簡単にMacとWindowsでファイルを共有する方法

  1. 公開日:2016/09/02
  2. 更新日:
  3. Mac,Windows
  4. 0
3
SHARES
B!

自宅や職場でMacとWindowsを使用している場合、両者の間でファイルを共有したい場合がたびたびあります。USBメモリなどのリムーバブルディスクを使用して、物理的に共有する方法もありますが、もっと楽に簡単に共有する方法があります。ここでは、MacとWindowsは同一ネットワークに接続しているものとします(Mac、Windows間でファイル共有に関するアクセスが可能な状況であることを前提とします)。また、OSは、MacがOS X El Capitan、WindowsがWindows 10とします。

MacとWindowsでファイルを共有する方法

MacとWindowsでファイルを共有する方法は様々ですが、ここでは最も古典的な方法であるSMBプロトコルを使用した、通常のファイル共有をご紹介します。Dropboxなどのオンラインストレージを使用して共有する方法もありますよ。

WindowsのフォルダをMacに共有する方法

共有したいフォルダを右クリックして、「プロパティ」を選択します。

「共有」ボタンをクリックします。

共有フォルダにアクセスできるユーザーを追加します。ここでは、あなたの自宅や職場のセキュリティポリシーに応じて、共有フォルダにアクセスできるユーザーを限定してください。

以上で、ファイル共有の設定は完了です(「DB6F」は、Windows 10のホスト名です)。

MacからWindowsの共有フォルダにアクセスする

「Finder」を開き、「ネットワーク」を選択します。

「ネットワーク」から、Windows 10のホスト名を選択します。

「ネットワーク」にWindows 10のホスト名が見当たらない場合は、Finderを開いて、+Kを押し、「サーバアドレス」にsmb://<IP Address>と入力します。IP Addressには、Windows 10のIPアドレスを指定してください。

Finderで、「別名で接続」をクリックします。

Windows 10でファイル共有を許可したユーザーの名前とパスワードを入力して、「接続」をクリックします。これで、MacからWindows 10の共有フォルダにアクセスできるようになりました。

MacのフォルダをWindowsに共有する方法

「システム環境設定」→「共有」を開きます。「ファイル共有」を「入」にしてください。続いて、「オプション」を開きます。

「SMBを使用してファイルやフォルダを共有」がチェックされていることを確認します。また、共有フォルダにアクセスするアカウントをチェックします。

アカウントのパスワードを入力します。

WindowsからMacの共有フォルダにアクセスする

エクスプローラーを開き、「ネットワーク」からMacのホスト名をクリックします。ホスト名が表示されない場合は、エクスプローラーのアドレスバーに¥¥<IP Address>と入力します。IP Addressには、MacのIPアドレスを指定してください。

Macの共有フォルダにアクセスするための、Macのユーザーを入力します。これで、WindowsからMacの共有フォルダにアクセスできるようになりました。

まとめ

最近は、Dropbox、Google Driveなどのオンラインストレージの普及により、このような古典的な方法を使用することも徐々に少なくなりましたが、インターネットに接続できない環境等で、かつUSBメモリなどの記憶媒体の持ち込みが禁止されている職場などで、Mac、Windows間でファイルを共有する必要がある場合にお試しください。

この記事が気に入ったらいいねしよう!
こちらの記事も読まれています
ご意見ボード
匿名で管理人に送信されます。※送信専用です。返信はできません。
ご指摘・ご意見
Top