Netlify FunctionsをDockerで実行する

以前、Netlify Functions をローカル環境でエミュレートする方法、Netlify にデプロイする方法をご紹介しました。今回は、ローカル環境で開発した Netlify Fucntions をコンテナ技術の理解を深めるために Docker で実行してみます。前回作成したアプリケーションをもとに話を進めますので、まだの方はそちらを一読されてから読み進めることを...

Mac Docker Netlify

Hugoのテンプレート構文「template」「partial」「block」「define」のわかりやすい解説

Hugo のオリジナルテーマ作成を勝手に応援する企画、記念すべき第 1 弾はテンプレート構文の基本となる「template」「partial」「block」「define」の違いについてです。以下のバージョンで確認しています。 Hugo Static Site Generator v0.53/extended darwin/amd64 BuildDate: unknown Hugo のテンプレート構文 Hugo には様々なテンプレート構文が用意されています。今...

Blog Hugo

Hugoで記事のアイキャッチ画像を自動的に取得する

Hugo には、記事執筆時点において、WordPress のような便利なプラグインはありません。しかし、Shortcode やテンプレートの構文を工夫することで、WordPress と同等のプラグイン機能を実現できます。 Hugo Static Site Generator v0.52/extended darwin/amd64 BuildDate: unknown たとえば、WordPress にはアイキャッチ画像という概念があります。Hugo...

Blog Hugo Netlify

iCloud同期可能でWordPressや静的サイト向けデプロイ機能付きのMarkdownエディター

 先生、これは控えめに言って、革命です。 本記事は、今回ご紹介する Markdown エディターを使用して執筆しています。 弊サイトのブログ記事執筆は、基本的に MarsEdit 一択でした。CMS は WordPress ですが、複数人で編集しているわけでもないため、ダッシュボードの投稿画面は無効化しています(緊急時に編集できるようにはしています)。また、執...

iPhone CMS iCloud iOS

Netlify CMS(Hugo)のテーマをGitの使い方を覚えながらカスタマイズしてデプロイしてみよう

Netlify CMS(Hugo)で Markdown で記述可能な無料ブログを構築する(構築編)で、Netlify 上に静的サイトを構築する方法をご紹介しました。今回は、Hugo(Go 言語の静的サイトジェネレーター)のスターターキットで構築したテーマをカスタマイズして、GitHub 上のソースコードの修正、Netlify による自動デ...

Blog CMS GItHub Hugo

Amazon Lightsailで月5ドルから始めるWordPress(下準備〜HTTPS化編)

弊サイトは、レンタルサーバーであるエックスサーバー(XSERVER)で運用していました。長期契約(最大36か月)を結ぶと、月々わずか約1,000円から始められ、ホームページの運用に必要な各種機能(独自ドメイン、SSL、メールサービス、データベース等)がすべて揃う素晴らしいレンタルサーバーです。また、...

Blog Amazon AWS WordPress

【随時更新】VS CodeでWordPressのテーマやプラグインを開発するために導入したいオススメの拡張機能

統合開発環境(IDE)としては、Atom(GitHub社製で、現在はMicrosoftに買収)や、Sublime Textなどがありますが、Atom同様のElectronで作られたマルチプラットフォーム対応の、Visual Studio Codeもおススメです。無償で利用することが可能です。 Atomや、Sublim...

Blog HTML JavaScript PHP

WordPressのwp_enqueue_script、wp_enqueue_style関数で呼び出されているスクリプトとCSSの一覧を確認する

WordPressの高速化!WordPressでそのページで実行されているアクションやフックの一覧を表示するプラグイン「Simply Show Hooks」で、WordPressで呼び出されているアクションとフックの一覧を表示するプラグインをご紹介し、不必要なアクションやフックは徹底的に排除しようということを...

Blog Development WordPress

WordPressの高速化!WordPressでそのページで実行されているアクションやフックの一覧を表示するプラグイン「Simply Show Hooks」

WordPressの特徴と1つして、その拡張性の高さがあります。WordPressの公式リポジトリには、多数のプラグインが登録されており、プラグインをインストールするだけで、機能拡張を簡単に行うことができます。 しかし、プラグインは便利な一方、多数のプラグインをロードすると、ページの読み込み速度が遅く...

Blog Plugin WordPress

WordPressの親テーマの「header.php」を変更せずに子テーマにFaviconを追加する方法

WordPressでは、無料・有料問わず多数のテーマが公開されています。公開されているテーマでそのまま運用することも可能ですが、テーマをカスタマイズして使用したい場合があります。しかし、カスタマイズするために、公開されているテーマのファイルを直接編集してしまうと、テーマのアップデートを行う都度、カス...

Blog Development WordPress

AtomとPHP_CodeSnifferでWordPressコーディング規約に合わせてソースコードを自動修正

WordPress には、WordPress Coding Standards – Make WordPress Coreで定められている通り、ソースコードにコーディング規約が設けられています。コーディング規約に則りソースコードを記述することで、可読性、保守性が向上するだけでなく、チームで開発する場合においては、一定のソースコードの品質を保ったままコーディングを行うことができ...

Blog Atom Development WordPress

phpMyAdminは不要!Dockerで構築したMySQLにMacからSequel ProでGUI上からデータベースを簡単に編集する

WordPress の開発環境の構築には、Docker が便利であることはDocker で作る最強・最速のローカル WordPress 環境でご紹介しています。WordPress のデータベースには、Oracle 社の MySQL が使用されていますが、MySQL を操作するための代表的なソフトウェアにphpMyAdminがあります。前回の記事においても、p...

Blog Development Docker WordPress

AlfredのWorkflowを使用して、WordPressプラグイン「WP-Appbox」でApp Storeのアプリの紹介を便利にする

弊サイトは、WordPress で構築されており、ブログの更新は Mac の老舗ブログエディターであるMarsEdit 3 - Desktop blog editing for the Mac.を使用しています。WordPress の管理画面をブラウザから開く必要がなくなり、MarsEdit 単独ですべてが解決しているので、ブログ公開時から愛用している手放せないアプ...

Mac Alfred Development MarsEdit

エックスサーバーでWordPressを運用する場合に独自SSLを設定する方法

グーグル、HTTPページへの警告表示を強化へ--10月リリース予定の「Chrome 62」からなど、各地で報じられているように、そのWebページにおいてユーザの入力を促すもの(たとえば、キーワード検索のためのINPUTフィールド)が存在する場合、HTTPページに接続しようとすると、今秋にリリースされる...

Blog Development WordPress

スニペット展開アプリのTextExpanderの代替アプリとしてDashを使用する

Mac におけるブログ執筆時には、文字入力の補助としてスニペット展開アプリであるTextExpanderを使用してきましたが、そろそろ最新版以外のサポートの打ち切りが見えてきたため、将来性を鑑みスニペットを移行することとしました。弊サイトにおいても、ブログ執筆時に便利!TextExpander で Safar...

Mac Apps Development WordPress