macOS Mojaveのパブリックベータ版をインストールする方法

macOS High Sierraを使いながらmacOS Mojave(モハべ)のDeveloper Beta(開発者向けβ版)をインストールするに続き、パブリックベータ版をインストールする方法を解説します。

なお、macOS High Sierraの環境を壊さないように別パーティション(もしくは、APFSの別ボリューム)にインストールする方法は、冒頭の記事の中でご紹介していますので、あらかじめ新規パーティション、もしくはボリュームを作成しておいてください。

macOS Mojaveのパブリックベータ版をインストールする

パブリックベータ版をインストールするためには、デベロッパーベータ版と同様に、専用のユーティリティをインストールした上で、Mac App Storeからダウンロードする必要があります。

macOS Mojaveのインストーラのダウンロード方法

Apple Beta Software Programにアクセスして、お手持ちのApple IDでサインインしましょう。

続いて、メニューの「デバイスを登録」をクリックします。

もし、既存のボリュームにインストールする場合には、事前に必ずTime Machineでバックアップを取得しておきましょう。お勧めのインストールする方法は、冒頭でご紹介しているように別パーティションにインストールすることです。「macOS Public Betaアクセスユーティリティをダウンロード」をクリックします。ダウンロードした、ディスクイメージファイルを展開し、インストールウィザードの内容に従ってインストールします。

自動的にMac App Storeが起動し、macOS Mojaveのダウンロードリンクが表示されるためダウンロードします。

ダウンロード後に、自動的にインストーラが起動します。ウィザードの内容に従ってインストールを進めます。

インストールウィザードの途中で、インストールするボリュームを選択する画面が表示されるため、「すべてのディスクを表示」をクリックします。

あらかじめ作成したボリューム(図では「macOS Mojave」)を選択して、「Install」をクリックします。インストールウィザード終了後、自動的に再起動し、macOS Mojaveのインストールが始まります。なお、日常的に使用するボリュームと、ベータ版をインストールしたボリュームでのApple IDは別のものを使用すると良いでしょう。(iCloudの混同を避けるため)

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で