Amazon Echoの初期セットアップのトラブルシューティング(デバイスの登録に失敗しました or エラー1)

iPhone Amazon Echo Tips

この記事は公開されてから1年以上が経過しています。情報が古い可能性がありますのでご注意ください。

2017 年 11 月 15 日に、米国 Amazon の販売するスマートスピーカー「Amazon Echo」が日本でも発売開始されました。「スキル」と呼ばれる、iPhone のアプリケーションのようなものを有効化することで、音声だけでさまざまなサービスの恩恵を受けたり、Amazon Alexa に対応したスマート家電を操作できます。2017 年 11 月 17 日までの注文であれば、Amazon Prime 会員なら割引されるため、申し込んだ方も多かったのではないでしょうか。

さて、Amazon Echo のセットアップについて、インターネット上で公開されている記事を拝見すると「スマホのアプリがあれば簡単セットアップ!」とあります。あっさりセットアップできるものと思いきや、思わぬところでつまずいてしまったため、後学のために残しておこうと思います。

2017/12/18 追記

Amazon.co.jp カスタマーセンターより連絡があり、ここでご紹介しているトラブルに関する事例は現在解消しているとのことです。(ただし、Amazon.com と Amazon.co.jp アカウントを統合している場合、下記でご紹介しているように両アカウントでパスワードを別々のものを使用した方が良いでしょう)

Amazon Echo の初期セットアップに関するトラブルシューティング

セットアップでつまずく可能性があるとすれば、2 点目の「デバイスの登録に失敗しました」というエラーと思われます。1 点目の Wi-Fi ネットワークに関するトラブルシューティングは参考までにご覧ください。

Wi-Fi ネットワークに関するトラブルシューティング

Amazon Echo は、インターネット接続が前提のサービスとなっています。そのため、家庭内に Wi-Fi ネットワークが整備されている必要があります。スマートフォンをお持ちの方であれば、大抵の場合、この問題はすでにクリアしていると思われますし、注文する時点でこの条件を満たしていると思いますので、詳細は割愛します。ポイントだけ記しておきます。

  • Amazon Echo は、デュアルバンド(2.4GHz、5GHz)に対応している。(ただし、対応している 5GHz 帯のチャンネルは、36、40、44、48 のみ。チャンネルを自動で設定している場合は要注意
  • サポートしている無線 LAN の規格は、802.11a/b/g/n のみであり、802.11ac には対応していない
  • 通信の暗号化方式は、できれば AES のみ使用を推奨(むしろ、他のデバイスにおいても AES を使用するべき)。プロトコルは WPA もしくは WPA2 に対応しているが、できれば WPA2 のみ使用を推奨
  • 無線 LAN ルーターをブロードバンドルータとブリッジ接続している、無線 LAN 中継器を使用している場合等でも、他の端末がその Wi-Fi ネットワークに接続できていれば問題なし
  • そもそも他の端末がその Wi-Fi ネットワークに接続できないという状況であれば、Amazon Echo ではなくネットワーク側の問題
    • ルーターの再起動
    • MAC アドレス制御
    • ファイアウォール
    • DHCP による IP アドレスの重複割り当て
    • ペットが勝手にケーブルを抜いていた
    • ステルス機能を有効にしているため SSID が見えなかっただけ
    • 回線が貧弱すぎた

Wi-Fi ネットワークに問題がないにもかかわらず、Wi-Fi セットアップが完了できない場合は以下の原因が考えられます。

Amazon Alexa アプリによるセットアップ時の最大の問題

Amazon Echo のセットアップは、iOS/Android/ブラウザから行います。

https://alexa.amazon.co.jp/

から実施します。どの手段を用いた場合においても、セットアップ方法に大きな変更点はないため、ここでは iOS のアプリを使用した場合のセットアップ手順をご紹介します。通常はセットアップウィザードの内容にしたがって、画面の指示通りにセットアップが完了するはずなのですが。

