超簡単!MacでNexusにAndroid Mをインストールする方法

Android の新しいバージョン、「Android M」が発表されました。「Android Developer Preview」がいち早く公開されましたので、手元の Nexus 5 にインストールしてみました。早く最新のバージョンで楽しみたい方は、ぜひ参考にしてみてください。

USB デバッグモードの有効化

ファームウェアの書き換えを行うためには、USB デバッグモードをはじめに有効にする必要があります。設定を開き、「端末情報」をタップします。

「ビルド番号」を 7 回タップします。

システムに「開発者向けオプション」が表示されます。

「開発者向けオプション」を開き、「USB デバッグ」をオンにしてください。この状態で、Mac、または PC と接続します。

Android M のダウンロード

以下のリンクをクリックします。

https://developer.android.com/about/versions/marshmallow/index.html

対応機種は、以下のとおりです。

  • Nexus 5
  • Nexus 6
  • Nexus 9
  • Nexus Player

自分のデバイスのファームウェアをダウンロードしておきます。ダウンロードしたファイルは解凍しておきましょう。

Android M への更新

準備が整いましたので、いよいよ Android M への更新を行います。

$ brew install android-platform-tools

更新を行うためには、Android SDK が必要になります。Mac の場合、Homebrew から簡単にインストールできます。Homebrew については、Mac でプレゼン資料に数式を貼り付けるのに便利な「LaTeXiT」を参照してください。Windows の場合は、下記のリンクに従いセットアップを行ってください。

https://developer.android.com/sdk/installing/index.html

ファームウェアの書き換え

事前に USB デバッグモードにした状態の Nexus を Mac、または PC に接続しておきます。

$ adb reboot bootloader

この状態で、ターミナル、またはコマンドプロンプトから上記のコマンドを実行します。

次のステップを進むと、端末のデータがすべて初期化されますので、事前に必ずバックアップを取得しておきましょう。

$ fastboot oem unlock

ターミナル、またはコマンドプロンプトから上記のコマンドを実行します。音量大ボタン、音量小ボタンを使用して、「Yes」を選択し、電源ボタンを押します。

$ cd hammerhead-MPZ44Q
$ ./flash-all.sh

最後に、事前にダウンロード、解凍したファームウェアのディレクトリに移動し、Mac の場合は「flash-all.sh」、Windows の場合は「flash-all.bat」を実行します。以上で Android M のインストールは完了です。

まとめ

「Android M」への更新完了後は、ブートローダーから以下のコマンドを実行しておきましょう。

$ adb reboot bootloader
$ fastboot oem lock
comments powered by Disqus