OS X El CapitanのBoot Campアシスタントを使ってWindows7をインストールする方法

@おったんです。OS X El Capitanで、Boot Campアシスタントを使ってWindows 7をインストールするためには、手順がやや煩雑になりました。今回は、OS X El CapitanでWindows 7をインストールする方法をご紹介したいと思います。

使用するUSBメモリについて

コメント欄でご指摘いただいている件について。Windows 7のインストーラには、USB3.0対応のドライバが含まれていません。そのため、USB3.0のみ対応のUSBメモリを使用してインストールを進めた場合、Windowsのインストールが先に進みません(no bootable deviceと表示され、インストーラが認識されません)。その場合、お手数ですがUSB2.0対応のUSBメモリを使用するか、SuperDriveなどUSB2.0対応の光学ディスクを使用してください。

Boot Campアシスタントを使ってWindows 7をMacにインストールする

大きな流れは「USBメモリの初期化」→「Windowsインストールディスクの作成」→「Windows 7のインストール」になりますが、Boot CampアシスタントがWindows 7用のドライバを自動的にダウンロードしてくれなくなったため、手動で準備する必要があります。

Windowsインストールディスクを作成するUSBメモリの初期化

「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「ディスクユーティリティ」を開きます。インストールディスクを作成するためのUSBメモリを選択した状態で、「消去」ボタンをクリックします。

「名前」は任意、「フォーマット」は「MS-DOS(FAT)」「方式」は「GUIDパーティションマップ」を選択して、「消去」ボタンをクリックします。

「完了」と表示されればフォーマットは完了です。

Windowsインストールディスクを作成する

Boot Campアシスタントを使ってWindows 7をインストールする場合は、Windows 7のイメージファイル(iso)が必要になります。手元に用意がなければ、ディスクユーティリティを使ってイメージファイルを作成します。Windows 7のCD-ROMを挿入し、ディスクユーティリティのメニューから「ファイル」→「新規イメージ」→「任意のWindows 7のCD-ROM」をクリックします。

「フォーマット」は「DVD/CDマスター」、「暗号化」は「なし」で、「保存」ボタンをクリックします。

拡張子が「.cdr」のファイルが作成されますので、拡張子を「.iso」に変更します。

Windows 7のイメージファイルをWebサイトからダウンロードする

プロダクトキーがあれば、Windows 7のイメージファイルをWebサイトからダウンロードすることも可能です。

Windows 7 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード

Recover or reinstall Windows 7 purchased through a retailer. Simply download a Windows 7 ISO file or disc image and then create a USB or DVD for installation.

プロダクトキーを入力して「確認」ボタンをクリックします。画面の手順に従って、Windows 7のイメージファイルをダウンロードしてください。

Boot Campアシスタントを使ってWindows 7のインストールディスクを作成する

次に、Windows 7のインストールディスクを作成します。「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「Boot Campアシスタント」を開きます。「続ける」ボタンをクリックします。

「Windows 7またはそれ以降のバージョンのインストールディスクを作成」がチェックされていることを確認したら「続ける」ボタンをクリックします。

「ISOイメージ」に先ほど作成、またはダウンロードしたイメージファイルを選択した状態で、「続ける」ボタンをクリックします。

「続ける」ボタンをクリックします。

Windows 7のインストールディスクを作成するためのファイルのコピーが始まります。しばらく時間がかかりますので気長に待ちましょう。

ファイルのコピーが完了すると、以下の画面が表示されます。Windows 8以降であれば、Windowsで必要なドライバを自動的にダウンロードしてくれますが、Windows 7以前のバージョンのWindowsのドライバを入手するためには、Appleの公式サイトから手動でダウンロードしてくる必要があります。「Webサイトを開く」ボタンをクリックします。

「Install Windows 7」をクリックします。

MacのモデルにあったBoot Camp用のドライバをダウンロードします。私の場合、「iMac(27-inch, Late 2013)」ですので、それに合わせたドライバをダウンロードします。

Macの発売時期が不明な場合は、メニューバーの「」→「システム情報」をクリックします。すると、いつ発売されたモデルであるかが確認できますので、このモデルに合わせたドライバをダウンロードしてください。

ダウンロードしたファイルを解凍したら、解凍後の3ファイルを先ほど作成したインストールディスク(USBメモリ)にコピーします。コピーには時間を要しますので、気長に待ちましょう。

このようにコピーされていれば準備は完了です。

Boot Campアシスタントを使ってWindows 7をインストールする

再度、Boot Campアシスタントを開き、「Windows 7 またはそれ以降のバージョンをインストール」のみをチェックして、「続ける」ボタンをクリックします。

Windows 7に割り当てる領域のサイズを決めたら、「インストール」ボタンをクリックします。

あとは通常通り、Windowsのインストールウィザードに従いながらWindowsをインストールします。

2016/6/27追記:Windows 7インストール後のBootCampドライバの適用について

Windows 7インストール完了後は、事前に準備したUSBメモリに書き込んだ、「BootCamp」フォルダ内の「Setup.exe」をダブルクリックしてください。Wi-Fi接続等に必要なドライバーがインストールされます。

まとめ

OS X El CapitanからWindows 7をインストールするためには、手動でAppleが提供するドライバを入手する必要があります。そこだけクリアできればあとは通常の手順と同様です。OS X El CapitanでWindows7がインストールできない、とお困りの方の参考になればと思います。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で