iOS 12のDeveloper Beta(開発者向けベータ版)をインストールする方法、iOS 11に復元する方法

WWDCで発表された次世代iOS 12のデベロッパーベータ版が公開されていますので、早速手元のiPhone Xにインストールしてみました。ベータ版は、あくまで開発者向けのバージョンになりますので、通常使用しているiPhoneやiPadに誤ってインストールしないようご注意ください。また、キャリアのほとんどが、iOS 12による動作を保証していません。なお、iOS 12からダウングレードした場合、現在SHSH(シグネチャーハッシュ)が発行されているiOS 11.4にのみ戻すことができます。iOS 10など古いバージョンにダウングレードはできませんのでご注意ください。

また、iOS 11.4へ復元するためには、iTunes 12.7.5以上のバージョンが必要となります。iTunes 12.7.5ではアプリの管理機能が削除されています。iTunesでiPhoneのアプリの管理を行なっている場合が十分にご注意ください。(インストール後に、再度iTunesをダウングレード可能です)

iOS 12のデベロッパーベータをインストールする

必ず、事前にiTunesによるフルバックアップを取得しておきましょう。

【重要】iTunesによるフルバックアップを取得

毎度毎度のことですが、ベータ版のiOSを導入する前に、必ずPCまたはMacでiTunesによるフルバックアップを取得します。iCloudバックアップでは完全な復旧はできませんので、必ずPCまたはMacを使用します。また、復元のためには、PCまたはMacのiTunesが必ず必要です。

iPhoneとiTunesを接続して、iPhoneのロゴを選択したら、「バックアップ」から「このコンピュータ」を選択、および「iPhoneのバックアップを暗号化」をチェックします。「iPhoneのバックアップを暗号化」がポイントです。ほぼ、完全に復元されます。ただし、サードパーティ製のアプリによっては、完全にデータの復旧等ができない場合があります。重要なアプリは事前にバックアップや引き継ぎ方法を確認しておきましょう。

なお、バックアップ取得後は、バックアップをアーカイブ化しておきます。iOS 11のパブリックベータに参加する方法、脱退する方法でもご紹介しています。アーカイブ化していない場合、iOS 12の状態で再度バックアップした際にバックアップファイルが上書きされてしまいます。iOSの仕様上、新しいiOSから古いiOSへ復元することができません。つまり、iOS 12の状態でバックアップされてしまうと、iOS 11の状態に事実上戻すことができなくなります。iOS 12のまま使用する場合は問題ありませんが、しばらくしてもとに戻したい場合は、必ずアーカイブ化しましょう。

2ファクタ認証の無効化

2ファクタ認証を設定している場合、復元後に2ファクタ認証によるワンタイムパスワードの入力を求められます。疑問を徹底解消!Apple IDの2要素認証でiPhone1台しか持ってない場合はどうするの?を参考に、電話番号を追加するか、2ファクタ認証を無効化しておきましょう。前者の方法がお勧めです。他に2ファクタ認証のコードを受領できるデバイス(macOSなど)がない場合、復元時に詰みます。

Apple Payの復元

Suicaは、復元時にWalletアプリに保存されているSuica情報をもとにそのまま復元できますが、その他のQUICPayやiDで使用するクレジットカード情報は再度登録の必要がありますのでご注意ください。なお、クレジットカード会社によりますが、一度アクティベーションされたクレジットカードについては、再登録さえすれば即時使用できるようになる可能性が高いです。

iOS 12のインストール

iOS 12をインストールするためには、Appleのデベロッパーアカウントが必要です。現在お使いのApple IDをそのまま使用することもできますが、iOS 11環境との併用を避けるために、新規にApple IDを取得することを個人的にはお勧めします。

iPhoneのSafariからApple Developerにアクセスし、メニューから「開発」をタップします。

「ダウンロード」をタップします。(事前にApple IDによるサインインが必要です)

続いて、「iOS 12 beta」を選択して、「Download」をタップします。構成プロファイルのインストールが求められます。アップデート自体は、iTunesではなくOTA(Wi-Fi経由でのアップデート)になります。

署名者が「AppleCare Profile Signing Certificate」で検証済みであることを確認したらインストールします。その後、iOSを再起動します。

再起動後、「設定」→「一般」→「ソフトウェアアップデート」で「ダウンロードとインストール」をタップするとインストールが始まります。時間がかかりますので十分に時間に余裕を持って行ってください。

iOS 11へのダウングレード

iPhone、iPad、iPod touch をアップデート/復元できない場合 – Apple サポートの手順に従い、iPhoneをリカバリーモードで起動します。iTunesを起動して、「復元」を選択します(デフォルトでは「アップデート」が選択されていますが、「復元」を選択してください)。自動的に最新のiOSへの復元が始まります。なお、iOS 11.4へ復元するためには、iTunes 12.7.xが必要です。現在、iTunes 12.7.xではアプリの管理ができません。iTunes 12.6.xシリーズを使用している場合は注意が必要です。

なお、iTunes 12.6.xにダウングレードする方法は、iTunes 12.7からiTunes 12.6.3にダウングレードする方法をご参照ください。

最近のiOSでは、復元に時間はかかりませんが、復元後のApp Storeからのアプリのダウンロードに時間を要します。必ずWi-Fi環境で行なってください。

なお、iTunesに保存できない情報(Face IDやTouch IDなど、iPhoneのコアチップ上に保存されている情報や、非対応アプリ(LINEのトークなど))は、復元完了後、アプリの配布デベロッパーの指示のもと、手動で復元を行なってください。

では、素晴らしいiPhoneライフを!

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で