Apple IDの2段階認証を有効にする方法

Apple IDの2段階認証プロセスを有効化する方法をご紹介します。2段階認証プロセスとは、通常のログイン時のパスワードに加えて、ワンタイムパスワードと呼ばれる1回限りのパスワードを入力することで、アカウントのセキュリティを高めるために有効な方法です。

2段階認証については、過去の記事も参照ください。

  1. Googleアカウントの2段階認証を有効にする方法
  2. Evernoteアカウントの2段階認証を有効にする方法
  3. Dropboxアカウントの2段階認証を有効にする方法
  4. Yahooアカウントの2段階認証を有効にする方法
  5. Facebookアカウントの2段階認証を有効にする方法

Apple IDのセキュリティ強化

2段階認証を有効にすることで、従来のApple IDのパスワードに追加して、ワンタイムパスワードによる認証が必要になります。その結果、ワンタイムパスワードを発行できるiPhoneを持っている本人からしか、各種サービスへのサインインができなくなります。

2段階認証を有効にする方法

Apple IDの2段階認証を有効にするためには、以下のリンクからApple IDの管理ページにアクセスします。

Apple ID

Your Apple ID is the account you use for all Apple services.

「Apple ID を管理」ボタンをクリックします。

Apple IDとパスワードを入力して、「サインイン」ボタンをクリックします。

セキュリティ質問の回答を入力して、「続ける」ボタンをクリックします。

2ステップ認証の「利用を開始する」をクリックします。

「続ける」ボタンをクリックします。

「続ける」ボタンをクリックします。

「設定を開始する」ボタンをクリックします。

「電話番号を追加」をクリックします。

iPhoneの電話番号を入力して、「次へ」ボタンをクリックします。

iPhoneで受信したSMSに記載されている「確認コード」を入力します。

「続ける」ボタンをクリックします。

万が一、iPhoneを紛失した場合に備えて、復旧キーをメモしておきます。重要なパスワードになりますので、例えば1Passwordのセキュアノートなどにメモしておきます。

表示された復旧キーを入力して「確認」ボタンをクリックします。

「2ステップ認証を有効にする」ボタンをクリックします。

「終了」ボタンをクリックします。

2段階認証を使用してサインインする

いったんサインアウトして、再度「Apple ID を管理」ボタンをクリックします。

先ほど登録した電話番号の下2桁が表示されていることを確認して、「続ける」ボタンをクリックします。

iPhoneで受信したSMSに記載されている「確認コード」を入力します。

App用パスワードを生成する

Apple IDの2段階認証に対応していないアプリケーションを利用する場合は、App用パスワードが必要になります。例えば、MacではFaceTimeが2段階認証に対応していないため、サインインするためには、App用パスワードが必要になります。「App用パスワードを作成」をクリックします。

App用パスワードを使用するアプリケーションの名称(例:FaceTime)を入力します。分かりやすい名称を付与するといいでしょう。

App用パスワードが生成されるため、このパスワードを入力してApple IDでサインインします。

FaceTimeのアプリケーションを開いたら、パスワードに先ほど生成したApp用パスワードを入力します。

まとめ

Apple IDの2段階認証を有効にすることで、指定した番号のiPhoneを保有する人物のみ、App用パスワードを生成できるようになるため、セキュリティが向上します。まだ、Apple IDの2段階認証を有効にしていない方は、この機会に有効にしてしまいましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で