OS X El CapitanのBootCampアシスタントで「インストールディスクを作成」が表示されない場合でも正常にWindows7をインストールする

先日、OS X El CapitanのBoot Campアシスタントを使ってWindows7をインストールする方法で、OS X El Capitanの環境下でBootCampアシスタントを使用して、Windows 7をインストールする方法をご紹介しました。

OS X El CapitanのBoot Campアシスタントを使ってWindows7をインストールする方法

Twitterで以下のような質問をいただきました。「Boot Camp アシスタントの『インストールディスクを作成』が表示されないが、どうしたらいいか」というもの。

光学式ドライブ(DVD-ROM)を搭載していた機種の場合、Boot Camp アシスタントの「Windows 7 またはそれ以降のバージョンのインストールディスクを作成」が表示されません。これは、光学式ドライブを搭載しているMacであれば、わざわざUSBメモリ(フラッシュドライブ)を使用しなくても、インストールディスクを使用すればWindowsをインストールできるからです。

そこで、今回はインストールディスクを作成せずに、既存のWindowsのインストールディスク、またはMicrosoftからダウンロードできるISOファイルを使用して、このような機種でBoot Camp環境にWindows 7をインストールする方法をご紹介します。

Boot Camp アシスタントでWindows 7をインストールする

記事執筆時点(平成28年5月15日)で使用しているBoot Camp アシスタント(6.0.1)には致命的なバグがあるようで、Boot Camp Support Software(Windowsのドライバー)が正常にダウンロードできません。そこで、事前にBoot Campのドライバーを手動でダウンロードする必要があります。

USBメモリをフォーマットする

8GB以上のUSBメモリを用意します。USBメモリをMacに接続したら、ディスクユーティリティを開きます。USBメモリを選択した状態で、「消去」をクリックします。

「名前」は任意(デフォルトのままで可)、「フォーマット」は「MS-DOS(FAT)」、「方式」は「マスター・ブート・レコード」を選択して、「消去」します。

Boot Camp を使って Mac に Windows 7 をインストールする

Boot Camp を使って Microsoft Windows 7 をインストールするために必要な一般的な条件について説明します。

続いて、上記リンクにアクセスします。

お使いのMacのモデルに応じて必要なBoot Camp Support Softwareをダウンロードします。

Macのモデルがわからない場合は、メニューの「」→「このMacについて」から確認できます。

ZIPファイルをダウンロードしたら解凍し、先ほどフォーマットしたUSBメモリに解凍してできたフォルダの中身を丸ごとコピーします。「MacBook Pro (Retina, 15-inch, Late 2013)」モデルの場合は、上記2フォルダ、1ファイルでしたが、モデルによっては構成が異なるかもしれません。

Boot Camp アシスタントでWindows 7をインストールする

まず、光学式ドライブにWindows 7のインストールディスクを挿入します。内蔵、外付(SuperDrive)、どちらのドライブでも構いません。インストールディスクを紛失してしまった、という場合には、以下のリンクからWindows 7のISOファイルをダウンロードすることができます。ただし、25桁のプロダクトキーが必要です。

Windows 7 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード

Recover or reinstall Windows 7 purchased through a retailer. Simply download a Windows 7 ISO file or disc image and then create a USB or DVD for installation.

光学式ドライブに空のDVD-Rなどを挿入して、ダウンロードしたISOファイルを右クリックして、「ディスクイメージ”XXXXXXX.iso”をディスクに書き込む」を選択して、インストールディスクを作成してください。

「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「Boot Camp アシスタント」を起動します。「続ける」をクリックします。

「Windows 7 またはそれ以降のバージョンのインストールディスクを作成」はこの時点で表示されていないと思います。また、「最新のWindowsサポートソフトウェアをAppleからダウンロード」のチェックを外した状態にします。

ここで、この項目をチェックしたまま進めると、自動的にFAT(MS-DOS)でフォーマットされたUSBメモリにBoot Camp Support Softwareがダウンロードされますが、そのままWindows 7のインストールを続けた場合、インストール途中で真っ黒な画面になり、以下のエラーが発生し、挫折します。そのため、事前に別途ダウンロードしていただきました。

ファイル : \Windows\system32\drivers\AppleSSD.sys
状態 : 0xc0000428
情報 : このファイルのデジタル署名を検証できません。

「最新のWindowsサポートソフトウェアをAppleからダウンロード」のチェックが外れていることを確認したら、「続ける」をクリックします。

パーティションのサイズを決定したら、「インストール」をクリックします。

このような警告ダイアログが表示されたら「続ける」をクリックしてください。フォーマット時の方式を「マスター・ブート・レコード」にしたことが原因かもしれませんが…。

Boot Camp Support Softwareのインストール

無事にWindows 7のインストールが完了すると、OSが自動的に起動します。

しかし、「デバイスマネージャー」を見てみると分かりますが、認識されていないデバイスが多数存在します。これは正常にドライバーがインストールされていない証拠です。また、Wi-Fiが使用できなかったり、トラックパッドのタップでクリックができなかったりと、問題があります。

そこで、USBメモリ内の「BootCamp」フォルダにある「setup.exe」をダブルクリックして、Boot Camp Support Softwareのセットアップを行います。時間を要しますが、完了したらOSを再起動します。

再起動後は、すべてのデバイスが正常に認識されるようになりました。

また、コントロールパネルに「Boot Camp」の項目が出現し、トラックパッドの設定などを行うことができるようになります。

まとめ

Boot Camp アシスタントには様々なバグが潜在しているようで、そのまま進めていこうとすると、とんでもない落とし穴が待っていまいました。特に、下記のエラーは早く解決してほしいものです。

ファイル : \Windows\system32\drivers\AppleSSD.sys
状態 : 0xc0000428
情報 : このファイルのデジタル署名を検証できません。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で