Atomの設定、キーマップ、スニペット、パッケージを複数の端末間で同期する「sync-settings」

Mac Atom Development WordPress

この記事は公開されてから1年以上が経過しています。情報が古い可能性がありますのでご注意ください。

Sublime Text は、Dropbox 経由でパッケージを同期することで、複数の端末間で同一の環境を簡単に構築することができました。Atom についても、ホームディレクトリ配下の.atomディレクトリをオンラインストレージ経由で同期することで同一の環境を構築することも可能ですが、Atom には設定を同期するための専用のパッケージが用意されているので、こちらを使用すると便利です。

Atom の設定、パッケージを同期する「sync-settings」

Atom を起動したら、メニューの「Atom」→「Install Shell Commands」から「app」コマンドをインストールしておきます。ターミナルを開いて以下のコマンドを実行します。

apm install sync-settings

GitHub のアクセストークンの取得

「sync-settings」パッケージは、GitHub の Gist を経由して Atom の設定やパッケージの情報を同期します。そのために、事前に GitHub にアクセスするためのアクセストークン、および「Secret Gist」の用意が必要です。

https://github.com/

まず、上記のリンクから「GitHub」にアクセスします。

右上のプロフィールから「Settings」をクリックします。

サイドメニューの「Personal access tokens」をクリックします。

「Generate new token」をクリックします。

「Token description」に任意の名称を入力します。ここでは「Atom」としました。

スコープは「gist」のみチェックしておきます。

最後に、「Generate token」をクリックします。

アクセストークンが画面に表示されるため控えておきます。

Secret Gist の作成

次に、Secret Gist を作成します。

https://gist.github.com/

まず、上記のリンクにアクセスします。

任意のファイル名、ファイルの内容を入力して、「Create secret gist」をクリックします。ファイル名、内容は任意で構いません。ここでは、タイトルは「Atom」、内容は「a」としました。

https://gist.github.com/ottanxyz/[Gist ID]

以上のような URL が生成されるため、最後の「Gist ID」を控えておきます。

sync-settings の設定

最後に、Atom のパッケージの設定をします。Atom を起動したら、⌘+,を押し、環境設定を開きます。

「Packages」から「sync-settings」を探し、「Settings」をクリックします。

事前に控えた GitHub のアクセストークンを「Personal Access Token」に、Gist ID を「Gist Id」に入力します。

sync-settings による設定、パッケージのバックアップ

Atom を起動したら、⇧+⌘+P を押し、コマンドパレットを起動します。「Sync…」と入力すると、「Sync Settings: Backup」が表示されますのでこちらを選択します。

上記のように、「Your settings were successfully backed up.」と表示されればバックアップ完了です。

複数の端末間で Atom の設定、パッケージを同期する

バックアップした設定、パッケージを同期するためには、同期先の端末に Atom および「sync-settings」をインストールし、今回実施した内容と同様の設定(GitHub のアクセストークンおよび Secret Gist)を行います。その上で、コマンドパレットを起動し、「Sync Settings: Restore」をクリックします。

sync-settings: Your settings were successfully synchronized.

上記のメッセージが表示されれば同期完了です。Atom を再起動すると、すべての設定が反映されます。

まとめ

Atom をメインのエディターとして使用する場合には、複数の端末間で環境を同期できると便利です。「sync-settings」を使用して、快適な Atom ライフをお過ごしください。

Twitter Facebook B! はてブ
comments powered by Disqus