管理人に送信されます。※送信専用です。返信はできません。
ご指摘・ご意見
Top