Amazon Alexa アプリを App Store からダウンロードしたらアプリを開きます。Amazon Echo は工場セットアップ時の状態においては、Wi-Fi ネットワークに接続されていません。iPhone と Amazon Echo をアドホック接続1し、Amazon Echo の Wi-Fi をセットアップするという手順になっています。

左上のメニューを開き、「設定」をタップします。

購入した Amazon アカウントで Amazon Alexa アプリにサインインします。すでに Amazon アカウントに Amazon Echo が登録された状態となっているため、そのデバイスを選択します。もし、表示されない場合は、新規セットアップを実施します。新規デバイスを登録を選択し、お使いのデバイス(Amazon Echo Plus、Echo、Echo Dot)に合わせてセットアップをタップしてください。

「Wi-Fi を更新」をタップして、Wi-Fi ネットワークに接続するためのセットアップを行います。とくに何も問題がなければこの手順に沿ってセットアップを進めるだけで良いのですが。

しばらくするとこのような画面になります。Amazon Echo を電源に接続すると、Amazon Echo の上部の光(ライトリングと呼ばれています)が青色からオレンジ色に点灯します。このオレンジ色の状態は Amazon Echo がセットアップ状態であることを示しており、Amazon Echo とアドホック接続可能な状態です。もし、Amazon Echo を電源に接続してもこのような状態にならない場合は、上部のマイクボタンと音量下げるボタンを押し続けることによってリセットできます。この手順は下記のトラブルシューティングでも使用しますので覚えておいてください。

この画面が表示されたら、「設定」アプリを開き、Wi-Fi の設定から「Amazon-XXX」という SSID の Wi-Fi ネットワークを選択します。このネットワークに接続することで、Amazon Echo と iPhone がアドホック接続されます。

さて、順調にセットアップが完了すると、Amazon Echo を接続する Wi-Fi ネットワーク(SSID)を選択する画面になります。ここで接続したい Wi-Fi ネットワークを選択し、事前共有鍵(パスワード)を入力するとセットアップ完了!となるはずだったのですが、ここで思わぬ事態に。

以下のようなエラーが表示された方、要チェックです。

  • デバイスを登録中にエラーが発生しました
  • デバイスを Wi-Fi ネットワークに接続できませんでした
  • エラー 1
  • エラー 12:1:107:22:1
  • エラー 6:1:103:0:1

上記のエラー 1以外の場合は、以下の手順を試します。

  • Amazon Alexa アプリを削除し、再度 App Store からインストール
  • Amazon Alexa アプリからサインアウト
  • Wi-Fi ネットワーク接続時に「Amazon へのパスワードの保存」のチェックを外す
  • Amazon Echo をリセット(マイクボタンと音量下げるボタンを長押し)し、セットアップを最初からやり直す

この手順を繰り返すことで、何度目かのチャレンジで Wi-Fi ネットワークに接続できることがあります。しかし、エラー 1が表示された場合、おそらく何回試してみても Wi-Fi ネットワークに接続できません。

原因は、Amazon.co.jp と Amazon.com のアカウント統合(記事執筆時点)

筆者自身、上記のエラー 1の負のループに陥り、Amazon Echo のセットアップが完了しないという事態に見舞われ、徹夜しかけました。Amazon Alexa アプリに普段使用している Amazon アカウントとは異なるアカウントでサインインしたところ、すんなりセットアップを完了させることができました。そこで、原因を探っていったところ、どうやら過去に Amazon.co.jp と Amazon.com でアカウントを統合している場合に上記のエラーが発生ている人が多いということがわかりました。アカウントを統合している場合、Alexa サインイン時に、.co.jp ではなく .com へ接続され、正常にセットアップが完了していないものと思われます。

この問題、Kindle でも発生していました。その際は、以下の対策を行うことで Kindle サインイン時にどちらへ接続するかが判別され解決できたのですが。

  • Amazon.com と Amazon.co.jp のメールアドレスを違うものにする
  • Amazon.com と Amazon.co.jp のパスワードを違うものにする

