iPhone Mac

Apple Musicの自動更新がオンになっていないかどうか確認しよう!Apple Musicの自動更新をオフにする方法

投稿日:

Apple Musicはデフォルトでは、無料トライアル期間(3ヶ月)終了後に、デフォルトで課金される仕組みになっているため注意が必要です。Apple Musicをそのまま使用する人にとっては何の問題もありませんが、使用しない人にとっては無駄に月額980円を支払うことになってしまいますので、今の内に自動更新がオフになっていることを確認しておきましょう。

Apple Musicの自動更新をオフにする

Apple Musicの無料トライアルに加入している場合、デフォルトではトライアル期間終了後に、自動更新されるようになっています。その場合、デフォルトでは月額980円が発生してしまうため、自動更新がオフになっていることを確認する必要があります。そこで、間も無く終了する人が多いであろう、無料トライアル期間終了後にサブスクリプション契約の自動更新をオフにする方法をご紹介します。

Apple Musicの自動更新をオフにする方法

ミュージックアプリを開き、「My Music」をタップしたら、左上のアカウントのアイコンをタップします。

「Apple IDを表示」をタップします。

「購読」という項目の「管理」をタップします。「管理」をタップします。

すると、人によってはEvernoteなど別のアプリの購読について表示される場合がありますが、ここでは、「Apple Music メンバーシップ」をタップしてください。

「自動更新」がオンになっている場合は、この画面で自動更新をオフにします。すでに自動更新をオフにしている場合は、図のように表示されることはありません。この状態であれば、無料トライアル期間終了後、自動的に課金されることはありませんのでご安心ください。「自動更新」が表示されている場合は、「オフ」にしておきましょう。

まとめ

Apple Musicの自動更新がデフォルトでオンになっていることに気付かず、無料トライアル期間が終了してみれば、いつの間にか課金されていた、ということにならないように注意しておきましょう。それにしてもデフォルトで自動更新をオンにする手法もどうかと思いますが。

-iPhone, Mac
-

執筆者: