iPhoneでGmailをプッシュ通知!すべてのメールアドレスをGmailに転送し、Gmailからすべて送受信する方法

iPhone Google Tips

この記事は公開されてから1年以上が経過しています。情報が古い可能性がありますのでご注意ください。

iPhone で Gmail をフェッチではなくプッシュで受信したい!そんな要望はよく耳にします。以前の iPhone、いや、以前の Google であればその夢は簡単に叶えることができました。しかし、Google の方針変更により、iPhone の標準メールでは Gmail をプッシュで受信できなくなりました。そのため、止むを得ずフェッチで受信している方も多いのではないでしょうか?

では、iPhone で Gmail をプッシュで受信する方法はないのか?答は、あります。Google 謹製のサードパーティアプリケーションを使用することです。

とくに、上記の Inbox は標準のメーラーよりも多機能であり、Gmail のラベル機能の管理もできるため、非常に使いやすいのです。しかも、待望の Gmail をプッシュで受信できます!これで解決ですね…?

…iCloud.com?Outlook.com?Yahoo?キャリアメール?…これまでどおり標準のメーラーを使用する必要があるのでしょうか。いえ、そんなことはありません!ただし、今回ご紹介する方法は、Google と心中する必要があります。Gmail サービスが使用できなくなった場合に、すべての前提条件が破綻します。しかし、その覚悟があるのならば、十分に魅力的な方法です!

すべてのメールを Gmail に集約せよ、これをテーマに今回はご紹介します。

すべてのメールアカウントの送受信を Gmail から行う

メールの自動転送設定

すべてのメールを Gmail に集約するだけであれば、非常に単純です。ただし、利用しているメールサービスに「自動転送」機能が提供されていることが前提です。受信したメールを自動的に Gmail に転送するように設定することで、すべて Gmail の受信ボックスで管理できます。

iCloud

iCloudにログインして、「メール」を選択します。画面左下の歯車アイコンをクリックします。「一般」タブを開きます。「メールの転送先」に Gmail のアドレスを追加してください。iCloud の場合、自動転送した場合、iCloud 側にもメールを残存させることもできます。Gmail が突如し死亡した場合に備えて、容量の許す限り残しておくと良いでしょう。「転送後にメッセージを削除」のチェックがオフになっていることを確認してください。

キャリアメール

ここでは私が利用しているキャリアである au の場合の方法をご紹介します。下記の URL を参照して、自動転送設定を行ってください。au の場合は、自動転送設定後もメールはサーバに保存されたままになります。

http://csqa.kddi.com/posts/view/qid/k1391721526

Outlook

メール - Outlookのオプションから、自動転送設定を行ってください。「転送されたメッセージのコピーを保持する」にチェックしておけば、自動転送後もメールはサーバに保存されたままになります。Gmail と心中しても安心です。

Yahoo!

Yahoo!メールヘルプ  -  ほかのメールアドレスへメールを転送するから、自動転送設定を行ってください。Yahoo の場合、自動転送設定を行った場合、メールはサーバから削除されてしまいます。Gmail と心中する場合は注意が必要です。

その他

各メールサービスに応じて、自動転送設定を行ってください。有料サービスであれば、たいていの場合は自動転送を提供しているはずです。

Gmail から Gmail 以外のメールアカウントでメールを送信する

さて、自動転送することで Gmail にすべてのメールを集約することができました。しかし、これではまだ受信できるだけで「送信する」ことができません。メールの機能としては片手落ちです。しかし、Gmail の優秀な機能として、Gmail 以外のメールアカウントでメールを送信する方法が用意されています。

Gmailをクリックして、Gmail の管理画面にログインします。PC のブラウザからアクセスしてください。

Gmail の管理画面の右上の歯車アイコンをクリックして、「設定」を開きます。

「アカウントとインポート」タブをクリックします。

「名前」の「メールアドレスを追加」をクリックします。説明欄にある通り、「Gmail を使用して他のメールアドレスからメールを送信する」ことができるようになります。

「名前」にメーラーに表示される名前(本名、ニックネームなど)、「メールアドレス」に送信元に設定したいメールアドレスを入力します。「エイリアスとして扱います」はチェックしたままにしておきます(要は、異なるメールアドレスとして扱います、ということです)。「次のステップ」をクリックします。

設定したメールアドレスで送信する場合に使用する SMTP サーバー、ポート番号、ユーザー名、パスワードを入力します。また、TLS、SSL のいずれかを選択します。通常は、より安全なセキュリティプロトコルである TLS を選択します。主要メールサービスのパスワード以外の情報は下記の通りです。

名称 SMTP サーバー ポート ユーザー名 TLS/SSL
iCloud.com smtp.mail.me.com 587 〜@icloud.com TLS
EZweb smtp.ezweb.ne.jp 587 後述 TLS
Outlook.com smtp-mail.outlook.com 587 〜@outlook.com TLS
Yahoo! smtp.mail.yahoo.co.jp 465 〜@yahoo.co.jp SSL

EZweb のユーザー名、パスワードの確認の仕方については下記を参照してください(iPhone 限定)。

SMTP サーバーに対して、ユーザー名、パスワードの認証が完了すると、設定したメールアドレスに対して「確認コード」が送られます。メールの中に記載された「確認コード」を入力して「確認」をクリックします。

注意したいのがキャリアメールです。「Delivery Status Notification (Failure)」というメールが、Google のメーラーデーモンから送信された場合、Google からキャリアメール宛のメール送信に失敗しています。この場合、いったんキャリアメールの迷惑メール設定をすべて解除してください。「確認コード」が完了できた時点で、再度迷惑メール設定を有効化してください。迷惑メール設定については、各キャリアのヘルプやサポートを参照してください。

また、パスワードについてですが、iCloud.com、Outlook.com などで2段階認証を使用している場合は、個別にアプリケーションパスワードを生成し、そちらのパスワードを入力してください。

無事、設定が完了した場合、上記のようにメールアドレスが追加されます。もし、確認コードの受信に失敗した場合は、当画面に「確認」と表示されますので、こちらをクリックして再送信してください。

また、「デフォルトの返信モードを選択」から「メールを受信したアドレスから返信する」をチェックしておくと便利です。デフォルトの場合、メールを返信する場合の送信元がすべて Gmail になります。

Inbox ですべてのメールを送受信する

以上で、準備は整いました。冒頭にご紹介した Inbox を使用すれば、すべて Gmail の受信ボックスでメールを管理できます。もちろん、ラベル機能も有効です。また、すべてのメールが Gmail によりプッシュ通知されます。素晴らしい!(もちろん、自動転送に遅延が発生した場合は、その分メールも遅れて到着しますが、たいていの場合は即時受信します)

Inbox でこれまでの設定を反映させるためには、Inbox から Google アカウントの再サインインを行う必要があります。

メールアドレスの横の「▼」をタップします。

「アカウントを管理」をタップします。

トグルスイッチをオフにして、「×」をタップします。

再度、ログインします。

メール送信時に、送信元を選択できるようになっています。

Mac でメールを送信したい場合

iPhone ですべてのメールを Gmail に集約できることがわかりました。では、Mac の場合はどうすればよいでしょうか。答は、Gmailから行うことです。…では、あまりに不便なので、メールのエイリアス機能を使用します。

メールの環境設定を開きます。「アカウント」から「Google」を選択します。「エイリアス」をクリックして、「エイリアス」を編集します。

ここに送信元としたい「フルネーム」(メーラーに表示される名前)、「メールアドレス」を設定しておきます。ただし、これらのメールはあくまでエイリアスです。送信元を偽装するだけです。すべてのメールは Gmail の SMTP サーバーを経由して送信されます。送信先のメーラーソフトではただしく送信元が表示されない場合があります。

注意事項

iPhone の標準メーラーで Gmail に転送されてくるすべてのメールを受信することはできますが、送信元を変更することはできません。そのため、送信元を変更したい場合は、Inbox を使用する必要があります。でも、もう標準メーラー必要ありませんよね?

私の場合、「メール/連絡先/カレンダー」から「iCloud」以外、バッサリいってしまいました。「iCloud」についても、「メール」はオフにします。その他の同期のみに使用するようにしています。

まとめ

すべてのメールを Gmail に集約した上、標準のメーラーよりも便利な Inbox を使用できる上に、Gmail をプッシュで受信できると良いことづくめです。しかし、逆に言えば、Gmail のサービスが停止(障害等)すると、一切メールが使用できなくなります。緊急手段は残しておきましょうね。

Twitter Facebook B! はてブ

関連記事

comments powered by Disqus