macOSでスクリーンショットを撮影した際に、右下に表示されるサムネールを非表示にする

スクリーンショットを撮影した際に右下に表示される、サムネールを非表示にする方法をご紹介します。スクリーンショットを保存する前に、注釈やテキストを付け加えてマークアップしたり、誰かに共有するには便利な機能ですが、即座に保存したい場合には少し邪魔な機能です。

「スクリーンショット.app」のオプションで変更可能

「アプリケーション」→「ユーティリティ」の中にある「スクリーンショット.app」を開きます。

「オプション」→「フローティングサムネールを表示」のチェックを外します。次回以降、スクリーンショット撮影時にサムネールが表示されなくなり、既定のフォルダにすぐに保存されるようになります。

Quick Lookで代替可能

フローティングサムネールが表示されないことによる弊害はほとんどありませんが、どうしてもスクリーンショットを即座に編集したい場合には、Quick Lookが便利です。Finderでファイルを選択し、スペースキーを押します。画像ファイルのプレビューが表示されるので、共有メニューやマークアップアイコンをクリックすることで、フローティングサムネールと同様の機能を実現できます。


comments powered by Disqus