アカウントを統合している場合、Amazon Alexa をセットアップする際に、Amazon.com のアカウントでサインインすればセットアップを正常に完了できたという報告もあります。その場合 Amazon Echo 自体は使用できるのですが、Amazon.co.jp の特典(Prime Music など)を受けることができません(Amazon.com として紐づいてしまうため)。とはいえ、アカウントを統合しているからといって、Amazon.com のアカウントを解約しても意味がありません。むしろ、Amazon.com で購入した Kindle などのデジタルコンテンツを利用できなくなるデメリットしかありません。また、Amazon.co.jp と Amazon.com のアカウントの統合を解除することもできません。という訳で、Amazon.co.jp のカスタマーセンターに連絡しているのですが、現在のところ良い解決策が見つかっていません(見つかった場合は追記します)。

なお、Amazon.com アカウントで Amazon Alexa アプリにサインインできないという場合、ブラウザでこちらの URL を開きサインインしてみてください。

https://alexa.amazon.com/

暫定対処は、Amazon.co.jp のアカウントを新規作成し、Amazon Prime を使用しているアカウントの家族アカウントとして追加すること

Amazon.co.jp と Amazon.com のアカウントを統合してしまっている場合は、記事執筆時点では以下の暫定対処を行うしかなさそうです。

  1. Amazon.co.jp のアカウントを新規作成する(もしくは、家族の Amazon.co.jp のアカウントを借りる)
  2. こちらでご紹介している記事の内容に従い、Amazon Prime の家族会員に上記の Amazon.co.jp のアカウントを追加する
  3. 新規作成した Amazon.co.jp で Amazon Alexa アプリにサインインする

難点としては、本来なら使用したいアカウントに紐づく情報(注文履歴、注文状況の確認、支払方法など)を Amazon Echo から得ることができないということです。(Amazon Echo とし使用することはできるのですが、何か不満)。また、Amazon Alexa は、家族会員を認識しないようで、新規作成したアカウント(もしくは家族のアカウントなど)を使用して Amazon Alexa にサインインしておく必要があります。統合したアカウントでサインインしてもセットアップしたデバイスは見えません。アカウントの管理の手間が増えるのでなんとかしていただきたいところです。

上記の画面が表示されたらセットアップ完了です!おめでとうございます!まさかこのような落とし穴があるとは思いませんでした。この画面に行き着くまでに一晩かかりました。時はすべてを解決してくれませんでした。

Amazon.co.jp と Amazon.com のアカウントの統合とは

さて、Amazon アカウントについて少し余談ですがお話ししておきます。Amazon はご存知の通り、全世界で展開していますが、各国において Amazon アカウントは異なります。しかし、日本のAmazonで取り扱っていない商品を米国で購入したい場合、Amazon.co.jp のアカウントは別に Amazon.com のアカウントを作る必要があります。ここで過去に問題が発生しました。

それは、Kindle の登場です。Amazon.co.jp と Amazon.com のアカウントを統合している人は、Kindle を利用している人だと思います(多分)。というのも、Kindleの残念な仕様として、Kindle デバイスはいずれか 1 つの Amazon アカウントとしか紐づけることができないというものがあります。Kindle デバイスはいずれかの Amazon アカウントに紐づける必要があります。Amazon アカウントでサインインすれば自動的に紐づけられますが、他の Amazon アカウント紐づけたい場合は、すでに紐づけている Amazon アカウントの登録を解除する必要があります。

たとえば、日本では販売されていない洋書を米国で購入した場合、Kindle デバイスで読むためには Amazon.com のアカウントでサインインするしかありませんでした。しかし、日本人であれば Amazon.co.jp で購入した Kindle 書籍を読むことの方が多いはず。Amazon.com の書籍を読むために、いったん Amazon.co.jp に紐づいた Kindle デバイスの情報をいったん削除する。そして、Amazon.com のアカウントでサインインして Amazon.com に紐づけなければならない、そして読み終わったら逆のことを行う、これは面倒くさい仕様です。

