Macの基礎:Macでアプリケーションを終了させる6つの方法

WindowsからMacに乗り換えた時に戸惑うのがアプリケーションの扱い方。Windowsと概念はよく似ていますが、Macでのアプリケーションの扱い方の基礎として、アプリケーションを終了させる方法をご紹介します。

アプリケーションを終了させる6つの方法

一般的な方法から、一風変わった方法まで、6つの方法をご紹介します。

アプリケーションのメニューから終了する

アプリケーションを起動すると、画面上部のメニューバーにメニューが表示されます。アプリケーション名のメニュー(の隣にあります)をクリックすると、「[アプリケーション名] を終了」という項目があります。こちらのメニューをクリックすると、アプリケーションを終了することができます。

Dockからアプリケーションを終了する

アプリケーションを起動すると、画面下部のDockと呼ばれるバーにアプリケーションのアイコンが現れます。また、デフォルトの設定では、アクティブなアプリケーションにはインジケーター(アプリケーションのアイコンの下の点)が表示されます。このアプリケーションのアイコンを(control)を押しながらクリックする(副クリック/右クリック)と、「終了」というメニューが表示されます。こちらをクリックしてアプリケーションを終了させることができます。

また、(option)を押しながら右クリックすると、応答のないアプリケーションを強制終了させることも出来ます。

キーボードショートカットからアプリケーションを終了する

キーボードショートカットを使用してアプリケーションを終了させることも出来ます。キーボードでアプリケーションを終了させるためには、(command)+Qを押します。このショートカットは、「システム環境設定」→「キーボード」→「ショートカット」から変更することも出来ます。

メニューバーのアイコンからアプリケーションを終了する

アプリケーションによっては、Dockにアイコンを表示せず、メニューバーに常駐するものもあります。このようなアプリケーションを終了させる場合は、メニューバーに表示されたアプリケーションのアイコンをクリックします。すると、たいていの場合、メニューの最下部に「[アプリケーション名] を終了」という項目があります。そのメニューをクリックすると、アプリケーションを終了させることができます。

アクティビティモニタからアプリケーションを終了する

「アプリケーション」→「ユーティリティ」フォルダの下に、「アクティビティモニタ.app」という見慣れないアプリケーションがあります。これは、Windowsのタスクマネージャのようなものです。CPU消費率、メモリ消費率、エネルギー消費率(バッテリーに影響を与えるアプリケーション)の降順に並べ替えて、消費率の多いアプリケーションを見つけて、強制的に終了させることも出来ます。アプリケーションを終了させるためには、該当のアプリケーション名を選択して、左上の アイコンをクリックします。

ターミナルからアプリケーションを終了する

最後は、少し変わった方法のご紹介です。「アプリケーション」→「ユーティリティ」フォルダの下に「ターミナル.app」というアプリケーションがあるので、こちらを起動します。起動したら、以下のコマンドを実行してください。

osascript -e 'quit app "[アプリケーション名]"'

例えば、「MarsEdit.app」というアプリケーションを終了させるためには、以下のコマンドを実行します。

osascript -e 'quit app "MarsEdit"'

まとめ

特に、+Qコンボは覚えておいて損のないキーボードショートカットです。頻繁に使用しますので、これを機に使用してみてください。

参考リンク

6 ways to quit an app on your Mac

When it comes to OS X, closing apps is a little different than on Windows machines. Rather than closing the window, you have to actually quit the app, otherwise is stays running on your Mac even though the window has been closed.

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で