macOSのネイティブなHypervisor.frameworkを使用したオープンソースソフトウェア「Veertu Desktop」

macOS上でWindowsなどを仮想マシンとして動作させるためのソフトウェア(エミュレータ、ハイパーバイザー)は、VMware Fusion、Parallels Desktop、VirtualBoxが有名ですが、新たなソフトウェアが加わりました。その名も「Veertu Desktop」。macOSにひっそりと追加されている、ネイティブなフレームワークである「Hypervisor.framework」を採用したオープンソースソフトウェアとして話題を集めています。

Veertu Desktopの使用方法とメリット/デメリット

Veertu Desktopのダウンロード

先ずは、Veertu Desktopをダウンロードします。以下のURLからダウンロードしてください。

Anka – iOS Development Meets Container Devops – Veertu – macOS private cloud

A complete suite of tools to build, manage and operate macOS private cloud for development.

Veertu Desktopによる仮想マシンの構築

「Veertu Desktop.app」を起動します。今回は、Windows 10のISOファイルを使用するため、「Install from ISO or DVD」を選択します。なお、Windows 10のISOファイルは、Microsoftの公式サイトからダウンロード可能です(ライセンスは別途購入する必要がありますので注意してください)。

Windows 10 のディスク イメージ (ISO ファイル) のダウンロード

このページからは、Windows 10 のインストールや再インストールに使用できるディスク イメージ (ISO ファイル) をダウンロードできます。このディスク イメージを基に、USB フラッシュ ドライブまたは DVD を使ってインストール メディアを作成することもできます。

選択したら、「Next」をクリックします。

続いて、「VM Name」(仮想マシンの名称。任意の文字列。「Windows 10」など)、「.ISO image file or optical drive」でダウンロードしたISOファイルを選択します。選択したら、「Next」をクリックします。

「Select Guest Operating System and Family」からOSの種類を選択します。選択可能なOSは以下のとおり。

  • Windows
    • Windows 10
    • Windows 8
    • Windows Server 2012
    • Windows 7
    • Windows Server 2008
    • Windows Vista
    • Windows XP
  • Linux
    • Ubuntu (32bit/64bit)
    • Debian (32bit/64bit)
    • CentOS (32bit/64bit)
    • Mint (32bit/64bit)
    • SUSE (32bit/64bit)
    • Other (32bit/64bit)

Linuxのディストリビューションが数多くサポートされていることから、FreeBSD系の意思を受け継ぐmacOSも、もしかすると動作するかもしれませんね。また、Windowsについては、レガシーなOSについてもサポートされているようです。

今回は、Windows 10の導入が目的であるため、「Windows」「Windows 10」を選択します。選択したら、「Next」をクリックします。

仮想CPU数、仮想メモリ、ディスクサイズをカスタマイズすることもできます。今回は、デフォルト値をそのまま採用しました。「Launch VM」をクリックします。

初回の仮想マシン作成時のみ、管理者権限による実行許可を求められます。管理者のユーザ名とパスワードを入力してください。

MacBook Pro (Late 2013)モデルですが、ものの15分程度でWindows 10の仮想マシン環境の構築が完了しました。特に日本語環境でも不具合なく動作しますね。

Guest Add-onのインストール

VMware ToolsやParallels Toolsと同様の位置付けですね。シームレスなマウスカーソルの移動(デフォルトでは、(control)+(option)を押して、マウスカーソルを解放する必要があります)や、最適なドライバーのインストールなどに使用します。「Command」→「Install Guest Add-ons」を選択してください。自動的にCD-ROMドライブにマウントされます。

インストールは、「Setup.exe」をダブルクリックして、インストールウィザードに従って進めていくだけです。インストールが完了したら、再起動します。

メリット

Veertu Desktopを使用する上でのメリットは以下の通りです。macOSネイティブのフレームワークを使用している点が、他のエミュレータを寄せ付けない最大のメリットでしょうか。

  • macOSネイティブのHypervisor.frameworkを使用している
  • macOSが自動的にリソースの割り当てや、エネルギー管理を最適化してくれる
  • VMware Fusion、Parallels Desktop、VirtualBoxなどカーネル拡張(kext)を採用している他製品と比較し、同拡張を導入することがないため、脆弱性に強い(macOSの脆弱性にのみ依存する)
  • 仮想マシンはユーザ空間で動作するため、特権による乗っ取りなどがない
  • オープンソースソフトウェアである
  • Windows、Linuxの様々なディストリビューションがサポートされている

デメリット

では、逆に「Veertu Desktop」のデメリットはどのようなものでしょうか。

  • macOSに最適化したキーマッピング(例えば、Windowsでも(command)+Cでコピーする)ができない
  • クリップボードの共有ができない
  • 他社製品と比較して実績が少ない
  • サポート情報が少ない(または英語)

まとめ

とはいえ、個人で使用する分には最適なハイパーバイザーであるような気もします。VirtualBoxがなんとなくイヤという理由で、WindowsをBoot Campを利用して動作させている、という人にとっては朗報かもしれません。今のところ、目立つ不具合もなく、順調に動作しています。今後の機能拡張に期待されます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で