Mac

macOS High Sierraでスリープから復帰時にフリーズして操作できなくる事象を回避する

投稿日:

macOS High Sierra(筆者の環境は10.13.3、MacBook Pro 2017)において、スリープから復帰時(特に、夜間にバッテリーの充電を行い翌朝使用する場合)に、画面がフリーズしてログイン画面が表示された状態のまま操作できない(反応はするが何もできない)状態に陥ることが多くなりました。おそらく、macOS High Sierraのバグと考えられますが、同じような事象に悩まされている方で、本事象が解決するまでの暫定的な対処策をご紹介します。

macOS High Sierraでスリープから復帰時にフリーズする事象を回避

通常の短時間のスリープからの復帰時には問題ありませんが、一定時間が経過しスタンバイモードからの復帰時に事象が再現します。必ずしも再現するわけではありませんが、度々再現するため事象を回避することにしました。

恐らく原因はスリープ(セーフスリープ)からの復帰

Macのラップトップ製品(MacBook、MacBook Air、MacBook Pro)では、デフォルトで「セーフスリープ」が有効になっています。これは、スリープ時に、セッションの状態をSSDに退避しておくことで、通常のスリープから復帰時にはRAMからの読み込み、バッテリー電源が切れてしまった場合からの復帰時には、SSDから退避したファイルの内容を読み込んで復帰してくれるという、スリープの「いいとこ取り」のような機能です。この「セーフスリープ」は、非常に便利な機能で、できれば無効化したくないのですが、どうもこの「セーフスリープ」からの復帰時に正常に復帰できていないようです。現在のスリープモードの設定は以下のコマンドで確認できます。

pmset -g

以下のような内容が表示されます。

System-wide power settings:
Currently in use:
 standbydelay         10800
 standby              1
 halfdim              1
 hibernatefile        /var/vm/sleepimage
 powernap             0
 gpuswitch            2
 disksleep            10
 sleep                1 (sleep prevented by sharingd, coreaudiod)
 autopoweroffdelay    28800
 hibernatemode        3
 autopoweroff         1
 ttyskeepawake        1
 displaysleep         2
 tcpkeepalive         1
 acwake               0
 lidwake              1

デフォルトでは、hibernatemodeが3(セーフスリープ)になっています。hibernatemodeには3種類あり
、ラップトップ製品のデフォルトである3(セーフスリープ)の他に、0(スリープ)、25(ディープスリープ)があります。ラップトップ製品ではデフォルト値が3、デスクトップ製品ではデフォルト値が1(通常、電源が切れる心配がないため)になっています。

通常のスリープモードでは、SSDにセッションの状態が退避されないため、バッテリー電源が切れてしまうと作業内容が完全に失われてしまいます。また、ディープスリープモードでは、作業内容を常にhibernatefileに退避し、スリープからの復帰時には必ずファイルから内容を読み込むため、スリープからの復帰が遅くなり日常的に使用するには向いていません(RAMの内容を完全にファイルに書き込んでから退避するためRAMを解放するという意味では向いているのかもしれませんが…)。

外出が多く、バッテリー切れが心配な方には、あまりオススメできる方法ではありませんが、このスリープから復帰時にフリーズする事象は、セーフモードを無効化することで一時的に回避できそうです。(将来的には修正されることを願って)

セーフスリープからスリープへの変更(要再起動)

セーフスリープから通常のスリープへ変更するためには、ターミナルから以下のコマンドを実行します。

sudo pmset -a hibernatemode 0

実行後は、前述のコマンドを実行してhibernatemodeが変更されていることを確認してください。

System-wide power settings:
Currently in use:
 standbydelay         10800
 standby              1
 halfdim              1
 hibernatefile        /var/vm/sleepimage
 powernap             0
 gpuswitch            2
 disksleep            10
 sleep                1 (sleep prevented by sharingd, coreaudiod)
 autopoweroffdelay    28800
 hibernatemode        0
 autopoweroff         1
 ttyskeepawake        1
 displaysleep         2
 tcpkeepalive         1
 acwake               0
 lidwake              1

数値が変更されていることが確認できたら、OSを再起動して設定完了です。同じような事象に悩まされている場合には、お試しください。(バッテリー電源切れにはくれぐれもご注意ください)

-Mac
-

執筆者: