iOS版の1Passwordでウェブページの登録からワンタイムパスワードの使い方まで徹底解説!

以前、iOS版の1Passwordでウェブページの登録から使い方まで徹底解説!では、1Passwordの基本的な使い方から応用までご紹介しましたが、アプリのバージョンアップにより、よりスマートにパスワードを管理できるようになりました。

1Passwordを便利に使いこなすためのテクニック

1Passwordには、ログイン情報以外にもクレジットカードなどの重要な情報を登録することもできますが、今回はログイン情報に絞ってご紹介したいと思います。

ログイン情報を登録する流れ

1Passwordを使用してログイン情報を管理するコツは、以下の通りです。

  • 1Passwordであらかじめログイン情報(ユーザ名、パスワード)を登録しておく
  • 1Passwordに登録したログイン情報(ユーザ名、パスワード)をもとに、Webサイトに新規登録する

1Passwordには、「Password Generator」と呼ばれる、より強固なパスワードを生成する機能が備わっています。あらかじめ、1Passwordで作成したパスワードで、Webサイトに新規登録することで、使い回しを防止し、かつ破られづらい強固なパスワードを使用することができます。

既に登録済みのログイン情報の場合も、1Passwordを使用している場合には、各種サービスのパスワードの変更画面からより強固なパスワードに変更しておくことをオススメします。

URLを指定して新しいログイン情報を登録する

1Passwordへのログイン情報の登録がより便利になりました。1Passwordを起動し、右下の1Browserを開きます。

例えば、MySoftbankのページを開きます。ここで、鍵マークをタップします。

既に1Passwordに該当のURLのログイン情報が表示されている場合には、「次でログイン」に表示されています。新規にログイン情報を登録したい場合は、「New Login」をタップします。

今までWebサイトのURLの情報は手動で入力する必要がありましたが、ユーザ名、パスワードを入力するだけで登録できるようになりました!

テンプレートからログイン情報を登録する

主要なWebサイトであれば、1Passwordにあらかじめ登録されているテンプレートを使用する方法もあります。例えば、AppleやAmazonなど、大手Webサイトは登録されています。右上の「+」ボタンをタップします。

「ログイン」をタップします。

今回は、「Apple ID」を登録してみます。「Apple ID」をタップします。

「Apple ID」に登録しているメールアドレスを入力します。

次に、「Apple ID」に登録しているパスワードを入力します。

「Generate New Password」をタップすれば、より強固なパスワードを登録することもできます。

2段階認証のワンパスワードを登録する

1Passwordのバージョンアップにより、TOTP(Time-Based One-Time Password)に対応しているワンタイムパスワードを登録できるようになりました。全てを1Passwordに登録しておくことで、「Google Authenticator」や「Yahoo」専用のワンタイムパスワード生成アプリを使用することなく、1Passwordのみでパスワードの情報を完結させることができます。

ただし、ワンタイムパスワードを1Passwordに登録するためには、1Password Proの購入が必要です。非常に便利な機能であるため、1Passwordを愛用している方は、ぜひ購入を検討してみてください。

なお、2段階認証については、過去記事をご参照ください。ここでは2段階認証が有効になっていることを前提に話を進めていきます。

Yahooアカウントの2段階認証を有効にする方法

Googleアカウントのワンタイムパスワードを登録する

ここからは、主要なWebサービスのワンタイムパスワードを1Passwordに登録するための手順をご紹介します。Googleアカウントのワンタイムパスワードを登録するためには、以下のリンクをクリックし、Googleアカウントにアクセスします。

