選択したテキストやURLをさまざまなものに保存、加工できるPopclipの便利な厳選拡張機能

Mac Apps

この記事は公開されてから1年以上が経過しています。情報が古い可能性がありますのでご注意ください。

PopClip は macOS で使用できる拡張機能です。マウスやトラックパッドで選択したテキストを、PopClip の拡張機能を使用して加工することのできる、iOS のような拡張メニューを提供するアプリです。トラックパッドを多用しているならば、ぜひ活用したいアプリです。

また、PopClip は公式ページから拡張機能をダウンロードできます。拡張機能を自作することもできますが、まずは公式ページからダウンロードして、拡張機能がどういうものか試してみると良いでしょう。ダウンロードした拡張機能は、ZIP で圧縮されています。解凍するとフォルダーができ上がるのでその中身に拡張機能の定義ファイルが用意されています。仕組みを知りたい場合は、解凍したフォルダーの中身を見てみましょう。

PopClip で使用できる厳選拡張機能

数多くの拡張機能が公開されていますが、その中でもとくに使用頻度の高い、または便利な機能を厳選してご紹介します。

Full/Half Width

日本語に対応した珍しい拡張機能です。macOS では滅多に利用することのない半角カナですが、この拡張機能を使用することで選択した全角カナ、半角カナを相互に変換できます。使用頻度は少ないですが入れておくと何かと便利です。

Copy as Markdown

Web ページなどで選択したテキストの書式をそのまま活かした状態で、Markdown 形式でコピーしてくれる便利な拡張機能です。Markdown 形式のノートアプリ(後述の Bear など)を多用している場合にはぜひ導入しておきましょう。

Translate Tab

個人的に重宝しているのがこの拡張機能です。この拡張機能は Mca App Store で配布されている「Translate Tab」専用の拡張機能です。メニューバーに常駐する Google 翻訳です。選択したテキストをそのままコピーすることなくメニューバーの「Translate Tab」に送信しすぐに翻訳することができるため、ちょっとした調べ物をする際に重宝します。

Google Translate

「Translate Tab」を持っていない場合は、こちらの拡張機能を使用しましょう。テキストを選択した状態で使用すると、Google 翻訳のページが開いて、そのまま翻訳してくれます。ブラウザを開かなければならないという手間がありますが、すべて拡張機能が自動でしてくれるのでそれほど苦ではありません。

Bear

最近、登場した美しいノートアプリです。Markdown 形式で記述できます。選択したテキストをそのまま「Bear」のノートとして保存できます。また、「Bear」で編集中に前述の「Copy as Markdown」と併用すると、そのまま Markdown 形式で貼り付けてくれるため便利です。「Bear」は無償プランではデバイス間の同期はできませんが、macOS だけで使用する場合には非常に便利です。

Wunderlist

選択したテキストを「Wunderlist」の Todo として保存できる拡張機能です。「Wunderlist」は弊サイトでもご紹介したことのあるタスク管理アプリです。今でもよく読まれる人気記事の 1 つです。

Todoist

選択したテキストを「Todoist」の Todo として保存できる拡張機能です。「Wunderlist」と「Todoist」の選択は好みがあるため、好きな方の拡張機能を導入しておくと良いでしょう。

Messages

選択したテキストを、macOS の標準機能を使用してメッセージとして送信できる拡張機能です。ちょっとした探し物を、誰かに共有したい場合に便利な拡張機能です。たとえば、Safari であれば macOS 標準の機能を使用すれば簡単にメッセージで共有できますが、他のブラウザを使用している場合に、この機能を使用すればメッセージで簡単に URL を共有できます。

Google

選択したテキストを Google で検索できる定番の拡張機能。PopClip には標準で検索機能が搭載されているため実はあまり出番がありません。Google を指定したい場合に使用したい拡張機能です。

Google Images

選択したテキストを Google 画像検索で検索できる拡張機能です。

Google Maps

たとえば、居酒屋を探していて、Web ページに住所のみが記載されていて、具体的な場所を地図で探したい場合は、住所を選択してこの拡張機能で検索すれば Google マップですぐに開いてくれます。

今や情報収集ツールとして欠かせない Twitter ですが、選択したテキストをそのまま Twitter で検索できる拡張機能です。Twitter で検索すると意外に情報が豊富に見つかる場合がありますので困ったら試してみましょう。

Amazon

選択したテキストをすぐに世界各国の Amazon で検索することができる、Amazon プライム会員なら入れておきたい便利な拡張機能です。もちろん、日本の Amazon にも対応しています。

Tweet

macOS 標準の機能を使用して、選択したテキストを Twitter で呟くことのできる拡張機能です。

Instapaper

選択した URL を Instapaper に保存できるアプリです。ブラウザに拡張機能を入れる必要はもはやありません。ブラウザの拡張機能を減らしてメモリを節約し、軽量な PopClip を活用しましょう。「Pocket」版もあります。

Terminal

macOS 等の情報が公開されている Web ページで下記のような記述を見かけたことはありませんか。

defaults write com.apple.finder QLEnableTextSelection -bool true

たとえば上記のコマンドは、macOS の標準機能である Quick Look でプレビュー時にテキストを選択できるようにするコマンドです。テキストで選択できるよにしておくと、つまり PopClip が使用できるようになるので非常に便利です。このコマンドはターミナルで入力する必要があるのですが、この拡張機能を使用すれば、選択したコマンドをそのままターミナルに貼り付けてくれるため便利です。

URL Encode

通常使うことはあまりありませんが、マルチバイト文字列の URL(日本語等)をブログやメール等で紹介した場合に、そのまま貼り付けてしまうと正しく URL として認識されないことがあります。そのような場合には、この拡張機能を使用してあらかじめ文字列をエンコードしておくと、そのまま URL として認識されるようになるため便利です。

HTML Encode

ブロガーなら導入しておきたい、HTML エンティティをエンコードしてくれる拡張機能です。たとえば、HTML のタグをブログで紹介した場合に、そのままタグとして貼り付けてしまった場合は、HTML として認識されてしまうためあらかじめエンコードしておく必要がありますが、この拡張機能を使用すれば、選択した HTML をエンコードしてくれます。

まとめ

PopClip は拡張機能を導入することで、その威力を思う存分発揮してくれるアプリです。慣れてきたら自分で拡張機能をぜひ自作してみましょう。想像以上になんでもできるようになりますよ。カスタマイズしてみたい、という場合には下記の記事を参考にしてみてください。

Twitter Facebook B! はてブ
comments powered by Disqus