OS X 10.11 El Capitanの起動ディスクを作成する方法

@おったんです。2015年10月1日未明に、OS X El CapitanのMac App Storeでの配信が開始されました。ここでは、OS X El Capitanをクリーンインストールするために欠かせない起動ディスクの作成方法をご紹介します。起動ディスクを作成するためには、8GB以上の外部ディスク(USBメモリなど)が必要になりますので、あらかじめ準備しておいてください。

OS X El Capitanの起動ディスクを作成する

OS X El Capitanについて

Mac App Storeからの配布は既に中止されているため、起動ディスクを作成するためには、既にダウンロード済みのインストーラを使用する必要があることにご注意ください。以下の手順は読み替えてご使用ください。

Mac App StoreからOS X El Capitanのインストーラをダウンロードする

まずは、OS X El CapitanのインストーラをMac App Storeからダウンロードします。インストーラはMac App Storeで無償で配布されています。

USBメモリを初期化する

次に、あらかじめ用意したUSBメモリを初期化します。「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「ディスクユーティリティ」を起動します。USBメモリを選択した状態で、「消去」タブをクリックします。「フォーマット」は「Mac OS 拡張(ジャーナリング)」を選択し、「消去」ボタンをクリックします。「名前」は任意で構いませんが、後で使用します。ここでは「UNTITLED」とします。

起動ディスクを作成する

次に、「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「ターミナル」を起動します。ターミナルを起動したら、以下のコマンドを実行します。「UNTITLED」は、ディスクユーティリティで初期化した際のボリュームの名称です。

$ sudo /Applications/Install\ OS\ X\ El\ Capitan.app/Contents/Resources/createinstallmedia --volume /Volumes/UNTITLED/ --applicationpath /Applications/Install\ OS\ X\ El\ Capitan.app --nointeraction

起動ディスクの作成にはしばらく時間を要しますので、気長に待ちましよう。以下のように表示されれば、起動ディスクの作成は完了ししています。

Erasing Disk: 0%... 10%... 20%... 30%...100%...
Copying installer files to disk...
Copy complete.
Making disk bootable...
Copying boot files...
Copy complete.
Done.

クリーンインストールを実施する

作成した起動ディスクからクリーンインストールを実施するためには、(option)キーを押しながら再起動します。ディスク選択画面に作成した起動ディスクが表示されますので、そちらを選択します。

まとめ

起動ディスクを作成するには、OS X インストーラに内蔵されている「createinstallmedia」コマンドを使用する方法が簡単です。新しいOSで新しい環境で作業したい方は、クリーンインストールをぜひお試しください。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で