Sign in – Google Accounts

No Description

ログインの「2段階認証プロセス」をクリックします。

「アプリに切り替え」ボタンをクリックします。

既に、「Google Authenticator」などのワンタイムパスワード生成アプリを使用している場合は、「別の携帯端末に移動」をクリックします。

端末の種類を選択し、「次へ」ボタンをクリックします。

ここに表示されているQRコードを、1Passwordで読み込みます。

「One-Time Password」の隣のQRコードをクリックします。カメラが起動しますので、先ほどのバーコードを読み込みます。

すると、1Passwordでワンタイムパスワードが表示されるようになります。ワンタイムパスワードはタップでコピーすることもできるため、入力の手間が省けて非常に便利です。

「OK」ボタンをクリックします。

Evernoteアカウントのワンタイムパスワードを登録する

Evernoteで2段階認証を有効にしていて、かつEvernoteアカウントのワンタイムパスワードを1Passwordに登録したい場合、QRコードの再生成ができないため、いったん2段階認証を無効化する必要があります。「2段階認証を無効化」をクリックします。

「確認」ボタンをクリックします。これでEvernoteの2段階認証プロセスは無効化されます。

後は、Evernoteアカウントの2段階認証を有効にする方法に従い、QRコードの生成まで進めてください。以降の手順は、Googleアカウントと同様です。

Dropboxアカウントのワンタイムパスワードを登録する

Dropboxアカウントのワンタイムパスワードを登録するためには、以下のリンクをクリックし、Dropboxアカウントにアクセスします。

Login – Dropbox

Login to Dropbox. Bring your photos, docs, and videos anywhere and keep your files safe.

右上のメニューから「設定」をクリックします。

「セキュリティ」タブをクリックします。

「2段階認証」の「認証アプリ」横の「編集」をクリックします。

Dropboxのパスワードを入力して、「次」ボタンをクリックします。

「モバイルアプリを使用」をチェックし、「次」ボタンをクリックします。

ここに表示されているQRコードを1Passwordで読み込みます。「次」ボタンをクリックします。

1Passwordに表示されているワンタイムパスワードを入力し、「次」ボタンをクリックします。

「保存」ボタンをクリックします。

Facebookアカウントのワンタイムパスワードを登録する

Facebookアカウントのワンタイムパスワードを登録するためには、以下のリンクをクリックし、Facebookアカウントにアクセスします。

Facebook – Log In or Sign Up

Create an account or log into Facebook. Connect with friends, family and other people you know. Share photos and videos, send messages and get updates.

右上のメニューより、「設定」をクリックします。

サイドメニューより、「セキュリティ」をクリックします。

「セキュリティ設定」の「コードジェネレータ」の「編集」をクリックします。

「セキュリティコードを入手するその他の方法を設定」の「設定」をクリックします。

ここに表示されているQRコードを1Passwordで読み込みます。「確認」ボタンをクリックします。

Yahooアカウントのワンタイムパスワードを登録する

Yahooアカウントのワンタイムパスワードを登録するためには、以下のリンクをクリックし、Yahooアカウントにアクセスします。

ログイン – Yahoo! JAPAN

Yahoo! JAPAN IDでログインすると、Yahoo! JAPANのサービスがさらに便利にご利用いただけます。Yahoo! JAPAN IDをお持ちでない方もいますぐ無料で登録しましょう。

「登録情報」をクリックします。

「セキュリティー」の「ワンタイムパスワード」をクリックします。

Yahooアカウントのパスワードを入力して、「続ける」ボタンをクリックします。

「受取方法」の「メールに切替」をクリックします。「受取方法」が「メール」の場合は、「アプリに切替」をクリックします。

「続ける」ボタンをクリックします。

「アプリ」をクリックします。

ここに表示されているQRコードを1Passwordで読み込みます。「確認」ボタンをクリックします。

1Passwordに表示されているワンタイムパスワードを入力し、「認証」ボタンをクリックします。

まとめ

1Passwordのバージョンアップにより、

  • Webサイトのログイン情報の登録がより便利に!
  • ワンタイムパスワードを1Passwordで管理!

できるようになりました。パスワードの使い回しは危険です。1Passwordでしっかり強固なパスワードを生成し、管理していきましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で