iPhone

iPhoneのSafariで最近閉じたタブを復元する方法

投稿日:

後から見ようと思っていたのに…。

iPhoneやiPadなどのiOSを搭載するSafariで、このような経験は誰もがあるはず。タブを閲覧しようとして誤タップで閉じてしまった、後から見ようと思っていたのにうっかり閉じてしまった、よくありますよね。再度開こうにも、もうURLを覚えていない。でも、もう大丈夫です。Safariには誤って閉じてしまったタブを復元できる方法があるのです。

ちなみに、MacのSafariの使い方については、以下でご紹介していますので合わせてどうぞご覧ください。

あなたはいくつ知ってる?MacのSafariでブラウジングが捗るショートカット

iOSのSafariで最近閉じたタブを復元する方法

あなたが間違って閉じてしまったSafariのタブ、Safariはあなたの代わりにまだ覚えてくれているかもしれません。誤って閉じてしまったタブを復元する方法をご紹介します。

Safariを起動したら、右下の「タブ」アイコンをタップします。

この画面でタブを閉じたり移動したりできますよね。また、「+」ボタンをタップすると、新規でタブを開き、お気に入りを表示します。今回は、この「+」ボタンを長押しします(3D Touchのようにプレスする必要はありませんよ)。c

すると、先ほどまで閲覧していたタブをSafariが記録してくれています。これで直近のタブだけであれば、すぐに復元することができますね。もう誤って閉じてしまっても大丈夫です。

毎度、お世話になります。「Touch Lab」さんのセール情報を無事開くことができました。

まとめ

Safariには、意外と知られていない、このような隠れたTipsが潜んでいます。今後も随時ご紹介していきたいと思います。

-iPhone
-

執筆者: