Boot CampでインストールしたWindows 7を即座にWindows 10にアップグレードする方法

OS X El CapitanのBoot Campアシスタントを使ってWindows7をインストールする方法の記事で、OS X El CapitanのBoot Campアシスタントを使って、Windows 7をインストールする方法をご紹介しましたが、今回はインストールしたWindows 7をWindows 10にアップグレードする方法をご紹介します。もともとWindows 10の検証機として使用する予定でしたので、Windows 7では特に何もすることなくWindows 10にアップグレードを行いました。

Windows 7をWindows 10にアップグレードする

Windows 7から以下のリンクにアクセスし、ツールのダウンロードを行います。

Windows 10 のダウンロード

PC に Windows 10 Pro for Workstations を再インストールする場合は、メディア作成ツールを使用してインストール メディアを作成し、エディションとして Windows 10 を選択する必要があります。インストールを開始する際、プロダクト キーを入力する手順をスキップし、Windows 10 Pro のインストールを選択します。 Windows 10 Pro デスクトップで、[スタート] メニューから [設定] > [更新とセキュリティ] > [ライセンス認証] の順にクリックします。お使いの PC で以前 Windows 10 Pro for Workstations を実行していた場合は、[ストアに移動] ボタンをクリックします。追加料金なしで Windows 10 Pro for Workstations へのエディション変更をもう一度行うことができます。

アーキテクチャ(32bit/64bit)によってツールが分かれていますので、ご自身のMacまたはPCのアーキテクチャに沿ったツールをダウンロードしてください。

ダウンロードしたツールをダブルクリックすると、早速Windows 10へのアップグレードが開始されます。「このPCを今すぐアップグレードする」を選択して、「次へ」ボタンをクリックします。ここからWindows 10のメディアのダウンロード等が始まりますので、セットアップには時間を要します。気長に待ちましょう。

ライセンス条項が表示されたら「同意する」ボタンをクリックします。

「インストール」ボタンをクリックします。この後、Windows 10のアップグレードに向けてOSが数回自動的に再起動しますので、その間は気長に待ちましょう。前述の通りセットアップには時間がかかりますので気長に待ちましょう。

そして、いとも簡単にWindows 10にアップグレードすることができました。

Windows 10にアップグレードしたら、忘れないうちに「Boot Campアシスタント」のWindows 10用の更新版がありますので、「Apple Software Update」からダウンロードしておきましょう。

まとめ

Window 7からWindows 10へあっけなくアップグレードすることができました。Windows 10へのアップグレードは、発売日から1年間は無償ですので、まだアップグレードが完了していない場合には、今のうちにアップグレードしておきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で