そこで、解決策として登場したのが、Amazon.co.jp と Amazon.com のアカウントの統合です。両方のアカウントを統合することにより、Amazon.co.jp のアカウントと Kindle デバイスを紐づけた場合においても、Amazon.com で購入した書籍を読むことができる、という訳です。また、当時は日本で Kindle が登場する前に米国の Kindle を使用していて、米国の Amazon.com で書籍を購入していたという人も多かったのだと思います。

アカウント統合でトラブル発生の事例

しかし、アカウント統合後にトラブルが後をたちませんでした。例えば、以下のようなトラブルです。

  • 新規購入した Kindle デバイスに、Amazon.co.jp アカウントでサインインしても、Amazon.com の書籍しか表示されない
  • Amazon.com で購入した書籍が表示されないといったトラブルです。

Kindle でアカウントを認識する際に、Amazon.co.jp のアカウントでサインインしたにもかかわらず、Amazon.com のアカウントとして認識されてしまったのが原因です。Kindle デバイスで Amazon.co.jp のコンテンツを読み込めないという事態が発生していたのです。Amazon のアカウントは複数にわかれているにもかかわらず、Kindle デバイスは全世界共通なのです。しかも、その Amazon アカウントを統合しているにもかかわらず、Kindle の内部処理はアカウントがわかれているようなのです。対処策としては、以下があげられました。

  • Amazon.co.jp と Amazon.com で同一メールアドレスを使用している場合は、異なるメールアドレスを使用する(不便)
  • Amazon.co.jp と Amazon.com で同一メールアドレスを使用したい場合は、アカウントのパスワードを異なるものにする(推称)

Amazon.co.jp と Amazon.com のアカウント情報が異なれば、Kindle デバイスで認識する際に、一致する方に勝手に認識されるという、なんともアナログな感じのする対処法です。

Amazon Echo セットアップ時には Kindle の対処作が使えない

Kindle の事を思い出し、とっさに Amazon.co.jp と Amazon.com のアカウント情報を確認しました。メールアドレスは同一でしたが、パスワードは異なるものにしていました。また、アカウント統合に関するトラブルという事であれば、と Amazon.com のメールアドレスを変更してみましたが、事態は進展しませんでした。

まとめ

Amazon.co.jp と Amazon.com のアカウントを統合している場合には注意が必要です。デバイスを登録中にエラーが発生しました(エラー 1)の負のループに見舞われた場合のまとめです。

  • Amazon.co.jp と Amazon.com のアカウント統合を実施している場合に発生する
  • Amazon.co.jp と Amazon.com のアカウント統合は解除できない(カスタマーサポートに連絡すれば、運が良ければ対処してもらえるかもしれない。むしろ運が悪くても対処してほしい)
  • アカウント統合を解除したいからといって、Amazon.com のアカウントを削除しない。削除しても解決しない上、Kindle など Amazon.com のデジタルコンテンツを利用できなくなる
  • Amazon.com のアカウントと統合していないアカウント(家族アカウント等)を使用して Amazon Echo をセットアップする
  • Amazon Prime(メインのアカウント)に、家族アカウントとして新規アカウントを追加すれば Amazon Prime の恩恵は受けられる
  • Amazon.co.jp のデジタルコンテンツはあきらめて、Amazon.com アカウントでサインインしてセットアップする
  • Amazon Alexa アプリで操作したい場合は、新規作成したアカウントでサインインする
  • Amazon Echo でエラーが発生したら、とりあえずマイクボタンと音量下げるボタンを長押しし Amazon Echo を初期化する
  • Amazon Alexa アプリからサインアウトできなくなった場合は、アプリを削除してインストールし直せば可能

しかありません。カスタマーサポートから連絡があり次第、状況を追記していきたいと思います。このトラブルがなければ素晴らしいデバイスだと個人的には思うのですが。


  1. iPhone、Amazon Echo 間だけで通信可能な状態で、インターネットなど外部ネットワークには接続できない状態。余談ですがアドホック接続で印刷できるプリンターなどもあります。 [return]
Twitter Facebook B! はてブ

関連記事

comments powered by Disqus