プログラミングの知識ゼロで「YouTube」アプリケーションを作成しよう!

Mac Development

この記事は公開されてから1年以上が経過しています。情報が古い可能性がありますのでご注意ください。

iPhone や iPad には YouTube アプリがありますが、Mac にはありません。そのため、Mac で YouTube の動画を見るためには、ブラウザを起動して YouTube にアクセスして目的の動画を探して、ようやく動画を再生する、と数多くのステップをこなさなければなりません。

では、Mac の YouTube アプリを自作してしまいましょう!Objective-C や Swift について何も知らない筆者でも自作できる、簡単なアプリの作り方をご紹介します。

Mac の YouTube アプリを自作する簡単な方法

YouTube アプリを自作するために必要な知識は、Mac のありとあらゆる作業を自動化する「Automator」です。知識といっても、たいした知識は必要ありません。必要なのは、「Automator」を愛してやまないその情熱だけです。

Automator でアプリケーションを作成する

Automator を起動したら、「新規書類」を選択しましょう。

続いて、書類の種類から「アプリケーション」を選択します。

Automator が起動したら、画面左側のライブラリの中から、「インターネット」→「指定された URL を取得」という項目を、右側のワークスペースにドラッグ&ドロップします。

URL を YouTube の URL(https://www.youtube.com/)に編集します。

次に、同じく画面左側のライブラリの中から、「インターネット」→「Web サイトポップアップ」という項目を、先ほど追加した「指定された URL を取得」の下側にドラッグ&ドロップします。

以上で、完成です!たった、これだけです。⌘+S を押すか、「ファイル」→「保存」メニューを選択します。任意の名前で保存します。

Automator で作成したアプリケーションを起動する

では、作成したアプリケーションを起動してみましょう。見事に YouTube のトップ画面が表示されました。これで、わざわざブラウザを開くことなく、このアプリケーションを起動するだけで YouTube を見ることができます。終了する場合は、わかりづらいですが、右下の「OK」ボタンをクリックします。

ユーザエージェントやサイトサイズをカスタマイズする

デフォルトの状態では、YouTube のトップ画面がそのまま表示されるだけなので面白くありません。内容を少しカスタマイズしてみましょう。また、常時、前面に表示されるため、ウインドウが他の作業の邪魔になるかもしれません。

Automator を起動して、先ほど作成したアプリケーションを開きます。「Web サイトをポップアップ」の項目を以下のように変更します。

サイトサイズを、「iPhone(横)」に、ユーザエージェントを「iPhone」にします。この状態で ⌘+S、または「ファイル」→「保存」を選択します。

項目 内容
サイトサイズ iPhone(横)
ユーザエージェント iPhone

早速、カスタマイズした YouTube アプリケーションを起動してみます。すると、iPhone の画面サイズで、ランドスケープモードで表示されます。この大きさなら作業の邪魔にならないですね。バックミュージックをかけておくのにちょうど良い大きさです。

Objective-C や、Swift の知識ゼロでアプリケーションを作成することができました!プログラミングの知識なしでここまでできる Automator は偉大ですね。

まとめ

今回は、YouTube にターゲットを絞りましたが、別にニコニコ動画でも何でも構いません。画面サイズはフルカスタマイズ可能です。

たとえば、Mac アプリが存在しない Readability の URL を指定して、Readability 専用のアプリケーションを作成してもおもしろいかもしれません。Facebook や Twitter の URL でも良いでしょう。中身は単なる Safari なので、一度ログインしてしまえば Cookie に保存されるため、後はアプリケーションさえ起動すればすぐに使用できるようになります。

まるでデスクトップで動作するアプリケーションのようにふるまいます。注意したいのは、Automator で作成したこのアプリケーションは、常に最前面に表示されるということです。作業の邪魔になりたくなければ、専用の仮想デスクトップを作っても良いかもしれませんね。

Twitter Facebook B! はてブ

関連記事

comments powered by Disqus