iPhoneの任意のアプリのURLスキームを調べる方法

  1. ottan
  2. 公開日:2017/05/02
  3. 更新日:
  4. iPhone,Mac
  5. 0
6
SHARES
B!

App Storeで配布されているiPhoneのアプリのURLスキームを使用すれば、例えばSafariなどの外部ソフトウェアからそのアプリを簡単に呼び出すことができるため便利です。例えば、iOS版の1Passwordでウェブページの登録から使い方まで徹底解説! – OTTAN.XYZでご紹介しているように、Safariで閲覧中のWebページを、そのまま1Passwordの内蔵ブラウザで開くこともできます。また、Workflowなど自動化アプリに組み込んで使用することで、より効果を発揮しそうです。

しかし、App Storeで配布されているすべてのアプリでURLスキームが使用できるわけではありません。そこで今回は、使用しているアプリがURLスキームに対応しているかどうかを、iTunesを使用して簡単に調べる方法をご紹介します。

アプリのURLスキームを調べる方法

前提として、PCまたはMacにiTunesをダウンロードしておく必要があります。また、App Storeからアプリをダウンロードするために、事前にApple IDでサインインしておきましょう。

iTunesで調査したいアプリをダウンロードする

まず、iTunesのApp StoreからURLスキームを調べたいアプリをダウンロードしましょう。iPhone、iPad、iPod touchなど、iOSデバイスで使用できるすべてのアプリケーションにこの方法は対応可能です。

続いて、iTunesでダウンロードしたアプリの保存場所を開きます。Macの場合はデフォルトで~/Music/iTunes/iTunes\ Media/Mobile\ Applicationsとなっていますので、Finderを開いて移動してください。ダウンロードしたアプリケーション(拡張子が「ipa」)が存在することを確認したら、任意のフォルダにコピーします。

今回はデスクトップにコピーしました。

続いて、拡張子を「.ipa」(iPhone Application)から「.zip」に変更します。拡張子を変更したらダブルクリックして展開します。Macの場合は、デフォルトの設定であれば展開元のフォルダにそのまま展開されます。「.ipa」ファイルの正体はzipで圧縮されたアーカイブファイルです。

zipを展開して、フォルダの中の「Payload」というフォルダを探します。その中にアプリの本体が格納されています。例えば、Twitterの場合は、「Twitter.app」というファイルが格納されていることがわかります。Macの場合は、右クリックして「パッケージの内容を表示」をクリックします。Windowsの場合は、単純にフォルダとして表示されていると思いますのでそのままエクスプローラーで開きます。(もしフォルダとして表示されていない場合は、拡張子を消してみてください)

そのフォルダの直下にinfo.plistと呼ばれるプロパティリストファイルが存在します。アプリケーションを定義する重要なファイルです。このファイルをテキストエディタ等で開いて、以下のような記述を探しましょう。

    <key>CFBundleURLTypes</key>
    <array>
      <dict>
        <key>CFBundleURLName</key>
        <string>com.twitter.twitter-iphone</string>
        <key>CFBundleURLSchemes</key>
        <array>
          <string>twitter</string>
          <string>com.twitter.twitter-iphone</string>
          <string>com.twitter.twitter-iphone+1.0.0</string>
          <string>tweetie</string>
          <string>com.atebits.Tweetie2</string>
          <string>com.atebits.Tweetie2+2.0.0</string>
          <string>com.atebits.Tweetie2+2.1.0</string>
          <string>com.atebits.Tweetie2+2.1.1</string>
          <string>com.atebits.Tweetie2+3.0.0</string>
          <string>fb2231777543</string>
          <string>twitterauth</string>
        </array>
      </dict>
    </array>

このCFBundleURLSchemesがアプリケーションのURLスキームに該当します。URLスキームは複数定義することが可能です。Twitterの場合は、上記のURLスキームが用意されていることがわかります。

まとめ

URLスキームがあれば、外部からアプリケーションを簡単に起動することができるようになります。ランチャーアプリ等を使用して外部からアプリケーションを起動する必要がある場合には、そのアプリケーションがURLスキームに対応しているかどうか調べてみましょう。

この記事が気に入ったらいいねしよう!
こちらの記事も読まれています
ご意見ボード
匿名で管理人に送信されます。※送信専用です。返信はできません。
ご指摘・ご意見
Top